Binlog Consumer Clientユーザー ガイド

Binlog Consumer Clientは、Kafka から TiDB のセカンダリ binlog データを消費し、特定の形式でデータを出力するために使用されます。現在、 Drainerは、MySQL、TiDB、ファイル、Kafka など、複数の種類のダウン ストリーミングをサポートしています。ただし、Elasticsearch や Hive など、他の形式にデータを出力するための要件をユーザーがカスタマイズしている場合があるため、この機能が導入されています。

Drainerの構成

Drainerの構成ファイルを変更し、データを Kafka に出力するように設定します。

[syncer]
db-type = "kafka"

[syncer.to]
# the Kafka address
kafka-addrs = "127.0.0.1:9092"
# the Kafka version
kafka-version = "0.8.2.0"

カスタマイズ開発

データ形式

まず、 Drainerによって Kafka に出力されるデータの形式情報を取得する必要があります。

// `Column` stores the column data in the corresponding variable based on the data type.
message Column {
  // Indicates whether the data is null
  optional bool is_null = 1 [ default = false ];
  // Stores `int` data
  optional int64 int64_value = 2;
  // Stores `uint`, `enum`, and `set` data
  optional uint64 uint64_value = 3;
  // Stores `float` and `double` data
  optional double double_value = 4;
  // Stores `bit`, `blob`, `binary` and `json` data
  optional bytes bytes_value = 5;
  // Stores `date`, `time`, `decimal`, `text`, `char` data
  optional string string_value = 6;
}

// `ColumnInfo` stores the column information, including the column name, type, and whether it is the primary key.
message ColumnInfo {
  optional string name = 1 [ (gogoproto.nullable) = false ];
  // the lower case column field type in MySQL
  // https://dev.mysql.com/doc/refman/8.0/en/data-types.html
  // for the `numeric` type: int bigint smallint tinyint float double decimal bit
  // for the `string` type: text longtext mediumtext char tinytext varchar
  // blob longblob mediumblob binary tinyblob varbinary
  // enum set
  // for the `json` type: json
  optional string mysql_type = 2 [ (gogoproto.nullable) = false ];
  optional bool is_primary_key = 3 [ (gogoproto.nullable) = false ];
}

// `Row` stores the actual data of a row.
message Row { repeated Column columns = 1; }

// `MutationType` indicates the DML type.
enum MutationType {
  Insert = 0;
  Update = 1;
  Delete = 2;
}

// `Table` contains mutations in a table.
message Table {
  optional string schema_name = 1;
  optional string table_name = 2;
  repeated ColumnInfo column_info = 3;
  repeated TableMutation mutations = 4;
}

// `TableMutation` stores mutations of a row.
message TableMutation {
  required MutationType type = 1;
  // data after modification
  required Row row = 2;
  // data before modification. It only takes effect for `Update MutationType`.
  optional Row change_row = 3;
}

// `DMLData` stores all the mutations caused by DML in a transaction.
message DMLData {
  // `tables` contains all the table changes in the transaction.
  repeated Table tables = 1;
}

// `DDLData` stores the DDL information.
message DDLData {
  // the database used currently
  optional string schema_name = 1;
  // the relates table
  optional string table_name = 2;
  // `ddl_query` is the original DDL statement query.
  optional bytes ddl_query = 3;
}

// `BinlogType` indicates the binlog type, including DML and DDL.
enum BinlogType {
  DML = 0; //  Has `dml_data`
  DDL = 1; //  Has `ddl_query`
}

// `Binlog` stores all the changes in a transaction. Kafka stores the serialized result of the structure data.
message Binlog {
  optional BinlogType type = 1 [ (gogoproto.nullable) = false ];
  optional int64 commit_ts = 2 [ (gogoproto.nullable) = false ];
  optional DMLData dml_data = 3;
  optional DDLData ddl_data = 4;
}

データ形式の定義については、 secondary_binlog.protoを参照してください。

Driver

TiDB ツールプロジェクトは、Kafka で binlog データを読み取るために使用されるDriverを提供します。次の機能があります。

  • Kafka データを読み取ります。
  • commit tsに基づいて、Kafka に保存されている binlog を見つけます。

Driverを使用する場合は、次の情報を構成する必要があります。

  • KafkaAddr : Kafka クラスターのアドレス
  • CommitTS : バイナリログの読み取りを開始するcommit tsから
  • Offset : Kafka offsetがデータの読み取りを開始する場所。 CommitTSが設定されている場合、このパラメーターを構成する必要はありません。
  • ClusterID : TiDB クラスターのクラスター ID
  • Topic : Kafka のトピック名。 Topic が空の場合は、 Drainer <ClusterID>_obinlogのデフォルト名を使用します。

パッケージ内のDriverコードを引用してDriverを使用し、 Driverが提供するサンプル コードを参照して、 Driverの使用方法と binlog データの解析方法を学習できます。

現在、2 つの例が提供されています。

  • Driverを使用してデータを MySQL に複製します。この例は、バイナリログを SQL に変換する方法を示しています
  • Driverを使ってデータを印刷する

ノート:

  • サンプル コードは、 Driverの使用方法のみを示しています。運用環境でDriverを使用する場合は、コードを最適化する必要があります。
  • 現在、Golang バージョンのDriverとサンプル コードのみが利用可能です。他の言語を使用する場合は、binlog proto ファイルに基づいて対応する言語でコード ファイルを生成し、Kafka で binlog データを読み取り、データを解析し、データを下流に出力するアプリケーションを開発する必要があります。サンプル コードを最適化し、他の言語のサンプル コードをTiDB ツールに提出することも歓迎します。
エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.