DATA_LOCK_WAITS

DATA_LOCK_WAITSは、クラスター内のすべての TiKV ノードで進行中のロック待機情報を示します。これには、悲観的トランザクションのロック待機情報と、ブロックされている楽観的トランザクションの情報が含まれます。

USE information_schema;
DESC data_lock_waits;
+------------------------+---------------------+------+------+---------+-------+
| Field                  | Type                | Null | Key  | Default | Extra |
+------------------------+---------------------+------+------+---------+-------+
| KEY                    | text                | NO   |      | NULL    |       |
| KEY_INFO               | text                | YES  |      | NULL    |       |
| TRX_ID                 | bigint(21) unsigned | NO   |      | NULL    |       |
| CURRENT_HOLDING_TRX_ID | bigint(21) unsigned | NO   |      | NULL    |       |
| SQL_DIGEST             | varchar(64)         | YES  |      | NULL    |       |
| SQL_DIGEST_TEXT        | text                | YES  |      | NULL    |       |
+------------------------+---------------------+------+------+---------+-------+

DATA_LOCK_WAITSテーブルの各列フィールドの意味は次のとおりです。

  • KEY : ロックを待機している 16 進形式のキー。
  • KEY_INFO : KEYの詳細情報。 キー情報節を参照してください。
  • TRX_ID : ロックを待機しているトランザクションの ID。この ID はトランザクションのstart_tsでもあります。
  • CURRENT_HOLDING_TRX_ID : 現在ロックを保持しているトランザクションの ID。この ID はトランザクションのstart_tsでもあります。
  • SQL_DIGEST : ロック待ちトランザクションで現在ブロックされている SQL ステートメントのダイジェスト。
  • SQL_DIGEST_TEXT : ロック待ちトランザクションで現在ブロックされている正規化された SQL ステートメント (引数と形式のない SQL ステートメント)。 SQL_DIGESTに相当します。

KEY_INFO

KEY_INFO列目はKEY列目の詳細情報を示します。情報は JSON 形式で表示されます。各フィールドの説明は次のとおりです。

  • "db_id" : キーが属するスキーマの ID。
  • "db_name" : キーが属するスキーマの名前。
  • "table_id" : キーが属するテーブルの ID。
  • "table_name" : キーが属するテーブルの名前。
  • "partition_id" : キーが配置されているパーティションの ID。
  • "partition_name" : キーが配置されているパーティションの名前。
  • "handle_type" : 行キー (つまり、データ行を格納するキー) のハンドル型。可能な値は次のとおりです。
    • "int" : ハンドル タイプは int です。これは、ハンドルが行 ID であることを意味します。
    • "common" : ハンドル型は int64 ではありません。この型は、クラスター化インデックスが有効になっている場合、int 以外の主キーに表示されます。
    • "unknown" : ハンドル タイプは現在サポートされていません。
  • "handle_value" : ハンドル値。
  • "index_id" : インデックス キー (インデックスを格納するキー) が属するインデックス ID。
  • "index_name" : インデックス キーが属するインデックスの名前。
  • "index_values" : インデックス キーのインデックス値。

上記のフィールドで、フィールドの情報が該当しない場合、または現在利用できない場合、そのフィールドはクエリ結果で省略されます。たとえば、行キー情報にはindex_idindex_name 、およびindex_valuesは含まれません。インデックス キーにhandle_typehandle_valueが含まれていません。パーティション化されていないテーブルにはpartition_idpartition_nameは表示されません。削除されたテーブルのキー情報は、 table_namedb_iddb_name 、およびindex_nameなどのスキーマ情報を取得できず、テーブルが分割されたテーブルであるかどうかを区別できません。

ノート:

パーティショニングが有効になっているテーブルからキーが取得され、クエリ中に何らかの理由 (たとえば、キーが属するテーブルが削除されたなど) でキーが属するスキーマの情報をクエリできない場合、IDキーが属するパーティションの番号がtable_idフィールドに表示される場合があります。これは、TiDB が複数の独立したテーブルのキーをエンコードするのと同じ方法で、異なるパーティションのキーをエンコードするためです。したがって、スキーマ情報が欠落している場合、TiDB は、キーがパーティション化されていないテーブルに属しているか、テーブルの 1 つのパーティションに属しているかを確認できません。

select * from information_schema.data_lock_waits\G
*************************** 1. row ***************************
                   KEY: 7480000000000000355F728000000000000001
              KEY_INFO: {"db_id":1,"db_name":"test","table_id":53,"table_name":"t","handle_type":"int","handle_value":"1"}
                TRX_ID: 426790594290122753
CURRENT_HOLDING_TRX_ID: 426790590082449409
            SQL_DIGEST: 38b03afa5debbdf0326a014dbe5012a62c51957f1982b3093e748460f8b00821
       SQL_DIGEST_TEXT: update `t` set `v` = `v` + ? where `id` = ?
1 row in set (0.01 sec)

上記のクエリ結果は、ダイジェスト"38b03afa5debbdf0326a014dbe5012a62c51957f1982b3093e748460f8b00821"を持ち、 update `t` set `v` = `v` + ? where `id` = ?の形式のステートメントを実行するときに、ID 426790594290122753のトランザクションがキー"7480000000000000355F728000000000000001"のペシミスティック ロックを取得しようとしていますが、このキーのロックはトランザクションによって保持されていたことを示しています。 IDの426790590082449409

エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.