TiDB 2.0 RC3 リリースノート

2018 年 3 月 23 日に、TiDB 2.0 RC3 がリリースされました。このリリースでは、MySQL の互換性、SQL の最適化、および安定性が大幅に改善されています。

TiDB

  • 一部のシナリオでのMAX/MINの間違った結果の問題を修正
  • 一部のシナリオで、Join Key の順序でSort Merge Joinの結果が表示されない問題を修正します。
  • 境界条件のuintintの比較エラーを修正
  • MySQL との互換性を向上させるために、浮動小数点型の長さと精度のチェックを最適化します。
  • 時刻タイプの解析エラー ログを改善し、エラー情報を追加します
  • メモリ制御を改善し、 IndexLookupExecutorのメモリに関する統計を追加します
  • ADD INDEXの実行速度を最適化して、一部のシナリオで速度を大幅に向上させます
  • サブステートメントGROUP BYが空の場合に Stream 集計演算子を使用して速度を上げる
  • STRAIGHT_JOINを使用してオプティマイザーでJoin Reorderの最適化を閉じるサポート
  • DDLジョブのより詳細なステータス情報をADMIN SHOW DDL JOBSで出力
  • ADMIN SHOW DDL JOB QUERIESを使用して、現在実行中の DDL ジョブの元のステートメントのクエリをサポート
  • ディザスタ リカバリ用にADMIN RECOVER INDEXを使用したインデックス データのリカバリをサポート
  • オンライン ビジネスへの影響を軽減するために、 ADD INDEX番目の操作の優先度を下げます。
  • SUM/AVGなどの JSON 型パラメーターを使用した集計関数をサポートします。
  • OGG データ レプリケーション ツールをサポートするために、構成ファイル内のlower_case_table_namesのシステム変数の変更をサポートします。
  • Navicat 管理ツールとの互換性を改善する
  • CRUD 操作での暗黙的な RowID の使用をサポート

PD

  • データを削除した後に空のリージョンまたは小さなリージョンをマージするために、リージョンのマージをサポートします
  • レプリカの追加中に保留中のピアが多数あるノードを無視して、レプリカの復元またはノードのオフライン化の速度を向上させます
  • 多数の空のリージョンによって頻繁に発生するスケジューリングの問題を修正
  • 異なるラベル内でリソースのバランスが取れていないシナリオで、リーダー バランスのスケジューリング速度を最適化する
  • 異常な領域に関する統計を追加

TiKV

  • リージョンの統合をサポート
  • バランシングをスピードアップするために、 Raftスナップショット プロセスが完了したらすぐに PD に通知します
  • Raw DeleteRange API を追加する
  • GetMetric API を追加する
  • RocksDB 同期ファイルによる I/O の変動を減らす
  • データ削除後のスペース再利用メカニズムを最適化する
  • データ復旧ツールの改善tikv-ctl
  • スナップショットによるノードのダウンが遅い問題を修正
  • コプロセッサーでのストリーミングをサポート
  • Readpool をサポートし、 raw_get/get/batch_getを 30% 増やします
  • コプロセッサーの要求タイムアウトの構成をサポート
  • コプロセッサーでのストリーミング集約をサポート
  • リージョンのハートビートで時間情報を運ぶ
  • スナップショット ファイルのスペース使用量を制限して、ディスク スペースを過度に消費しないようにする
  • 長期間リーダーを選出できない地域を記録して報告する
  • サーバー起動時のガベージクリーニングを高速化
  • 圧縮イベントに従って、対応するリージョンのサイズ情報を更新します
  • リクエストのタイムアウトを回避するために、サイズをscan lockに制限します
  • DeleteRangeを使用してリージョンの削除を高速化します
  • RocksDB パラメータのオンライン変更をサポート
エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.