TiDB Binlogエラー処理

このドキュメントでは、TiDB Binlogを使用する際に発生する可能性のある一般的なエラーと、これらのエラーの解決策を紹介します。

kafka server: Message was too large, server rejected it to avoid allocation error Drainerがデータを Kafka にレプリケートするときに割り当てエラーが返されるのを避けるために、サーバーはそれを拒否しました

原因: TiDB で大きなトランザクションを実行すると、大きなサイズの binlog データが生成され、メッセージ サイズに対する Kafka の制限を超える可能性があります。

解決策: 以下に示すように、Kafka の構成パラメーターを調整します。

message.max.bytes=1073741824
replica.fetch.max.bytes=1073741824
fetch.message.max.bytes=1073741824

Pumpはno space left on device返します

原因:Pumpが binlog データを正常に書き込むには、ローカル ディスク領域が不十分です。

解決策: ディスク領域をクリーンアップしてから、 Pumpを再起動します。

Pumpの起動時にfail to notify all living drainer

原因: Pumpが開始されると、状態がonlineのすべてのDrainerノードに通知されます。 Drainerへの通知に失敗した場合、このエラー ログが出力されます。

解決策: binlogctl ツールを使用して、各Drainerノードが正常かどうかを確認します。これは、 online状態にあるすべてのDrainerノードが正常に動作していることを確認するためです。 Drainerノードの状態が実際の動作状態と一致しない場合は、binlogctl ツールを使用して状態を変更し、 Pumpを再起動します。

TiDB Binlogレプリケーション中にデータ損失が発生する

TiDB Binlogがすべての TiDB インスタンスで有効になっており、正常に動作していることを確認する必要があります。クラスターのバージョンが v3.0 以降の場合は、 curl {TiDB_IP}:{STATUS_PORT}/info/allコマンドを使用して、すべての TiDB インスタンスの TiDB Binlogステータスを確認します。

アップストリーム トランザクションが大きい場合、 Pumpはエラーrpc error: code = ResourceExhausted desc = trying to send message larger than max (2191430008 vs. 2147483647)を報告します。

このエラーは、TiDB からPumpに送信された gRPC メッセージがサイズ制限を超えているために発生します。 Pumpの起動時にmax-message-sizeを指定することで、 Pumpが許可する gRPC メッセージの最大サイズを調整できます。

Drainerによって出力されたファイル形式の増分データのクリーニング メカニズムはありますか?データは削除されますか?

  • Drainer v3.0.x では、ファイル形式の増分データのクリーニング メカニズムはありません。
  • v4.0.x バージョンには、時間ベースのデータ クリーニング メカニズムがあります。詳細については、 Drainer のretention-time設定項目を参照してください。
エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.