TiDB 2.0.4 リリースノート

2018 年 6 月 15 日に、TiDB 2.0.4 がリリースされました。 TiDB 2.0.3 と比較すると、このリリースではシステムの互換性と安定性が大幅に向上しています。

TiDB

  • ALTER TABLE t DROP COLUMN a CASCADE構文をサポート
  • tidb_snapshotの値を TSO に構成するサポート
  • 監視項目の明細書種別の表示を絞り込む
  • クエリのコスト見積もりの精度を最適化する
  • gRPC のbackoff max delayパラメータを設定する
  • 構成ファイル内の単一ステートメントのメモリーしきい値の構成をサポート
  • Optimizer のエラーをリファクタリングする
  • Cast Decimalデータの副作用を修正
  • 特定のシナリオでのMerge Join演算子の間違った結果の問題を修正
  • Null オブジェクトを String に変換する問題を修正
  • JSON 型のデータを JSON 型にキャストする問題を修正します。
  • Union + OrderByの条件で結果の順序が MySQL と一致しない問題を修正
  • UnionステートメントがLimit/OrderBy句をチェックするときのコンプライアンス ルールの問題を修正します。
  • Union All件の結果の互換性の問題を修正
  • 述語プッシュダウンのバグを修正
  • Union文とFor Update句の互換性の問題を修正
  • concat_ws関数が誤って結果を切り捨てる問題を修正

PD

  • 設定されていないスケジューリング引数max-pending-peer-countの動作を、最大数PendingPeerの制限なしに変更して改善します。

TiKV

  • デバッグ用に RocksDB PerfContextインターフェイスを追加する
  • import-modeつのパラメータを削除します
  • tikv-ctlregion-propertiesコマンドを追加します。
  • RocksDB tombstone が多数存在する場合にreverse-seekが遅くなる問題を修正
  • do_subによって引き起こされたクラッシュの問題を修正
  • GC が多くのバージョンのデータに遭遇したときに GC がログを記録するようにする
エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.