TiDB ダッシュボードの SQL ステートメント ページ

SQL ステートメント ページには、クラスター内のすべての SQL ステートメントの実行ステータスが表示されます。このページは、合計または 1 回の実行時間が長い SQL ステートメントを分析するためによく使用されます。

このページでは、一貫した構造を持つ SQL クエリは (クエリ パラメーターに一貫性がない場合でも)、同じ SQL ステートメントとして分類されます。たとえば、 SELECT * FROM employee WHERE id IN (1, 2, 3)select * from EMPLOYEE where ID in (4, 5)は両方とも同じselect * from employee where id in (...) SQL ステートメントとして分類されます。

ページにアクセスする

次の 2 つの方法のいずれかを使用して、SQL ステートメントの概要ページにアクセスできます。

  • TiDB ダッシュボードにログインした後、左側のナビゲーション メニューで [ SQL ステートメント] をクリックします。

    Access SQL statement summary page

  • ブラウザでhttp://127.0.0.1:2379/dashboard/#/statementにアクセスします。 127.0.0.1:2379を実際の PD インスタンスのアドレスとポートに置き換えます。

SQL ステートメントの概要ページに表示されるすべてのデータは、TiDB ステートメントの概要テーブルからのものです。テーブルの詳細については、 TiDB ステートメントの要約表を参照してください。

ノート:

SQL ステートメントの概要ページの [平均待ち時間] 列にある青いバーは、平均実行時間を示します。 SQL ステートメントの青色のバーに黄色の線がある場合、黄色の線の左側と右側はそれぞれ、最近のデータ収集サイクル中の SQL ステートメントの最小実行時間と最大実行時間を表します。

フィルターを変更

SQL ステートメントの概要ページの上部で、表示する SQL 実行の時間範囲を変更できます。また、SQL ステートメントが実行されるデータベース、または SQL タイプによってリストをフィルタリングすることもできます。次の図は、最近のデータ収集サイクル (デフォルトでは最近の 30 分) におけるすべての SQL 実行を示しています。

Modify filters

より多くの列を表示

ページの [**列]**をクリックすると、さらに列を表示するように選択できます。列名の右側にある(i)アイコンにマウスを移動すると、この列の説明が表示されます。

Choose columns

カラムで並べ替え

デフォルトでは、リストは合計レイテンシーの高いものから低いものの順に並べ替えられます。別の列見出しをクリックして、並べ替え基準を変更したり、並べ替え順序を切り替えたりします。

Modify list sorting

設定を変更する

リスト ページで、右上の[設定]ボタンをクリックして、SQL ステートメント機能の設定を変更します。

Settings entry

[**設定]**ボタンをクリックすると、次の設定ダイアログ ボックスが表示されます。

Settings

設定ページでは、SQL ステートメント機能を無効または有効にすることができます。 SQL ステートメント機能が有効になっている場合、次の設定を変更できます。

  • 収集間隔: 各 SQL ステートメント分析の期間の長さで、デフォルトでは 30 分です。 SQL ステートメント機能は、一定期間内のすべての SQL ステートメントを要約してカウントします。期間が長すぎると、要約の粒度が粗くなり、問題を特定するのに適していません。期間が短すぎると、統計の粒度が細かくなり、問題を特定するのに適していますが、同じデータ保持期間内でより多くのレコードとより多くのメモリ使用量が発生します。したがって、実際の状況に基づいてこの値を調整し、問題を特定するときにこの値を適切に下げる必要があります。
  • データ保持期間: 概要情報の保持期間。既定では 1 日です。この期間より長く保持されたデータは、システム テーブルから削除されます。

詳細はステートメント要約テーブルの構成を参照してください。

ノート:

  • ステートメント システム テーブルはメモリにのみ格納されるため、SQL ステートメント機能を無効にすると、システム テーブル内のデータは消去されます。

  • Collect intervalretain durationの値はメモリ使用量に影響するため、実際の状況に応じてこれらの値を調整することをお勧めします。値retain durationを大きくしすぎないようにしてください。

エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.