TiDB データ移行用語集

このドキュメントでは、TiDB Data Migration (DM) のログ、監視、構成、およびドキュメントで使用される用語を一覧表示します。

B

Binlog

TiDB DM では、binlog は TiDB データベースで生成されたバイナリ ログ ファイルを参照します。 MySQL や MariaDB と同様の表示があります。詳細はMySQL バイナリ ログMariaDB バイナリ ログを参照してください。

Binlogイベント

Binlogイベントは、MySQL または MariaDBサーバーインスタンスに対して行われたデータ変更に関する情報です。これらの binlog イベントは binlog ファイルに保存されます。詳細はMySQLBinlogイベントMariaDB Binlogイベントを参照してください。

Binlogイベント フィルター

Binlogイベント フィルターは、ブロックおよび許可リストのフィルタリング ルールよりもきめ細かいフィルタリング機能です。詳細はbinlog イベント フィルターを参照してください。

Binlogの位置

binlog 位置は、binlog ファイル内の binlog イベントのオフセット情報です。詳細はMySQL SHOW BINLOG EVENTSMariaDB SHOW BINLOG EVENTSを参照してください。

Binlogレプリケーション処理ユニット/同期ユニット

Binlogレプリケーション処理ユニットは、上流のバイナリ ログまたはローカル リレー ログを読み取り、これらのログを下流に移行するために DM-worker で使用される処理ユニットです。各サブタスクは、バイナリログ レプリケーション処理ユニットに対応します。現在のドキュメントでは、バイナリログ レプリケーション処理ユニットは同期処理ユニットとも呼ばれます。

ブロック & 許可テーブル リスト

ブロック & 許可テーブル リストは、一部のデータベースまたは一部のテーブルのすべての操作をフィルタリングまたは移行する機能です。詳細はブロック & 許可テーブル リストを参照してください。この機能はMySQL レプリケーション フィルタリングおよびMariaDB レプリケーション フィルターに似ています。

チェックポイント

チェックポイントは、完全なデータ インポートまたは増分レプリケーション タスクが一時停止されてから再開されるか、または停止されてから再開される位置を示します。

  • フル インポート タスクでは、チェックポイントは、インポート中のファイル内の正常にインポートされたデータのオフセットおよびその他の情報に対応します。チェックポイントは、データ インポート タスクと同期して更新されます。
  • 増分レプリケーションでは、チェックポイントは、正常に解析されてダウンストリームに移行されるバイナリログイベントビンログ位置およびその他の情報に対応します。 DDL 操作が正常に移行された後、または最後の更新から 30 秒後に、チェックポイントが更新されます。

また、 中継処理ユニットに対応するrelay.metaの情報は、チェックポイントと同様に機能します。中継処理部は上流からバイナリログイベントを引っ張ってこのイベントを中継ログに書き込み、 ビンログ位置またはこのイベントに対応する GTID 情報をrelay.metaに書き込みます。

D

ダンプ処理単位/ダンプ単位

ダンプ処理単位は、アップストリームからすべてのデータをエクスポートするために DM-worker で使用される処理単位です。各サブタスクは、ダンプ処理単位に対応します。

G

GTID

GTID は、MySQL または MariaDB のグローバル トランザクション ID です。この機能を有効にすると、GTID 情報が binlog ファイルに記録されます。複数の GTID が GTID セットを形成します。詳細はMySQL GTID のフォーマットとストレージMariaDB グローバル トランザクション IDを参照してください。

L

負荷処理装置/負荷装置

ロード処理単位は、完全にエクスポートされたデータをダウンストリームにインポートするために DM-worker で使用される処理単位です。各サブタスクは、負荷処理ユニットに対応します。現在のドキュメントでは、ロード処理ユニットはインポート処理ユニットとも呼ばれます。

M

移行/移行

TiDB データ移行ツールを使用して、アップストリーム データベースの完全なデータをダウンストリーム データベースにコピーするプロセス。

「完全」と明確に言及し、「完全または増分」と明確に言及せず、「完全 + 増分」と明確に言及する場合は、複製/複製の代わりに移行/移行を使用します。

R

中継ログ

リレー ログは、DM-worker がアップストリームの MySQL または MariaDB から取得し、ローカル ディスクに保存する binlog ファイルを参照します。リレー ログの形式は標準の binlog ファイルで、互換性のあるバージョンのmysqlbinlogなどのツールで解析できます。その役割はMySQL リレー ログおよびMariaDB リレー ログに似ています。

リレー ログのディレクトリ構造、初期移行ルール、TiDB DM でのデータ パージなどの詳細については、 TiDB DMリレーログを参照してください。

中継処理ユニット

リレー処理ユニットは、DM-worker でバイナリログ ファイルを上流からプルし、リレー ログにデータを書き込むために使用される処理ユニットです。各 DM-worker インスタンスには、リレー処理ユニットが 1 つだけあります。

複製/複製

TiDB データ移行ツールを使用して、アップストリーム データベースの増分データをダウンストリーム データベースにコピーするプロセス。

「増分」と明示する場合は、migrate/migration ではなく、replicate/replication を使用してください。

S

セーフモード

セーフ モードは、主キーまたは一意のインデックスがテーブル スキーマに存在する場合に、DML ステートメントを複数回インポートできるモードです。このモードでは、アップストリームからの一部のステートメントは、書き直された後にのみダウンストリームに移行されます。 INSERTステートメントはREPLACEとして書き直されます。 UPDATEステートメントはDELETEおよびREPLACEとして書き直されます。

このモードは、次のいずれかの状況で有効になります。

  • タスク構成ファイルのsafe-modeパラメーターがtrueに設定されている場合、セーフ モードは有効なままになります。
  • シャード マージのシナリオでは、DDL ステートメントがすべてのシャード テーブルで複製される前に、セーフ モードが有効なままになります。
  • 引数--consistency noneがフル マイグレーション タスクのダンプ処理単位に設定されている場合、エクスポートの開始時の binlog の変更がエクスポートされたデータに影響するかどうかを判断できません。したがって、これらのバイナリログの変更の増分レプリケーションでは、セーフ モードが有効なままになります。
  • タスクがエラーによって一時停止され、再開された場合、一部のデータに対する操作が 2 回実行される可能性があります。

シャード DDL

シャード DDL は、アップストリームのシャード テーブルで実行される DDL ステートメントです。シャードされたテーブルをマージするプロセスで、TiDB DM によって調整および移行される必要があります。現在のドキュメントでは、シャード DDL はシャーディング DDL とも呼ばれます。

シャード DDL ロック

シャード DDL ロックは、シャード DDL の移行を調整するロック メカニズムです。詳細はペシミスティック モードでのシャード テーブルからのデータのマージと移行の実装原則を参照してください。現在のドキュメントでは、シャード DDL ロックはシャーディング DDL ロックとも呼ばれます。

シャード グループ

シャード グループは、マージされてダウンストリームの同じテーブルに移行されるすべてのアップストリーム シャード テーブルです。 TiDB DM の実装には、2 レベルのシャード グループが使用されます。詳細はペシミスティック モードでのシャード テーブルからのデータのマージと移行の実装原則を参照してください。現在のドキュメントでは、シャード グループはシャーディング グループとも呼ばれます。

サブタスク

サブタスクは、各 DM-worker インスタンスで実行されるデータ移行タスクの一部です。異なるタスク構成では、1 つのデータ移行タスクに 1 つまたは複数のサブタスクが含まれる場合があります。

サブタスクのステータス

サブタスクのステータスは、データ移行サブタスクのステータスです。現在のステータス オプションには、 NewRunningPausedStopped 、およびFinishedが含まれます。データ移行タスクまたはサブタスクのステータスの詳細については、 サブタスクのステータスを参照してください。

T

テーブル ルーティング

テーブル ルーティング機能により、DM はアップストリームの MySQL または MariaDB インスタンスの特定のテーブルを、シャード テーブルのマージと移行に使用できるダウンストリームの指定されたテーブルに移行できます。詳細はテーブル ルーティングを参照してください。

仕事

start-taskコマンドを正常に実行した後に開始されるデータ移行タスク。異なるタスク構成では、1 つの移行タスクを 1 つの DM-worker インスタンスまたは複数の DM-worker インスタンスで同時に実行できます。

タスクのステータス

タスク ステータスは、データ移行タスクのステータスを示します。タスクのステータスは、そのすべてのサブタスクのステータスによって異なります。詳細はサブタスクのステータスを参照してください。

エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.