高可用性に関するよくある質問

このドキュメントは、TiDB の高可用性に関する FAQ をまとめたものです。

TiDB の強整合性はどのようになっていますか?

Raftコンセンサスアルゴリズムを使用して TiKV ノード間でデータが冗長にコピーされ、ノード障害が発生した場合の回復可能性を確保します。

最レイヤーでは、TiKV はレプリケーション ログ + ステート マシンのモデルを使用してデータをレプリケートします。書き込みリクエストの場合、データはリーダーに書き込まれ、リーダーはコマンドをログの形式でフォロワーに複製します。クラスタ内の大部分のノードがこのログを受信すると、このログがコミットされ、ステート マシンに適用できます。

TiDB のアーキテクチャは、地理的分散とマルチアクティブ性を完全にサポートすることを保証します。データとアプリケーションは常時稼働しています。すべての停止はアプリケーションに対して透過的であり、データは自動的に回復できます。操作は、ネットワークのレイテンシーと安定性に依存します。レイテンシーを 5 ミリ秒以内に保つことをお勧めします。現在、すでに同様のユースケースがあります。詳しくはinfo@pingcap.comまでお問い合わせください。

エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.