AS OF TIMESTAMP句を使用した履歴データの読み取り

このドキュメントでは、 AS OF TIMESTAMP句を使用してステイル読み取りの機能を実行し、TiDB の履歴データを読み取る方法について説明します。これには、具体的な使用例と履歴データを保存するための戦略が含まれます。

TiDB は、特別なクライアントやドライバーを必要とせずに、 AS OF TIMESTAMPの SQL 句である標準 SQL インターフェイスを介した履歴データの読み取りをサポートしています。データが更新または削除された後、この SQL インターフェースを使用して、更新または削除前の履歴データを読み取ることができます。

ノート:

履歴データを読み取る場合、TiDB は、現在のテーブル構造が異なっていても、古いテーブル構造のデータを返します。

構文

AS OF TIMESTAMP句は、次の 3 つの方法で使用できます。

正確な時点を指定する場合は、datetime 値を設定するか、 AS OF TIMESTAMP句で時間関数を使用できます。 datetime の形式は "2016-10-08 16:45:26.999" のようなもので、ミリ秒が最小の時間単位ですが、ほとんどの場合、"2016" のように日時を指定するには秒の時間単位で十分です。 -10-08 16:45:26".関数NOW(3)を使用して、現在の時刻をミリ秒単位で取得することもできます。数秒前のデータを読み込みたい場合は、 NOW() - INTERVAL 10 SECONDなどの式を使用することをお勧めします。

時間範囲を指定する場合は、句でTIDB_BOUNDED_STALENESS()関数を使用できます。この関数を使用すると、TiDB は指定された時間範囲内で適切なタイムスタンプを選択します。 「適切」とは、このタイムスタンプより前に開始され、アクセスされたレプリカでコミットされていないトランザクションがないことを意味します。つまり、TiDB はアクセスされたレプリカで読み取り操作を実行でき、読み取り操作はブロックされません。この関数を呼び出すには、 TIDB_BOUNDED_STALENESS(t1, t2)を使用する必要があります。 t1t2は時間範囲の両端であり、datetime 値または time 関数を使用して指定できます。

AS OF TIMESTAMP句の例を次に示します。

  • AS OF TIMESTAMP '2016-10-08 16:45:26' : 2016 年 10 月 8 日の 16:45:26 に格納された最新のデータを読み取るように TiDB に指示します。
  • AS OF TIMESTAMP NOW() - INTERVAL 10 SECOND : TiDB に、10 秒前に保存された最新のデータを読み取るように指示します。
  • AS OF TIMESTAMP TIDB_BOUNDED_STALENESS('2016-10-08 16:45:26', '2016-10-08 16:45:29') : TiDB に、2016 年 10 月 8 日の 16:45:26 から 16:45:29 の時間範囲内で可能な限り新しいデータを読み取るように指示します。
  • AS OF TIMESTAMP TIDB_BOUNDED_STALENESS(NOW() - INTERVAL 20 SECOND, NOW()) : TiDB に、20 秒前から現在までの時間範囲内で可能な限り新しいデータを読み取るように指示します。

ノート:

タイムスタンプの指定に加えて、 AS OF TIMESTAMP句の最も一般的な用途は、数秒前のデータを読み取ることです。このアプローチを使用する場合は、5 秒より古い履歴データを読み取ることをお勧めします。

Stale ステイル読み取りを使用する場合は、TiDB および PD ノードに NTP サービスをデプロイする必要があります。これにより、TiDB によって使用される指定されたタイムスタンプが、最新の TSO 割り当ての進行状況よりも進んでいる (タイムスタンプが数秒進んでいるなど)、または GC セーフ ポイントのタイムスタンプよりも遅れているという状況が回避されます。指定されたタイムスタンプがサービス範囲を超えると、TiDB はエラーを返します。

使用例

このセクションでは、いくつかの例を使用してAS OF TIMESTAMP句を使用するさまざまな方法について説明します。最初にリカバリ用のデータを準備する方法を紹介し、次にAS OF TIMESTAMP in SELECTSTART TRANSACTION READ ONLY AS OF TIMESTAMP 、およびSET TRANSACTION READ ONLY AS OF TIMESTAMPをそれぞれ使用する方法を示します。

データサンプルの準備

リカバリ用のデータを準備するには、最初にテーブルを作成し、いくつかのデータ行を挿入します。

create table t (c int);
Query OK, 0 rows affected (0.01 sec)
insert into t values (1), (2), (3);
Query OK, 3 rows affected (0.00 sec)

テーブル内のデータをビューします。

select * from t;
+------+
| c    |
+------+
|    1 |
|    2 |
|    3 |
+------+
3 rows in set (0.00 sec)

現在の時刻をビューする:

select now();
+---------------------+
| now()               |
+---------------------+
| 2021-05-26 16:45:26 |
+---------------------+
1 row in set (0.00 sec)

データを連続して更新します。

update t set c=22 where c=2;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

行のデータが更新されたことを確認します。

select * from t;
+------+
| c    |
+------+
|    1 |
|   22 |
|    3 |
+------+
3 rows in set (0.00 sec)

SELECTステートメントを使用して履歴データを読み取る

SELECT ... FROM ... AS OF TIMESTAMPステートメントを使用して、過去の時点からデータを読み取ることができます。

select * from t as of timestamp '2021-05-26 16:45:26';
+------+
| c    |
+------+
|    1 |
|    2 |
|    3 |
+------+
3 rows in set (0.00 sec)

ノート:

1 つのSELECTステートメントを使用して複数のテーブルを読み取る場合、TIMESTAMP EXPRESSION の形式が一貫していることを確認する必要があります。たとえば、 select * from t as of timestamp NOW() - INTERVAL 2 SECOND, c as of timestamp NOW() - INTERVAL 2 SECOND;です。さらに、 SELECTステートメントで関連テーブルのAS OF情報を指定する必要があります。それ以外の場合、 SELECTステートメントはデフォルトで最新のデータを読み取ります。

START TRANSACTION READ ONLY AS OF TIMESTAMPステートメントを使用して履歴データを読み取る

START TRANSACTION READ ONLY AS OF TIMESTAMPステートメントを使用して、過去の時点に基づいて読み取り専用トランザクションを開始できます。トランザクションは、指定された時間の履歴データを読み取ります。

start transaction read only as of timestamp '2021-05-26 16:45:26';
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
select * from t;
+------+
| c    |
+------+
|    1 |
|    2 |
|    3 |
+------+
3 rows in set (0.00 sec)
commit;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

トランザクションがコミットされると、最新のデータを読み取ることができます。

select * from t;
+------+
| c    |
+------+
|    1 |
|   22 |
|    3 |
+------+
3 rows in set (0.00 sec)

ノート:

ステートメントSTART TRANSACTION READ ONLY AS OF TIMESTAMPでトランザクションを開始すると、読み取り専用トランザクションになります。このトランザクションでは、書き込み操作は拒否されます。

SET TRANSACTION READ ONLY AS OF TIMESTAMPステートメントを使用して履歴データを読み取る

SET TRANSACTION READ ONLY AS OF TIMESTAMPステートメントを使用して、過去の指定された時点に基づいて、次のトランザクションを読み取り専用トランザクションとして設定できます。トランザクションは、指定された時間の履歴データを読み取ります。

set transaction read only as of timestamp '2021-05-26 16:45:26';
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
begin;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
select * from t;
+------+
| c    |
+------+
|    1 |
|    2 |
|    3 |
+------+
3 rows in set (0.00 sec)
commit;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

トランザクションがコミットされると、最新のデータを読み取ることができます。

select * from t;
+------+
| c    |
+------+
|    1 |
|   22 |
|    3 |
+------+
3 rows in set (0.00 sec)

ノート:

ステートメントSET TRANSACTION READ ONLY AS OF TIMESTAMPでトランザクションを開始すると、読み取り専用トランザクションになります。このトランザクションでは、書き込み操作は拒否されます。

エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.