毎日のチェック

このドキュメントでは、TiDB Data Migration (DM) で日常的なチェックを実行する方法をまとめています。

  • 方法 1: query-statusコマンドを実行して、タスクの実行ステータスとエラー出力 (ある場合) を確認します。詳細については、 クエリのステータスを参照してください。

  • 方法 2: TiUP を使用して DM クラスターをデプロイするときに Prometheus と Grafana が正しくデプロイされている場合は、Grafana で DM 監視メトリックを表示できます。たとえば、Grafana のアドレスが172.16.10.71である場合、 http://172.16.10.71:3000に移動し、Grafana ダッシュボードに入り、DM ダッシュボードを選択して DM のモニタリング メトリックを確認します。これらのメトリックの詳細については、 DM モニタリング指標を参照してください。

  • 方法 3: ログ ファイルを使用して、DM の実行状態とエラー (ある場合) を確認します。

    • DM-master ログ ディレクトリ: --log-file DM-master プロセス パラメータによって指定されます。 DM が TiUP を使用して展開されている場合、ログ ディレクトリは DM-master ノードの{log_dir}です。
    • DM-worker ログ ディレクトリ: --log-file DM-worker プロセス パラメータで指定されます。 DM が TiUP を使用してデプロイされている場合、ログ ディレクトリは DM-worker ノードの{log_dir}です。
エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.