TiDB 1.1 ベータ リリース ノート

2018 年 2 月 24 日に、TiDB 1.1 Beta がリリースされました。このリリースでは、MySQL の互換性、SQL の最適化、安定性、およびパフォーマンスが大幅に改善されています。

TiDB

  • 監視メトリクスを追加してログを改善する
  • より多くの MySQL 構文と互換性があります
  • テーブル作成時間の表示をinformation_schemaでサポート
  • MaxOneRow演算子を含むクエリを最適化する
  • Join によって生成される中間結果セットのサイズを構成して、Join によって使用されるメモリをさらに削減します。
  • tidb_configのセッション変数を追加して、現在の TiDB 構成を出力します
  • UnionおよびIndex Joinオペレーターのpanicの問題を修正します。
  • 一部のシナリオでのSort Merge Join演算子の間違った結果の問題を修正
  • Show Indexステートメントで追加中のインデックスが表示される問題を修正
  • Drop Stats文の失敗を修正
  • SQL エンジンのクエリ パフォーマンスを最適化して、Sysbench Select/OLTP のテスト結果を 10% 向上させます。
  • 新しい実行エンジンを使用して、オプティマイザーでのサブクエリの計算速度を向上させます。 TiDB 1.0 と比較して、TiDB 1.1 Beta は TPC-H や TPC-DS などのテストで大幅に改善されています。

PD

  • ドロップリージョンデバッグ インターフェースを追加する
  • PDリーダーの優先度設定をサポート
  • Raftリーダーをスケジュールしないように、特定のラベルを持つストアの構成をサポートします
  • 各 PD のヘルス ステータスを列挙するインターフェイスを追加します。
  • 指標を追加する
  • PD リーダーと etcd リーダーをできるだけ同じノードに配置する
  • TiKV がダウンしたときのデータ復元の優先度と速度を改善する
  • data-dir構成アイテムの妥当性チェックを強化
  • リージョンハートビートのパフォーマンスを最適化する
  • ホット スポット スケジューリングがラベル制約に違反する問題を修正
  • その他の安定性の問題を修正

TiKV

  • 潜在的な GC の問題を回避するために、オフセット + 制限を使用してロックをトラバースする
  • バッチでのロック解決をサポートして、GC 速度を向上させます
  • GC 速度を向上させるために GC 同時実行をサポートする
  • より正確な PD スケジューリングのために、RocksDB コンパクション リスナーを使用してリージョンサイズを更新します。
  • DeleteFilesInRangesを使用して古いデータをバッチで削除し、TiKV の起動を高速化します
  • Raftスナップショットの最大サイズを構成して、保持されたファイルがスペースを取りすぎないようにします。
  • tikv-ctlつでより多くの復旧操作をサポート
  • 順序付けられたフロー集約操作を最適化する
  • 指標を改善し、バグを修正する
エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.