TiDB 2.1 RC3 リリースノート

2018 年 9 月 29 日に、TiDB 2.1 RC3 がリリースされました。 TiDB 2.1 RC2 と比較すると、このリリースでは、安定性、互換性、SQL オプティマイザー、および実行エンジンが大幅に改善されています。

TiDB

  • SQL オプティマイザー
    • ステートメントに埋め込みLEFT OUTER JOIN #7689が含まれている場合の誤った結果の問題を修正します。
    • JOIN文の述語プッシュダウンの最適化ルールを強化#7645
    • UnionScan演算子#7695の述語プッシュダウンの最適化ルールを修正
    • Union演算子の一意のキー プロパティが正しく設定されていない問題を修正します#7680
    • 定数折り畳みの最適化ルールの強化#7696
    • テーブル デュアル#7756への伝播後にフィルターが null であるデータ ソースを最適化する
  • SQL 実行エンジン
    • トランザクション#7717での読み取り要求のパフォーマンスを最適化する
    • 一部のエグゼキュータでChunkメモリを割り当てるコストを最適化します#7540
    • ポイントクエリがすべて NULL 値を取得する列によって引き起こされる「範囲外のインデックス」panicを修正します#7790
  • サーバ
    • 構成ファイルのメモリ クォータが有効にならない問題を修正します#7729
    • tidb_force_priorityシステム変数を追加して、各ステートメントの実行優先度を設定します#7694
    • admin show slowステートメントを使用したスロー クエリ ログの取得のサポート#7785
  • 互換性
    • information_schema.schemata #7751charset/collationの結果が正しくない問題を修正
    • hostnameシステム変数の値が空である問題を修正#7750
    • AES_ENCRYPT / AES_DECRYPT組み込み関数#7425init_vecterの引数をサポート
    • 一部の式でFormatの結果が正しくない問題を修正#7770
    • JSON_LENGTH内蔵機能をサポート#7739
    • 符号なし整数型を 10 進数型にキャストするときの誤った結果の問題を修正します#7792
  • DML
    • ユニークキーの更新中にINSERT … ON DUPLICATE KEY UPDATEステートメントの結果が正しくない問題を修正#7675
  • DDL
    • タイムスタンプ タイプ#7724の新しい列に新しいインデックスを作成すると、タイム ゾーン間でインデックス値が変換されない問題を修正します。
    • 列挙型#7767の新しい値の追加をサポート
    • etcd セッションの迅速な作成をサポートします。これにより、ネットワーク分離後のクラスターの可用性が向上します#7774

PD

  • 新機能
    • リージョンリストをサイズ別に逆順に取得する API を追加します#1254
  • 改善
    • リージョン API #1252でより詳細な情報を返す
  • バグ修正
    • PD がリーダーを切り替えるとadjacent-region-schedulerがクラッシュする可能性がある問題を修正します#1250

TiKV

  • パフォーマンス
    • コプロセッサー要求の並行性を最適化する#3515
  • 新機能
    • ログ関数のサポートを追加します#3603
    • sha1機能#3612のサポートを追加
    • truncate_int機能#3532のサポートを追加
    • year機能#3622のサポートを追加
    • truncate_real機能#3633のサポートを追加
  • バグの修正
    • 時間関数に関連するレポート エラーの動作を修正します#3487#3615
    • 文字列から解析された時刻が TiDB #3589の時刻と一致しない問題を修正
エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.