重要

TiDB v6.2 (DMR) のドキュメントを表示しています。PingCap は v6.2 のバグ修正を提供していません。バグは将来のリリースで修正される予定です。

一般的な目的では、TiDBデータベースの最新の安定バージョンを使用してください。
重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB ツールの使用例

このドキュメントでは、TiDB ツールの一般的な使用例と、シナリオに適したツールを選択する方法を紹介します。

TiDB を物理マシンまたは仮想マシンにデプロイして操作する

TiDB を物理マシンまたは仮想マシンにデプロイして操作する必要がある場合は、 TiUPをインストールしてから、TiUP を使用して TiDB、PD、TiKV などの TiDB コンポーネントを管理できます。

TiDB を Kubernetes にデプロイして運用する

TiDB を Kubernetes にデプロイして操作する必要がある場合は、Kubernetes クラスターをデプロイしてからTiDB Operatorをデプロイできます。その後、 TiDB Operatorを使用して TiDB クラスターをデプロイおよび操作できます。

CSV から TiDB にデータをインポートする

他のツールによってエクスポートされた互換性のある CSV ファイルを TiDB にインポートする必要がある場合は、 TiDB Lightningを使用します。

MySQL/ Auroraから完全なデータをインポートする

MySQL/ Auroraから完全なデータをインポートする必要がある場合は、最初にDumplingを使用してデータを SQL ダンプ ファイルとしてエクスポートし、次にTiDB Lightningを使用してデータを TiDB クラスターにインポートします。

MySQL/ Auroraからデータを移行する

MySQL/ Auroraからフル データと増分データの両方を移行する必要がある場合は、 TiDB データ移行 (DM) を使用してAmazon Auroraから TiDB にデータを移行するを実行します。

完全なデータ ボリュームが (TB レベルで) 大きい場合は、最初にDumplingTiDB Lightningを使用して完全なデータ移行を実行し、次に DM を使用して増分データ移行を実行できます。

TiDB クラスターのバックアップと復元

TiDB クラスターをバックアップするか、バックアップしたデータをクラスターに復元する必要がある場合は、 ブラジル (バックアップと復元) を使用します。

また、BR を使用して、TiDB クラスター データの増分バックアップ増分復元を実行することもできます。

データを TiDB に移行する

TiDB クラスターから別の TiDB クラスターにデータを移行する必要がある場合は、 Dumplingを使用して TiDB から完全なデータを SQL ダンプ ファイルとしてエクスポートし、 TiDB Lightningを使用してデータを別の TiDB クラスターにインポートします。

増分データも移行する必要がある場合は、 Binlogを使用します。

TiDB 増分データ サブスクリプション

TiDB の増分変更を購読する必要がある場合は、 Binlogを使用します。