重要

TiDB v6.2 (DMR) のドキュメントを表示しています。PingCap は v6.2 のバグ修正を提供していません。バグは将来のリリースで修正される予定です。

一般的な目的では、TiDBデータベースの最新の安定バージョンを使用してください。
重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB ペシミスティック トランザクション モード

TiDB の使用を従来のデータベースに近づけ、移行のコストを削減するために、v3.0 以降、TiDB は楽観的トランザクション モデルに加えて悲観的トランザクション モードをサポートします。このドキュメントでは、TiDB のペシミスティック トランザクション モードの機能について説明します。

ノート:

v3.0.8 以降、新しく作成された TiDB クラスターはデフォルトでペシミスティック トランザクション モードを使用します。ただし、v3.0.7 以前から v3.0.8 以降にアップグレードする場合、既存のクラスターには影響しません。つまり、新しく作成されたクラスターのみがデフォルトでペシミスティック トランザクション モードを使用します

トランザクション モードの切り替え

tidb_txn_modeシステム変数を設定することで、トランザクション モードを設定できます。次のコマンドは、クラスター内で新しく作成されたセッションによって実行されるすべての明示的なトランザクション (つまり、非自動コミット トランザクション) をペシミスティック トランザクション モードに設定します。

SET GLOBAL tidb_txn_mode = 'pessimistic';

次の SQL ステートメントを実行して、ペシミスティック トランザクション モードを明示的に有効にすることもできます。

BEGIN PESSIMISTIC;
BEGIN /*T! PESSIMISTIC */;

BEGIN PESSIMISTIC;およびBEGIN OPTIMISTIC;ステートメントは、 tidb_txn_modeシステム変数よりも優先されます。これら 2 つのステートメントで開始されたトランザクションは、システム変数を無視し、ペシミスティックおよびオプティミスティック トランザクション モードの両方の使用をサポートします。

行動

TiDB のペシミスティック トランザクションは、MySQL のペシミスティック トランザクションと同様に動作します。 MySQL InnoDB との違いの小さな違いを参照してください。

  • 悲観的なトランザクションの場合、TiDB はスナップショット読み取りと現在の読み取りを導入します。

    • スナップショットの読み取り: トランザクションの開始前にコミットされたバージョンを読み取るロック解除された読み取りです。 SELECTステートメントの読み取りは、スナップショット読み取りです。
    • 現在の読み取り: コミットされた最新のバージョンを読み取るロックされた読み取りです。 UPDATEDELETEINSERT 、またはSELECT FOR UPDATEステートメントの読み取りは、現在の読み取りです。

    次の例は、スナップショットの読み取りと現在の読み取りの詳細な説明を提供します。

    セッション1セッション 2セッション 3
    CREATE TABLE t (INT);
    T 値 (1) に挿入します。
    悲観的になる。
    UPDATE t SET a = a + 1;
    悲観的になる。
    SELECT * FROM t; -- スナップショットの読み取りを使用して、現在のトランザクションが開始される前にコミットされたバージョンを読み取ります。結果は a=1 を返します。
    悲観的になる。
    SELECT * FROM t FOR UPDATE; -- 現在の読み取りを使用します。ロックを待ちます。
    専念; -- ロックを解除します。セッション 3 の SELECT FOR UPDATE 操作はロックを取得し、TiDB は現在の読み取りを使用して最新のコミットされたバージョンを読み取ります。結果は a=2 を返します。
    SELECT * FROM t; -- スナップショットの読み取りを使用して、現在のトランザクションが開始される前にコミットされたバージョンを読み取ります。結果は a=1 を返します。
  • UPDATE 、またはDELETE INSERTのステートメントを実行すると、コミットされた最新のデータが読み取られ、データが変更され、変更された行にペシミスティック ロックが適用されます。

  • SELECT FOR UPDATEステートメントの場合、ペシミスティック ロックは、変更された行ではなく、コミットされたデータの最新バージョンに適用されます。

  • トランザクションがコミットまたはロールバックされると、ロックが解放されます。データを変更しようとする他のトランザクションはブロックされ、ロックが解除されるまで待機する必要があります。 TiDB はマルチバージョン同時実行制御 (MVCC) を使用するため、データを読み取ろうとするトランザクションはブロックされません。

  • 複数のトランザクションが互いのロックを取得しようとすると、デッドロックが発生します。これは自動的に検出され、トランザクションの 1 つがランダムに終了し、MySQL 互換のエラー コード1213が返されます。

  • トランザクションは、新しいロックを取得するために最大innodb_lock_wait_timeout秒 (デフォルト: 50) 待機します。このタイムアウトに達すると、MySQL 互換のエラー コード1205が返されます。複数のトランザクションが同じロックを待機している場合、優先順位はおおよそトランザクションのstart tsに基づいています。

  • TiDB は、同じクラスター内で楽観的トランザクション モードと悲観的トランザクション モードの両方をサポートします。トランザクションの実行にはいずれかのモードを指定できます。

  • TiDB はFOR UPDATE NOWAIT構文をサポートし、ブロックせず、ロックが解放されるのを待ちます。代わりに、MySQL 互換のエラー コード3572が返されます。

  • Point GetBatch Point Get番目の演算子がデータを読み取らない場合でも、指定された主キーまたは一意のキーがロックされます。これにより、他のトランザクションが同じ主キーまたは一意のキーにデータをロックまたは書き込むことができなくなります。

  • TiDB はFOR UPDATE OF TABLES構文をサポートします。複数のテーブルを結合するステートメントの場合、TiDB はOF TABLESのテーブルに関連付けられている行に悲観的ロックのみを適用します。

MySQL InnoDB との違い

  1. TiDB が WHERE 句で範囲を使用する DML またはSELECT FOR UPDATEのステートメントを実行する場合、範囲内の同時 DML ステートメントはブロックされません。

    例えば:

    CREATE TABLE t1 (
     id INT NOT NULL PRIMARY KEY,
     pad1 VARCHAR(100)
    );
    INSERT INTO t1 (id) VALUES (1),(5),(10);
    
    BEGIN /*T! PESSIMISTIC */;
    SELECT * FROM t1 WHERE id BETWEEN 1 AND 10 FOR UPDATE;
    
    BEGIN /*T! PESSIMISTIC */;
    INSERT INTO t1 (id) VALUES (6); -- blocks only in MySQL
    UPDATE t1 SET pad1='new value' WHERE id = 5; -- blocks waiting in both MySQL and TiDB
    

    この動作は、TiDB が現在ギャップ ロックをサポートしていないためです。

  2. TiDB はSELECT LOCK IN SHARE MODEをサポートしていません。

    SELECT LOCK IN SHARE MODEを実行すると、ロックなしと同じ効果があるため、他のトランザクションの読み取りまたは書き込み操作はブロックされません。

  3. DDL により、ペシミスティック トランザクション コミットが失敗する可能性があります。

    MySQL で DDL を実行すると、実行中のトランザクションによってブロックされる場合があります。ただし、このシナリオでは、DDL 操作は TiDB でブロックされないため、悲観的なトランザクション コミットの失敗につながりERROR 1105 (HY000): Information schema is changed. [try again later] 。 TiDB はトランザクションの実行中にTRUNCATE TABLEステートメントを実行するため、 table doesn't existエラーが発生する可能性があります。

  4. START TRANSACTION WITH CONSISTENT SNAPSHOTを実行した後でも、MySQL は後で他のトランザクションで作成されたテーブルを読み取ることができますが、TiDB はできません。

  5. 自動コミット トランザクションは楽観的ロックを優先します。

    悲観的モデルを使用する場合、自動コミット トランザクションはまず、オーバーヘッドの少ない楽観的モデルを使用してステートメントをコミットしようとします。書き込み競合が発生した場合、悲観的モデルがトランザクションの再試行に使用されます。したがって、 tidb_retry_limit0に設定されている場合でも、自動コミット トランザクションは、書き込みの競合が発生したときにWrite Conflictエラーを報告します。

    autocommit SELECT FOR UPDATEステートメントはロックを待ちません。

  6. ステートメントでEMBEDDED SELECTで読み取ったデータはロックされていません。

  7. TiDB で開いているトランザクションは、ガベージ コレクション (GC) をブロックしません。デフォルトでは、悲観的トランザクションの最大実行時間は 1 時間に制限されます。この制限を変更するには、TiDB 構成ファイルでmax-txn-ttlから[performance]を編集します。

分離レベル

TiDB は、ペシミスティック トランザクション モードで次の 2 つの分離レベルをサポートします。

パイプライン化されたロック プロセス

悲観的ロックを追加するには、TiKV にデータを書き込む必要があります。ロックを正常に追加したという応答は、 Raftを介して commit および apply した後にのみ TiDB に返すことができます。したがって、楽観的なトランザクションと比較して、悲観的なトランザクション モードでは必然的にレイテンシーが高くなります。

ロックのオーバーヘッドを削減するために、TiKV はパイプライン化されたロック プロセスを実装します。データがロックの要件を満たすと、TiKV は直ちに TiDB に後続の要求を実行するよう通知し、ペシミスティック ロックに非同期で書き込みます。このプロセスにより、ほとんどのレイテンシーが短縮され、悲観的なトランザクションのパフォーマンスが大幅に向上します。ただし、TiKV でネットワーク パーティションが発生した場合、または TiKV ノードがダウンした場合、ペシミスティック ロックへの非同期書き込みが失敗し、次の側面に影響を与える可能性があります。

  • 同じデータを変更する他のトランザクションはブロックできません。アプリケーション ロジックがロックまたはロック待機メカニズムに依存している場合、アプリケーション ロジックの正確性が影響を受けます。

  • トランザクションのコミットが失敗する可能性は低いですが、トランザクションの正確性には影響しません。

アプリケーション ロジックがロックまたはロック待機メカニズムに依存している場合、または TiKV クラスター異常の場合でもトランザクション コミットの成功率を可能な限り保証したい場合は、パイプライン ロック機能を無効にする必要があります。

Pipelined pessimistic lock

この機能はデフォルトで有効になっています。無効にするには、TiKV 構成を変更します。

[pessimistic-txn]
pipelined = false

TiKV クラスターが v4.0.9 以降の場合、この機能をTiKV 構成をオンラインで変更するで動的に無効にすることもできます。

set config tikv pessimistic-txn.pipelined='false';

アプリケーション ロジックがロックまたはロック待機メカニズムに依存している場合、または TiKV クラスター異常の場合でもトランザクション コミットの成功率を可能な限り保証したい場合は、 PingCAP サポートに連絡してパイプライン ロック機能を無効にすることができます。

インメモリ悲観ロック

v6.0.0 では、TiKV はメモリ内ペシミスティック ロックの機能を導入しています。この機能が有効になっている場合、ペシミスティック ロックは通常、リージョンリーダーのメモリにのみ保存され、ディスクに永続化されたり、 Raftを介して他のレプリカに複製されたりしません。この機能により、悲観的ロックを取得するオーバーヘッドが大幅に削減され、悲観的トランザクションのスループットが向上します。

インメモリ悲観ロックのメモリ使用量がリージョンまたは TiKV ノードのメモリしきい値を超えると、悲観ロックの取得がパイプライン化されたロック プロセスになります。リージョンがマージされるか、リーダーが転送されると、悲観的ロックの損失を回避するために、TiKV はメモリ内の悲観的ロックをディスクに書き込み、それを他のレプリカにレプリケートします。

インメモリ ペシミスティック ロックは、パイプライン化されたロック プロセスと同様に実行され、クラスターが正常な場合はロックの取得に影響しません。ただし、TiKV でネットワーク分離が発生した場合、または TiKV ノードがダウンした場合、取得したペシミスティック ロックが失われる可能性があります。

アプリケーション ロジックがロック取得またはロック待機メカニズムに依存している場合、またはクラスターが異常な状態にある場合でもトランザクション コミットの成功率を可能な限り保証したい場合は、インメモリ ペシミスティック ロックを無効にする必要があります。特徴。

この機能はデフォルトで有効になっています。無効にするには、TiKV 構成を変更します。

[pessimistic-txn]
in-memory = false

この機能を動的に無効にするには、TiKV 構成をオンラインで変更します。

set config tikv pessimistic-txn.in-memory='false';