コマンドライン フラグ

このドキュメントでは、DM のコマンドライン フラグを紹介します。

DMマスター

--advertise-addr

  • クライアント要求を受信するために使用される DM マスターの外部アドレス
  • デフォルト値は"{master-addr}"です
  • オプションのフラグ。 "domain-name:port"の形をとることができます。

--advertise-peer-urls

  • DM-master ノード間の通信用の外部アドレス
  • デフォルト値は"{peer-urls}"です
  • オプションのフラグ。 "http(s)://domain-name:port"の形をとることができます。

--config

  • DM-master の構成ファイルのパス
  • デフォルト値は""です
  • オプションのフラグ

--data-dir

  • DM-master のデータを格納するディレクトリ
  • デフォルト値は"default.{name}"です
  • オプションのフラグ

--initial-cluster

  • DM-master クラスタのブートストラップに使用される"{node name}={external address}"のリスト
  • デフォルト値は"{name}={advertise-peer-urls}"です
  • joinフラグを指定しない場合は、このフラグを指定する必要があります。 3ノードクラスタの構成例は"dm-master-1=http://172.16.15.11:8291,dm-master-2=http://172.16.15.12:8291,dm-master-3=http://172.16.15.13:8291"

--join

  • DM マスター ノードがこのクラスターに参加するときの既存のクラスターのadvertise-addrのリスト
  • デフォルト値は""です
  • initial-clusterフラグを指定しない場合は、このフラグを指定する必要があります。 2 つのノードを持つクラスターに新しいノードが参加するとします。構成例は"172.16.15.11:8261,172.16.15.12:8261"です。

--log-file

  • ログの出力ファイル名
  • デフォルト値は""です
  • オプションのフラグ

-L

  • ログレベル
  • デフォルト値は"info"です
  • オプションのフラグ

--master-addr

  • DM マスターがクライアントの要求をリッスンするアドレス
  • デフォルト値は""です
  • 必須フラグ

--name

  • DM マスター ノードの名前
  • デフォルト値は"dm-master-{hostname}"です
  • 必須フラグ

--peer-urls

  • DM-master ノード間の通信用リスニング アドレス
  • デフォルト値は"http://127.0.0.1:8291"です
  • 必須フラグ

DMワーカー

--advertise-addr

  • クライアント要求を受信するために使用される DM-worker の外部アドレス
  • デフォルト値は"{worker-addr}"です
  • オプションのフラグ。 "domain-name:port"の形をとることができます。

--config

  • DM-worker の設定ファイルのパス
  • デフォルト値は""です
  • オプションのフラグ

--join

  • DM-worker がこのクラスターに登録するときのクラスター内の DM-master ノードの{advertise-addr}のリスト
  • デフォルト値は""です
  • 必須フラグ。 3ノード(DM-masterノード)クラスタの構成例は"172.16.15.11:8261,172.16.15.12:8261,172.16.15.13:8261"

--log-file

  • ログの出力ファイル名
  • デフォルト値は""です
  • オプションのフラグ

-L

  • ログレベル
  • デフォルト値は"info"です
  • オプションのフラグ

--name

  • DM-worker ノードの名前
  • デフォルト値は"{advertise-addr}"です
  • 必須フラグ

--worker-addr

  • DM-worker がクライアントのリクエストをリッスンするアドレス
  • デフォルト値は""です
  • 必須フラグ

dmctl

--config

  • dmctl の構成ファイルのパス
  • デフォルト値は""です
  • オプションのフラグ

--master-addr

  • dmctl によって接続されるクラスター内の任意の DM マスター ノードの{advertise-addr}
  • デフォルト値は""です
  • dmctl が DM-master とやり取りするときに必要なフラグです。

--encrypt

  • 平文のデータベース パスワードを暗号文に暗号化します
  • デフォルト値は""です
  • このフラグが指定されている場合、DM マスターと対話せずにプレーンテキストを暗号化するためにのみ使用されます。

--decrypt

  • dmctl で暗号化された暗号文を平文に復号化します
  • デフォルト値は""です
  • このフラグが指定されている場合、DM マスターと対話せずに暗号文を復号化するためにのみ使用されます。
エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.