最大/最小を削除

SQL ステートメントにmax関数が含まれている場合、クエリ オプティマイザーは、 max / min最適化ルールを適用して、 min / min集計関数を TopN 演算子に変換しようとしmax 。このようにして、TiDB はインデックスを介してより効率的にクエリを実行できます。

この最適化ルールは、 selectステートメントのmax / min関数の数に応じて、次の 2 つのタイプに分けられます。

1つのmax / min機能

SQL ステートメントが次の条件を満たす場合、このルールが適用されます。

  • このステートメントには、 maxまたはminである 1 つの集計関数のみが含まれています。
  • 集計関数には、関連するgroup by節がありません。

例えば:

select max(a) from t

最適化ルールは、ステートメントを次のように書き換えます。

select max(a) from (select a from t where a is not null order by a desc limit 1) t

aにインデックスがある場合、または列aが何らかの複合インデックスのプレフィックスである場合、新しい SQL ステートメントはインデックスを使用して、1 行のデータのみをスキャンすることで最大値または最小値を見つけることができます。この最適化により、フル テーブル スキャンが回避されます。

ステートメントの例には、次の実行計画があります。

mysql> explain select max(a) from t;
+------------------------------+---------+-----------+-------------------------+-------------------------------------+
| id                           | estRows | task      | access object           | operator info                       |
+------------------------------+---------+-----------+-------------------------+-------------------------------------+
| StreamAgg_13                 | 1.00    | root      |                         | funcs:max(test.t.a)->Column#4       |
| └─Limit_17                   | 1.00    | root      |                         | offset:0, count:1                   |
|   └─IndexReader_27           | 1.00    | root      |                         | index:Limit_26                      |
|     └─Limit_26               | 1.00    | cop[tikv] |                         | offset:0, count:1                   |
|       └─IndexFullScan_25     | 1.00    | cop[tikv] | table:t, index:idx_a(a) | keep order:true, desc, stats:pseudo |
+------------------------------+---------+-----------+-------------------------+-------------------------------------+
5 rows in set (0.00 sec)

複数max / min関数

SQL ステートメントが次の条件を満たす場合、このルールが適用されます。

  • ステートメントには複数の集計関数が含まれています。これらはすべてmaxつまたはminの関数です。
  • 関連するgroup by節を持たない集約関数はありません。
  • max / min関数の列には、順序を保持するためのインデックスがあります。

例えば:

select max(a) - min(a) from t

最適化ルールは、最初に列aにその順序を維持するためのインデックスがあるかどうかを確認します。はいの場合、SQL ステートメントは 2 つのサブクエリのデカルト積として書き直されます。

select max_a - min_a
from
    (select max(a) as max_a from t) t1,
    (select min(a) as min_a from t) t2

書き換えにより、オプティマイザはmin関数をmaxつしか持たないステートメントのルールを 2 つのサブクエリにそれぞれ適用できます。その後、ステートメントは次のように書き直されます。

select max_a - min_a
from
    (select max(a) as max_a from (select a from t where a is not null order by a desc limit 1) t) t1,
    (select min(a) as min_a from (select a from t where a is not null order by a asc limit 1) t) t2

同様に、列aにその順序を保持するためのインデックスがある場合、最適化された実行では、テーブル全体ではなく 2 行のデータのみがスキャンされます。ただし、列aにその順序を保持するためのインデックスがない場合、このルールでは 2 回のフル テーブル スキャンが行われますが、再書き込みされていない場合、実行に必要なフル テーブル スキャンは 1 回だけです。したがって、そのような場合、この規則は適用されません。

最終的な実行計画は次のとおりです。

mysql> explain select max(a)-min(a) from t;
+------------------------------------+---------+-----------+-------------------------+-------------------------------------+
| id                                 | estRows | task      | access object           | operator info                       |
+------------------------------------+---------+-----------+-------------------------+-------------------------------------+
| Projection_17                      | 1.00    | root      |                         | minus(Column#4, Column#5)->Column#6 |
| └─HashJoin_18                      | 1.00    | root      |                         | CARTESIAN inner join                |
|   ├─StreamAgg_45(Build)            | 1.00    | root      |                         | funcs:min(test.t.a)->Column#5       |
|   │ └─Limit_49                     | 1.00    | root      |                         | offset:0, count:1                   |
|   │   └─IndexReader_59             | 1.00    | root      |                         | index:Limit_58                      |
|   │     └─Limit_58                 | 1.00    | cop[tikv] |                         | offset:0, count:1                   |
|   │       └─IndexFullScan_57       | 1.00    | cop[tikv] | table:t, index:idx_a(a) | keep order:true, stats:pseudo       |
|   └─StreamAgg_24(Probe)            | 1.00    | root      |                         | funcs:max(test.t.a)->Column#4       |
|     └─Limit_28                     | 1.00    | root      |                         | offset:0, count:1                   |
|       └─IndexReader_38             | 1.00    | root      |                         | index:Limit_37                      |
|         └─Limit_37                 | 1.00    | cop[tikv] |                         | offset:0, count:1                   |
|           └─IndexFullScan_36       | 1.00    | cop[tikv] | table:t, index:idx_a(a) | keep order:true, desc, stats:pseudo |
+------------------------------------+---------+-----------+-------------------------+-------------------------------------+
12 rows in set (0.01 sec)
エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.