重要

TiDB v6.2 (DMR) のドキュメントを表示しています。PingCap は v6.2 のバグ修正を提供していません。バグは将来のリリースで修正される予定です。

一般的な目的では、TiDBデータベースの最新の安定バージョンを使用してください。
重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

ログ編集

TiDB が詳細なログ情報を提供する場合、機密データ (ユーザー データなど) をログに出力する可能性があり、データ セキュリティ リスクが発生します。このようなリスクを回避するために、各コンポーネント (TiDB、TiKV、および PD) は、ログのリダクションを有効にしてユーザー データの値を保護する構成項目を提供します。

TiDB 側でのログ編集

TiDB 側でログのリダクションを有効にするには、値をglobal.tidb_redact_logから1に設定します。この構成値のデフォルトは0です。これは、ログのリダクションが無効であることを意味します。

set構文を使用して、グローバル変数tidb_redact_logを設定できます。

set @@global.tidb_redact_log=1;

設定後、新しいセッションで生成されたすべてのログが編集されます。

create table t (a int, unique key (a));
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

insert into t values (1),(1);
ERROR 1062 (23000): Duplicate entry '1' for key 'a'

上記のINSERTステートメントのエラー ログは次のように出力されます。

[2020/10/20 11:45:49.539 +08:00] [INFO] [conn.go:800] ["command dispatched failed"] [conn=5] [connInfo="id:5, addr:127.0.0.1:57222 status:10, collation:utf8_general_ci,  user:root"] [command=Query] [status="inTxn:0, autocommit:1"] [sql="insert into t values ( ? ) , ( ? )"] [txn_mode=OPTIMISTIC] [err="[kv:1062]Duplicate entry '?' for key 'a'"]

上記のエラー ログから、すべての機密情報が?を使用してシールドされ、 tidb_redact_logが有効になっていることがわかります。このようにして、データセキュリティのリスクが回避されます。

TiKV 側でのログ編集

TiKV 側でログのリダクションを有効にするには、値をsecurity.redact-info-logからtrueに設定します。この構成値のデフォルトはfalseです。これは、ログのリダクションが無効であることを意味します。

PD 側でのログ編集

PD 側でログのリダクションを有効にするには、値をsecurity.redact-info-logからtrueに設定します。この構成値のデフォルトはfalseです。これは、ログのリダクションが無効であることを意味します。

TiFlash 側のログ編集

TiFlash 側でログのリダクションを有効にするには、tiflash-server のsecurity.redact_info_log値と tiflash-learner のsecurity.redact-info-log値の両方をtrueに設定します。両方の構成値のデフォルトはfalseです。これは、ログのリダクションが無効になっていることを意味します。