TiDB 2.0 RC4 リリースノート

2018 年 3 月 30 日に、TiDB 2.0 RC4 がリリースされました。このリリースでは、MySQL の互換性、SQL の最適化、および安定性が大幅に改善されています。

TiDB

  • サポートSHOW GRANTS FOR CURRENT_USER();
  • UnionScanExpressionが複製されない問題を修正
  • SET TRANSACTION構文をサポート
  • 潜在的なゴルーチン リークの問題をcopIteratorで修正
  • admin check tableがnullを含むユニークインデックスを誤判定する問題を修正
  • 科学表記法を使用した浮動小数点数の表示をサポート
  • バイナリ リテラル コンピューティング中の型推論の問題を修正します。
  • CREATE VIEWステートメントを解析する際の問題を修正します
  • 1 つのステートメントにORDER BYLIMIT 0の両方が含まれている場合のpanicの問題を修正します。
  • DecodeBytesの実行パフォーマンスを向上させる
  • LIMIT 0からTableDualを最適化して、無駄な実行計画を作成しないようにする

PD

  • 単一のリージョンでホット スポットを処理するためにリージョンを手動で分割することをサポートします
  • pdctl config show all実行時にラベルプロパティが表示されない問題を修正
  • 指標とコード構造を最適化する

TiKV

  • 極端な状況での OOM を回避するために、スナップショットの受信中のメモリ使用量を制限します
  • 警告が発生したときのコプロセッサーの動作の構成をサポート
  • TiKV でのデータ パターンのインポートをサポート
  • 中央のリージョンの分割をサポート
  • CI テストの速度を上げる
  • 使用crossbeam channel
  • TiKV の隔離時にリーダーの欠落が原因でログが大量に出力される問題を修正
エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.