TiDB 3.0.0 Beta.1 リリースノート

リリース日:2019年3月26日

TiDB バージョン: 3.0.0-beta.1

TiDB アンシブル バージョン: 3.0.0-beta.1

概要

2019 年 3 月 26 日に、TiDB 3.0.0 Beta.1 がリリースされました。対応する TiDB Ansible のバージョンは 3.0.0 Beta.1 です。 TiDB 3.0.0 Beta と比較して、このリリースでは、安定性、使いやすさ、機能、SQL オプティマイザー、統計、および実行エンジンが大幅に改善されています。

TiDB

  • SQL オプティマイザー

    • Sort Merge Join #9032を使用したデカルト積の計算をサポート
    • Skyline Pruning をサポートし、実行計画が統計に過度に依存するのを防ぐいくつかのルールを使用します#9337
    • 列とハンドル列#9315の間の順序相関を示す統計の種類を追加します。
  • SQL 実行エンジン

    • クエリ コンテキストに基づいてChunkサイズを最適化し、SQL ステートメントの実行時間とクラスターのリソース消費を削減します#6489
  • 権限管理

    • サポートSET ROLEおよびCURRENT_ROLE #9581
    • サポートDROP ROLE #9616
    • サポートCREATE ROLE #9461
  • サーバ

    • 現在の TiDB インスタンスの情報を取得するための/debug/zip HTTP インターフェイスを追加します#9651
    • PumpまたはDrainerのステータスをチェックするためのshow pump statusおよびshow drainer status SQL ステートメントのサポート#9456
    • SQL ステートメントを使用したPumpまたはDrainerのステータスの変更のサポート#9789
    • 遅い SQL ステートメントを簡単に追跡できるように、SQL テキストへの HASH フィンガープリントの追加をサポート#9662
    • log_binのシステム変数 (デフォルトでは「0」) を追加して、binlog の有効化状態を制御します。現在の状態の確認のみをサポート#9343
    • 構成ファイル#9864を使用した送信 binlog 戦略の管理のサポート
    • INFORMATION_SCHEMA.SLOW_QUERYメモリ テーブルを使用したスロー ログのクエリのサポート#9290
    • TiDB に表示される MySQL のバージョンを 5.7.10 から 5.7.25 に変更する#9553
    • ツールによる簡単な収集と分析のためにログ形式を統合する
    • 実際のデータ量と統計に基づく推定データ量の差を記録する監視項目をhigh_error_rate_feedback_total追加#9209
    • データベース ディメンションに QPS 監視項目を追加します。これは、構成項目#9151を使用して有効にすることができます。
  • DDL

    • ddl_error_count_limitのグローバル変数 (デフォルトでは「512」) を追加して、DDL タスクの再試行回数を制限します (この回数が制限を超えると、DDL タスクはキャンセルされます) #9295
    • ALTER ALGORITHM INPLACE / INSTANT #8811をサポート
    • SHOW CREATE VIEWステートメント#9309をサポート
    • SHOW CREATE USERステートメント#9240をサポート

PD

  • ツールによる簡単な収集と分析のためにログ形式を統合する
  • シミュレーター
    • 店舗ごとに異なるハートビート間隔をサポート#1418
    • データのインポートに関するケースを追加する#1263
  • ホットスポットのスケジューリングを構成可能にする#1412
  • 以前のストア ID #1429を置き換えるディメンション監視項目としてストア アドレスを追加します。
  • GetStoresオーバーヘッドを最適化してリージョン検査サイクルを高速化する#1410
  • Tombstone Store #1472を削除するためのインターフェイスを追加します。

TiKV

  • Coprocessor 計算実行フレームワークを最適化し、TableScan セクションを実装すると、Single TableScan のパフォーマンスが 5% ~ 30% 向上します。
    • BatchRowsBatchColumn#3660の定義を実装する
    • VectorLikeを実装して、同じ方法でエンコードされたデータとデコードされたデータへのアクセスをサポートする#4242
    • インターフェイスにBatchExecutorを定義し、リクエストをBatchExecutor #4243に変換する方法を実装する
    • 式ツリーを RPN 形式に変換する実装#4329
    • BatchTableScanExecutorベクトル化演算子を実装して計算を高速化#4351
  • ツールによる簡単な収集と分析のためにログ形式を統合する
  • ローカル リーダーを使用した Raw Read インターフェイスでの読み取りのサポート#4222
  • 構成情報に関するメトリックを追加する#4206
  • バウンド#4255を超えるキーに関するメトリクスを追加
  • バインドされたエラーを超えるキーに遭遇したときにpanicを制御するか、エラーを返すオプションを追加します#4254
  • INSERT操作のサポートを追加し、キーが存在しない場合にのみ事前書き込みが成功するようにし、 Batch Get #4085を排除します。
  • バッチ システム#4200でより公正なバッチ戦略を使用する
  • tikv-ctl #3825で Raw スキャンをサポート

ツール

  • Binlog
    • Kafka からの binlog の読み取りをサポートする Arbiter ツールを追加し、データを MySQL にレプリケートします。
    • レプリケートする必要のないファイルのフィルタリングをサポート
    • 生成された列の複製をサポート
    • TiKV の定期的なレベル 1 コンパクションの無効化をサポートし、TiKV クラスターのバージョンが 2.1.4 以降の場合、レベル 1 コンパクションはインポート モードで自動的に実行されます#119 , #4199
    • table_concurrencyの構成項目を追加して、インポート エンジンの数を制限し (デフォルトでは「16」)、インポーターのディスク領域を使いすぎないようにします#119
    • 中間状態の SST のディスクへの保存をサポートし、メモリ使用量を削減します#4369
    • TiKV-Importer のインポート パフォーマンスを最適化し、大きなテーブルのデータとインデックスの個別インポートをサポートします#132
    • CSV ファイルのインポートをサポート#111
  • データ複製比較ツール (sync-diff-inspector)
    • 比較するチャンクを分割するための TiDB 統計を使用したサポート#197
    • 複数の列を使用してチャンクを分割して比較するサポート#197
エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.