TiDB 2.1.5 リリースノート

2019 年 2 月 28 日に、TiDB 2.1.5 がリリースされました。対応する TiDB Ansible 2.1.5 もリリースされています。 TiDB 2.1.4 と比較して、このリリースでは安定性、SQL オプティマイザ、統計、および実行エンジンが大幅に改善されています。

TiDB

  • SQL オプティマイザー/エグゼキューター
    • MySQL #9306とのSHOW CREATE TABLEの互換性を向上させるために、列の文字セット情報がテーブルの文字セット情報と同じ場合、 SHOW CREATE TABLEで列の文字セット情報を出力しないようにします。
    • Sort #9319の計算ロジックを単純化するために、 SortからProjectionの演算子からScalarFuncを抽出して計算することにより、場合によってはSort演算子のpanicまたは誤った結果を修正します。
    • Sort演算子#9335 , #9440の定数値を持つ並べ替えフィールドを削除します
    • 符号なし整数列にデータを挿入するときのデータ オーバーフローの問題を修正します#9339
    • 対象のバイナリの長さがmax_allowed_packet #9349を超える場合はcast_as_binaryNULLを設定します。
    • IFIFNULL #9351の一定の折り畳みプロセスを最適化する
    • スカイラインプルーニングを使用して TiDB のインデックス選択を最適化し、単純なクエリの安定性を向上させます#9356
    • DNF#9405の選択性の計算をサポート
    • 場合によっては!=ANY()=ALL()の間違った SQL クエリの結果を修正する#9403
    • Merge Join操作を実行する 2 つのテーブルの結合キーの種類が異なる場合にpanicまたは誤った結果になる問題を修正#9438
    • RAND()関数の結果が MySQL #9446と互換性がない問題を修正
    • Semi Join処理NULLのロジックと空の結果セットをリファクタリングして、正しい結果を取得し、MySQL #9449との互換性を向上させます。
  • サーバ
    • tidb_constraint_check_in_placeシステム変数を追加して、 INSERTステートメント#9401の実行時にデータの一意性制約をチェックします。
    • tidb_force_priorityシステム変数の値が構成ファイルで設定された値と異なる問題を修正#9347
    • 一般ログにcurrent_dbフィールドを追加して、現在使用されているデータベースの名前を出力します#9346
    • テーブル#9408のテーブル情報を取得するHTTP APIを追加
    • LOAD DATA場合によっては誤ったデータをロードする問題を修正します#9414
    • MySQL クライアントと TiDB 間の接続確立に時間がかかる場合がある問題を修正#9451
  • DDL
    • DROP COLUMN操作#9352をキャンセルする際の問題を修正
    • DROP分割またはADD分割テーブル操作をキャンセルする際の問題を修正#9376
    • ADMIN CHECK TABLE場合によってはデータ インデックスの不整合が誤って報告される問題を修正します#9399
    • TIMESTAMPデフォルト値#9108のタイムゾーンの問題を修正

PD

  • GetAllStoresインターフェイスでexclude_tombstone_storesオプションを提供して、返された結果から廃棄ストアを削除します#1444

TiKV

  • Importer がデータのインポートに失敗する場合がある問題を修正#4223
  • 場合によってはKeyNotInRegionエラーを修正します#4125
  • 場合によってはリージョンのマージによって引き起こされるpanicの問題を修正します#4235
  • 詳細StoreNotMatchエラーメッセージ#3885を追加

ツール

    • クラスター#4223に廃棄ストアが存在する場合、エラーを報告したり終了したりしません。
  • Binlog
    • DDL binlog レプリケーション プランを更新して、DDL イベント レプリケーションの正確性を保証します#9304
エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.