TiDB 2.1.15 リリースノート

発売日:2019年7月16日

TiDB バージョン: 2.1.15

TiDB アンシブル バージョン: 2.1.15

TiDB

  • DATE_ADD関数がマイクロ秒#11289を処理する際に正しくない位置合わせが原因で間違った結果を返す問題を修正します。
  • 文字列列の空の値をFLOATまたはINT #11279と比較するとエラーが報告される問題を修正
  • パラメータがNULL #11249の場合、 INSERT関数がNULLの値を正しく返さないという問題を修正します。
  • 非文字列型で0長さ#11215のカラムをインデックスするとエラーになる問題を修正
  • SHOW TABLE REGIONSのステートメントを追加して、SQL ステートメントを介してテーブルのリージョン分布を照会します#11238
  • SELECTのサブクエリ#11254でルールを最適化するためにプロジェクションの削除が使用されるため、 UPDATE … SELECTステートメントを使用するとエラーが報告される問題を修正します。
  • ADMIN PLUGINS ENABLE / ADMIN PLUGINS DISABLE SQL ステートメントを追加して、プラグインを動的に有効または無効にします#11189
  • Audit プラグインにセッション接続情報を追加します#11189
  • 列が複数回クエリされ、ポイントクエリ中に返された結果がNULLである場合に発生するpanicの問題を修正します#11227
  • テーブル#11213を作成するときに、 tidb_scatter_regionの構成アイテムをスキャッター テーブル リージョンに追加します。
  • RAND関数を使用する場合の非スレッドセーフrand.Randによって引き起こされるデータ競合の問題を修正します#11170
  • 整数と非整数の比較結果が正しくない場合がある問題を修正#11191
  • データベースまたはテーブルの照合順序の変更をサポートしますが、データベース/テーブルの文字セットは UTF-8 または utf8mb4 である必要があります#11085
  • カラムのデフォルト値としてCURRENT_TIMESTAMPを使用し、float 精度を#11087に指定すると、 SHOW CREATE TABLEステートメントで示される精度が不完全になる問題を修正します。

TiKV

  • ログフォーマットの統一#5083
  • 極端な場合にリージョンのおおよそのサイズまたはキーの精度を向上させ、スケジューリングの精度を向上させます#5085

PD

  • ログフォーマットの統一#1625

ツール

Binlog

  • Pump GC 戦略を最適化し、消費されていない binlog を消去できないという制限を削除して、リソースが長時間占有されないようにします#663

TiDB Lightning

  • SQL ダンプで指定された列名が小文字#210でない場合に発生するインポート エラーを修正します。

TiDB アンシブル

  • TiDB ダッシュボードにparse durationcompile durationの監視項目を追加して、SQL ステートメントの解析とコンパイルの実行にかかる時間を監視します#815
エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.