データ移行タスクの一時停止

pause-taskコマンドを使用して、データ移行タスクを一時停止できます。

pause-taskは、次の点でstop-taskと異なります。

  • pause-taskは、移行タスクのみを一時停止します。 query-statusを使用して、タスクのステータス情報 (メモリに保持されている) を照会できます。 stop-taskは移行タスクを終了し、このタスクに関連するすべての情報をメモリから削除します。これは、ステータス情報のクエリにquery-statusを使用できないことを意味します。 dm_metaのような「チェックポイント」と、下流に移行されたデータは削除されません。
  • pause-taskを実行して移行タスクを一時停止すると、このタスクは存在するため、同じ名前の新しいタスクを開始することも、一時停止したタスクのリレー ログを削除することもできません。 stop-taskを実行してタスクを停止すると、同じ名前の新しいタスクを開始でき、このタスクは存在しないため、停止したタスクのリレー ログを削除できます。
  • 通常、 pause-taskはトラブルシューティングのためにタスクを一時停止するために使用され、 stop-taskは移行タスクを完全に削除するか、 start-taskと協力して構成情報を更新するために使用されます。
help pause-task
pause a specified running task

Usage:
 dmctl pause-task [-s source ...] <task-name | task-file> [flags]

Flags:
 -h, --help   help for pause-task

Global Flags:
 -s, --source strings   MySQL Source ID

使用例

pause-task [-s "mysql-replica-01"] task-name

フラグの説明

  • -s : (オプション) 移行タスクのサブタスクを一時停止する MySQL ソースを指定します。設定されている場合、このコマンドは、指定された MySQL ソースのサブタスクのみを一時停止します。
  • task-name| task-file : (必須) タスク名またはタスク ファイル パスを指定します。

返された結果

pause-task test
{
    "op": "Pause",
    "result": true,
    "msg": "",
    "sources": [
        {
            "result": true,
            "msg": "",
            "source": "mysql-replica-01",
            "worker": "worker1"
        }
    ]
}
エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.