SQL 式を使用した DML イベントのフィルタリング

このドキュメントでは、DM を使用して継続的な増分データ レプリケーションを実行するときに、SQL 式を使用して binlog イベントをフィルター処理する方法を紹介します。詳細なレプリケーション手順については、次のドキュメントを参照してください。

増分データ レプリケーションを実行する場合、 Binlogイベント フィルタを使用して特定の種類の binlog イベントをフィルター処理できます。たとえば、アーカイブや監査などの目的で、 DELETEのイベントをダウンストリームに複製しないことを選択できます。ただし、 Binlog Event Filter は、より細かい粒度が必要な行のDELETEイベントをフィルタリングするかどうかを判断できません。

この問題に対処するために、v2.0.5 以降、DM は増分データ レプリケーションでbinlog value filterを使用してデータをフィルタリングすることをサポートしています。 DM がサポートするROW形式の binlog の中で、binlog イベントはすべての列の値を保持し、これらの値に基づいて SQL 式を構成できます。式が行の変更をTRUEと計算する場合、DM はこの行の変更を下流にレプリケートしません。

Binlogイベント フィルターと同様に、タスク構成ファイルでbinlog value filterを構成する必要があります。詳細については、次の構成例を参照してください。高度なタスクの設定と説明については、 DM 高度なタスク構成ファイルを参照してください。

name: test
task-mode: all

mysql-instances:
  - source-id: "mysql-replica-01"
    expression-filters: ["even_c"]

expression-filter:
  even_c:
    schema: "expr_filter"
    table: "tbl"
    insert-value-expr: "c % 2 = 0"

上記の構成例では、 even_cのルールが構成され、データソースmysql-replica-01によって参照されます。この規則に従って、 expr_filterスキーマのtb1テーブルでは、 c列に偶数が挿入された場合 ( c % 2 = 0 )、このinsertステートメントは下流に複製されません。次の例は、このルールの効果を示しています。

アップストリーム データ ソースに次のデータを段階的に挿入します。

INSERT INTO tbl(id, c) VALUES (1, 1), (2, 2), (3, 3), (4, 4);

次に、ダウンストリームでtb1のテーブルをクエリします。 cの奇数の行だけが複製されていることがわかります。

MySQL [test]> select * from tbl;
+------+------+
| id   | c    |
+------+------+
|    1 |    1 |
|    3 |    3 |
+------+------+
2 rows in set (0.001 sec)

Configuration / コンフィグレーションパラメータと説明

  • schema : 一致するアップストリーム スキーマの名前。ワイルドカード マッチングまたは通常のマッチングはサポートされていません。
  • table : 照合するアップストリーム テーブルの名前。ワイルドカード マッチングまたは通常のマッチングはサポートされていません。
  • insert-value-expr : INSERT種類の binlog イベント (WRITE_ROWS_EVENT) によって運ばれる値に有効な式を構成します。この式を同じ構成アイテムでupdate-old-value-exprupdate-new-value-exprまたはdelete-value-exprと一緒に使用することはできません。
  • update-old-value-expr : UPDATEのタイプの binlog イベント (UPDATE_ROWS_EVENT) によって運ばれる古い値に有効な式を構成します。この式は、同じ構成アイテム内でinsert-value-exprまたはdelete-value-exprと一緒に使用することはできません。
  • update-new-value-expr : UPDATE種類の binlog イベント (UPDATE_ROWS_EVENT) によって運ばれる新しい値に有効な式を構成します。この式は、同じ構成アイテム内でinsert-value-exprまたはdelete-value-exprと一緒に使用することはできません。
  • delete-value-expr : DELETE種類の binlog イベント (DELETE_ROWS_EVENT) によって運ばれる値に有効な式を構成します。この式をinsert-value-exprupdate-old-value-exprまたはupdate-new-value-exprと一緒に使用することはできません。

ノート:

  • update-old-value-exprupdate-new-value-exprを一緒に設定できます。
  • update-old-value-exprupdate-new-value-exprを一緒に構成すると、「更新 + 古い値」がupdate-old-value-expr満たす行と、「更新 + 新しい値」がupdate-new-value-exprを満たす行がフィルター処理されます。
  • update-old-value-exprupdate-new-value-exprのいずれかが構成されている場合、構成された式によって行変更全体をフィルター処理するかどうかが決定されます。つまり、古い値の削除と新しい値の挿入が全体としてフィルター処理されます。

1 つの列または複数の列で SQL 式を使用できます。 c % 2 = 0a*a + b*b = c*cts > NOW()など、TiDB でサポートされている SQL関数を使用することもできます。

TIMESTAMPのデフォルトのタイム ゾーンは、タスク構成ファイルで指定されたタイム ゾーンです。デフォルト値は、ダウンストリームのタイム ゾーンです。 c_timestamp = '2021-01-01 12:34:56.5678+08:00'のような方法でタイムゾーンを明示的に指定できます。

expression-filterの設定項目で複数のフィルタリング ルールを設定できます。アップストリーム データ ソースは、 expression-filtersで必要なルールを参照して有効にします。複数のルールが使用されている場合、いずれかのルールが一致すると、行の変更全体がフィルター処理されます。

ノート:

構成する式フィルタリング ルールが多すぎると、DM の計算オーバーヘッドが増加し、データ レプリケーションが遅くなります。

エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.