TiDB 2.0.7 リリースノート

2018 年 9 月 7 日に、TiDB 2.0.7 がリリースされました。 TiDB 2.0.6 と比較すると、このリリースではシステムの互換性と安定性が大幅に向上しています。

TiDB

  • 新機能
    • information_schema #7286PROCESSLISTテーブルを追加
  • 改善
    • SQL ステートメントの実行に関する詳細を収集し、 SLOW QUERYログに情報を出力します#7364
    • パーティション情報をSHOW CREATE TABLE #7388にドロップします
    • ANALYZEステートメントを RC 分離レベルと低優先度#7500に設定することで、ステートメントの実行効率を向上させます。
    • 一意のインデックスの追加を高速化する#7562
    • DDL 同時実行数を制御するオプションを追加します#7563
  • バグの修正
    • 主キーが整数#7298のテーブルでUSE INDEX(PRIMARY)を使用できない問題を修正
    • 内側の行がNULL #7301の場合、 Merge JoinIndex Joinが誤った結果を出力する問題を修正
    • チャンクサイズの設定が小さすぎる場合に誤った結果をJoinする問題を修正#7315
    • range column #7379を含むテーブルを作成するステートメントによって引き起こされるpanicの問題を修正します。
    • admin check tableが時刻型の列のエラーを誤って報告する問題を修正#7457
    • デフォルト値current_timestampのデータが=条件#7467を使用してクエリできない問題を修正します
    • ComStmtSendLongDataコマンドを使用して挿入された長さ 0 のパラメーターが誤って NULL に解析される問題を修正します#7508
    • 特定のシナリオでauto analyzeが繰り返し実行される問題を修正#7556
    • 改行文字で終わる単一行のコメントをパーサーが解析できない問題を修正します#7635

TiKV

  • 改善
    • スペース増幅を減らすために、デフォルトで空のクラスターでdynamic-level-bytesつのパラメーターを開きます
  • バグ修正
    • リージョンのマージ後のリージョンの更新approximate sizeapproximate keys count
エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.