WebUI を使用して DM 移行タスクを管理する

DM WebUIは、TiDB データ移行 (DM) タスクを管理するための Web ベースの GUI プラットフォームです。このプラットフォームは、多数の移行タスクを管理するためのシンプルで直感的な方法を提供し、dmctl コマンドライン ツールを使用する必要がなくなります。

このドキュメントでは、 DM WebUIへのアクセス方法、前提条件、インターフェイスの各ページの使用例、および注意点を紹介します。

DM WebUIには次のページがあります。

  • 移行
    • タスク: タスク作成へのエントリを提供し、各移行タスクの詳細情報を表示します。このページは、移行タスクの監視、作成、削除、および構成に役立ちます。
    • ソース: 移行タスクのアップストリーム データ ソースの情報を構成します。このページでは、アップストリーム構成の作成と削除、アップストリーム構成に対応するタスク ステータスの監視、アップストリーム構成の変更など、データ移行環境でアップストリーム構成を管理できます。
    • レプリケーションの詳細: 移行タスクの詳細なステータス情報を表示します。このページでは、アップストリームとダウンストリームの構成情報とデータベース名、ソース テーブルとターゲット テーブルの関係など、指定したフィルターに基づいて詳細な構成とステータス情報を表示できます。
  • クラスタ
    • メンバー: DM クラスター内のすべてのマスター ノードとワーカー ノードのリスト、およびワーカー ノードとソース間のバインディング関係を表示します。このページでは、現在の DM クラスターの構成情報と各ワーカーのステータス情報を表示できます。さらに、基本的な管理もこのページで提供されます。

インターフェイスは次のとおりです。

webui

アクセス方法

DM WebUIには、DM クラスターの任意のマスター ノードからアクセスできます。アクセスポートはデフォルトで8261で、DM OpenAPI と同じです。アクセス アドレスの例を次に示しhttp://{master_ip}:{master_port}/dashboard/

移行

移行には、 SourceTask 、およびReplication Detailページが含まれます。

ソース

移行タスクを作成する前に、レプリケーション タスクのアップストリームのデータ ソース情報を作成する必要があります。 [**ソース]**ページでアップストリーム構成を作成できます。ソースを作成するときは、次の点に注意してください。

  • プライマリ インスタンスとセカンダリ インスタンスの間に自動フェイルオーバーがある場合は、上流の MySQL で GTID を有効にし、上流の構成を作成するときに GTID をTrueに設定します。そうしないと、フェイルオーバー中に移行タスクが中断されます (AWS Auroraを除く)。
  • MySQL インスタンスを一時的にオフラインにする必要がある場合は、インスタンスを無効にすることができます。ただし、MySQL インスタンスが無効になっている場合、移行タスクを実行している他の MySQL インスタンスは DDL 操作を実行しないでください。そうしないと、無効化されたインスタンスは、有効化された後にデータを適切に移行できません。
  • 複数の移行タスクが同じアップストリームを使用する場合、追加のストレスが発生する可能性があります。リレー ログを有効にすると、アップストリームへの影響を軽減できるため、リレー ログを有効にすることをお勧めします。

仕事

[タスク]ページで移行タスクの詳細を表示し、移行タスクを作成できます。

移行タスクの詳細をビューする

タスク リストでタスク名をクリックすると、右側に [詳細] ページが表示されます。 [詳細] ページには、より詳細なタスク ステータス情報が表示されます。このページでは、各サブタスクのステータスと移行タスクの現在の構成情報を表示できます。

DM では、移行タスクの各サブタスクは、完全ダンプ -> 完全インポート (ロード) -> 増分レプリケーション (同期) など、さまざまな段階にある場合があります。したがって、タスクの現在のステージがサブタスクのステータスの統計とともに表示され、タスクの実行ステータスをよりよく理解するのに役立ちます。

移行タスクを作成する

このページで移行タスクを作成するには、右上隅にある [追加] ボタンをクリックします。次のいずれかの方法を使用して、移行タスクを作成できます。

  • WebUI の指示に従ってください。 WebUI で必要な情報を段階的に入力します。この方法は、初心者や日常の使用に適しています。
  • 構成ファイルを使用する。 JSON 形式の構成ファイルを貼り付けるか書き込み、移行タスクを作成します。この方法は、より多くのパラメーターの調整をサポートしており、上級ユーザーに適しています。

レプリケーションの詳細

レプリケーションの詳細ページで、移行タスク用に構成された移行ルールのステータスを表示できます。このページは、タスク、ソース、およびデータベース名によるクエリをサポートしています。

クエリ結果には、上流テーブルと下流テーブルの対応する情報が含まれているため、クエリ結果が多すぎてページの応答が遅くなる場合は、 .*を使用するように注意してください。

クラスタ

メンバー

[**メンバー]**ページには、DM クラスター内のすべてのマスター ノードとワーカー ノード、およびワーカー ノードとソース間のバインド関係が表示されます。

エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.