DMクラスタのパフォーマンス テスト

このドキュメントでは、DM クラスターでパフォーマンス テストを実行するためのテスト シナリオを構築する方法について説明します。これには、データ移行に関する速度テストとレイテンシーテストが含まれます。

移行データ フロー

MySQL -> DM -> TiDB という単純な移行データ フローを使用して、DM クラスターのデータ移行パフォーマンスをテストできます。

テスト環境をデプロイ

  • すべてのデフォルト構成で、TiUP を使用して TiDB テスト クラスターをデプロイします。
  • MySQL サービスをデプロイします。 binlog のROWモードを有効にし、他の構成項目には既定の構成を使用します。
  • DM-worker と DM-master を使用して DM クラスターをデプロイします。

性能テスト

テーブル スキーマ

パフォーマンス テストには、次のスキーマを持つテーブルを使用します。

CREATE TABLE `sbtest` (
  `id` int(11) NOT NULL AUTO_INCREMENT,
  `k` int(11) NOT NULL DEFAULT '0',
  `c` char(120) CHARSET utf8mb4 COLLATE utf8mb4_bin NOT NULL DEFAULT '',
  `pad` char(60) CHARSET utf8mb4 COLLATE utf8mb4_bin NOT NULL DEFAULT '',
  PRIMARY KEY (`id`),
  KEY `k_1` (`k`)
) ENGINE=InnoDB DEFAULT CHARSET=utf8mb4 COLLATE=utf8mb4_bin

全輸入ベンチマークケース

テストデータの生成

アップストリームでテスト テーブルを作成し、フル インポート用のテスト データを生成するには、 sysbenchを使用します。次のsysbenchのコマンドを実行して、テスト データを生成します。

sysbench --test=oltp_insert --tables=4 --mysql-host=172.16.4.40 --mysql-port=3306 --mysql-user=root --mysql-db=dm_benchmark --db-driver=mysql --table-size=50000000 prepare

データ移行タスクを作成する

  1. アップストリームの MySQL ソースを作成し、 source-idからsource-1を設定します。詳細については、 データ ソース構成のロードを参照してください。

  2. 移行タスクを作成します ( fullモード)。以下は、タスク構成テンプレートです。

---
name: test-full
task-mode: full

# Configure the migration task using the TiDB information of your actual test environment.
target-database:
  host: "192.168.0.1"
  port: 4000
  user: "root"
  password: ""

mysql-instances:
  -
    source-id: "source-1"
    block-allow-list:  "instance"
    mydumper-config-name: "global"
    loader-thread: 16

# Configure the name of the database where sysbench generates data.
block-allow-list:
  instance:
    do-dbs: ["dm_benchmark"]

mydumpers:
  global:
    rows: 32000
    threads: 32

移行タスクの作成方法の詳細については、 データ移行タスクの作成を参照してください。

ノート:

  • マルチスレッドを使用して単一のテーブルから同時にデータをエクスポートできるようにするには、 mydumpers構成項目でrowsオプションを使用できます。これにより、データのエクスポートが高速化されます。
  • 異なる構成でパフォーマンスをテストするには、構成mysql-instancesloader-threadを調整し、構成mydumpersrowsthreadsを調整します。

テスト結果を取得する

DM-worker ログを観察します。 all data files have been finishedが表示された場合、完全なデータがインポートされたことを意味します。この場合、データのインポートにかかった時間を確認できます。サンプル ログは次のとおりです。

 [INFO] [loader.go:604] ["all data files have been finished"] [task=test] [unit=load] ["cost time"=52.439796ms]

テスト データのサイズとデータのインポートにかかる時間に応じて、完全なデータの移行速度を計算できます。

増分レプリケーションのベンチマーク ケース

テーブルの初期化

アップストリームでテスト テーブルを作成するには、 sysbenchを使用します。

データ移行タスクを作成する

  1. アップストリーム MySQL のソースを作成します。 source-idsource-1を設定します( 全輸入ベンチマークケースでソースを作成した場合は、再度作成する必要はありません)。詳細については、 データ ソース構成のロードを参照してください。

  2. DM 移行タスクを作成します ( allモードで)。以下は、タスク構成ファイルの例です。

---
name: test-all
task-mode: all

# Configure the migration task using the TiDB information of your actual test environment.
target-database:
  host: "192.168.0.1"
  port: 4000
  user: "root"
  password: ""

mysql-instances:
  -
    source-id: "source-1"
    block-allow-list:  "instance"
    syncer-config-name: "global"

# Configure the name of the database where sysbench generates data.
block-allow-list:
  instance:
    do-dbs: ["dm_benchmark"]

syncers:
  global:
    worker-count: 16
    batch: 100

データ移行タスクの作成方法の詳細については、 データ移行タスクの作成を参照してください。

ノート:

異なる構成でパフォーマンスをテストするには、構成項目syncersworker-countbatchを調整します。

増分データの生成

アップストリームで増分データを継続的に生成するには、次のsysbenchコマンドを実行します。

sysbench --test=oltp_insert --tables=4 --num-threads=32 --mysql-host=172.17.4.40 --mysql-port=3306 --mysql-user=root --mysql-db=dm_benchmark --db-driver=mysql --report-interval=10 --time=1800 run

ノート:

さまざまなsysbenchステートメントを使用して、さまざまなシナリオでデータ移行のパフォーマンスをテストできます。

テスト結果を取得する

DM の移行ステータスを確認するには、 query-statusコマンドを実行します。 DM のモニタリング メトリックを観察するには、Grafana を使用できます。ここでの監視メトリックは、 finished sqls jobs (単位時間あたりに終了したジョブの数) などを指します。詳細については、 Binlog移行の監視メトリクスを参照してください。

エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.