TiDB 2.1.10 リリースノート

発売日:2019年5月22日

TiDB バージョン: 2.1.10

TiDB アンシブル バージョン: 2.1.10

TiDB

  • tidb_snapshotを使用して履歴データを読み取ると、一部の異常によりテーブル スキーマが正しくなくなる問題を修正します#10359
  • NOT関数で読み取り結果がおかしくなることがある問題を修正#10363
  • ReplaceまたはInsert on duplicate updateステートメントのGenerated Columnの間違った動作を修正します#10385
  • DATE比較DATETIMEBETWEEN機能の不具合を#10407
  • SLOW_QUERYテーブルを使用してスロー ログ#10412をクエリすると、スロー ログの 1 行が長すぎるとエラー レポートが表示される問題を修正します。
  • DATETIMEたすINTERVALの結果が MySQL の結果と一致しない場合がある問題を修正#10416#10418
  • うるう年の 2 月の無効時間のチェックを追加します#10417
  • 内部初期化操作の制限を DDL 所有者でのみ実行して、クラスターの初期化時に大量の競合エラー レポートが発生しないようにする#10426
  • 出力タイムスタンプ列のデフォルト値がdefault current_timestamp on update current_timestamp #10337の場合、 DESCが MySQL と互換性がない問題を修正
  • Update#10439で権限チェック時にエラーが発生する問題を修正
  • RANGEの計算を間違えるとCHAR列目で間違った結果になる場合がある問題を修正#10455
  • SHARD_ROW_ID_BITS #9868減らすとデータが上書きされることがある問題を修正
  • ORDER BY RAND()が乱数を返さない問題を修正#10064
  • 10 進数の精度を変更するALTERステートメントを禁止する#10458
  • TIME_FORMAT関数の MySQL #10474との互換性の問題を修正
  • PERIOD_ADD #10430のパラメーターの妥当性をチェックする
  • TiDB の無効なYEAR文字列の動作が MySQL #10493と互換性がない問題を修正
  • ALTER DATABASE構文#10503をサポート
  • スロー クエリ ステートメント#10536;が存在しない場合、 SLOW_QUERYメモリ エンジンがエラーを報告する問題を修正します。
  • 分割されたテーブルでAdd index操作をキャンセルできない場合がある問題を修正#10533
  • 場合によっては OOMpanicが回復できない問題を修正#10545
  • テーブル メタデータを書き換える DDL 操作のセキュリティを向上させる#10547

PD

  • リーダーの優先度が反映されない問題を修正#1533

TiKV

  • 転送の失敗を避けるために、最近構成が変更されたリージョンでリーダーの転送を拒否する#4684
  • コプロセッサー メトリック#4643の優先順位ラベルを追加します。
  • リーダー#4724の転送中に発生する可能性のあるダーティ リードの問題を修正します。
  • CommitMergeの再起動に失敗する場合がある問題を修正#4615 .
  • 不明なログの修正#4730

ツール

  • TiDB Lightning
    • TiDB Lightningがimporter #176へのデータ送信に失敗した場合のリトライ機能を追加
  • Binlog
    • トラブルシューティングを容易にするためにPumpストレージ ログを最適化する#607

TiDB アンシブル

  • TiDB Lightningの構成ファイルを更新し、 tidb_lightning_ctlスクリプト#d3a4a368を追加します。
エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.