プライベート ミラーの作成

プライベート クラウドを作成する場合、通常、TiUP の公式ミラーにアクセスできない分離されたネットワーク環境を使用する必要があります。したがって、主にmirrorコマンドで実装されるプライベート ミラーを作成できます。 mirrorコマンドを使用してオフラインで展開することもできます。プライベート ミラーを使用すると、自分でビルドしてパッケージ化したコンポーネントを使用することもできます。

TiUP mirrorの概要

次のコマンドを実行して、 mirrorコマンドのヘルプ情報を取得します。

tiup mirror --help
The `mirror` command is used to manage a component repository for TiUP, you can use it to create a private repository, or to add new component to an existing repository. The repository can be used either online or offline. It also provides some useful utilities to help manage keys, users, and versions of components or the repository itself. Usage: tiup mirror <command> [flags] Available Commands: init Initialize an empty repository sign Add signatures to a manifest file genkey Generate a new key pair clone Clone a local mirror from a remote mirror and download all selected components merge Merge two or more offline mirrors publish Publish a component show Show the mirror address set Set mirror address modify Modify published component renew Renew the manifest of a published component. grant grant a new owner rotate Rotate root.json Global Flags: --help Help for this command --skip-version-check Skip the strict version check, by default a version must be a valid SemVer string Use "tiup mirror [command] --help" for more information about a command.

ミラーのクローンを作成する

tiup mirror cloneコマンドを実行して、ローカル ミラーを構築できます。

tiup mirror clone <target-dir> [global-version] [flags]
  • target-dir : 複製されたデータが格納されるディレクトリを指定するために使用されます。
  • global-version : すべてのコンポーネントのグローバル バージョンをすばやく設定するために使用されます。

tiup mirror cloneコマンドは、多くのオプションのフラグを提供します (将来さらに追加される可能性があります)。これらのフラグは、使用目的に応じて次のカテゴリに分類できます。

  • クローン作成時にバージョンを一致させるためにプレフィックス マッチングを使用するかどうかを決定します

    --prefixフラグが指定されている場合、バージョン番号はクローンのプレフィックスによって照合されます。たとえば、「v5.0.0」と--prefixを指定すると、「v5.0.0-rc」と「v5.0.0」が一致します。

  • 完全クローンを使用するかどうかを決定します

    --fullフラグを指定すると、公式ミラーを完全に複製できます。

    ノート:

    --fullglobal-versionフラグ、およびコンポーネントのバージョンが指定されていない場合、一部のメタ情報のみが複製されます。

  • 特定のプラットフォームからパッケージを複製するかどうかを決定します

    特定のプラットフォーム用にのみパッケージを複製する場合は、 -os-archを使用してプラットフォームを指定します。例えば:

    • tiup mirror clone <target-dir> [global-version] --os=linuxコマンドを実行して Linux のクローンを作成します。
    • tiup mirror clone <target-dir> [global-version] --arch=amd64コマンドを実行して、amd64 のクローンを作成します。
    • tiup mirror clone <target-dir> [global-version] --os=linux --arch=amd64コマンドを実行して linux/amd64 のクローンを作成します。
  • パッケージの特定のバージョンを複製するかどうかを決定します

    コンポーネントの (すべてのバージョンではなく) 1 つのバージョンのみを複製する場合は、 --<component>=<version>を使用してこのバージョンを指定します。例えば:

    • tiup mirror clone <target-dir> --tidb v6.1.2コマンドを実行して、TiDB コンポーネントの v6.1.2 バージョンを複製します。
    • tiup mirror clone <target-dir> --tidb v6.1.2 --tikv allコマンドを実行して、TiDB コンポーネントの v6.1.2 バージョンと TiKV コンポーネントのすべてのバージョンを複製します。
    • tiup mirror clone <target-dir> v6.1.2コマンドを実行して、クラスター内のすべてのコンポーネントの v6.1.2 バージョンを複製します。

複製後、署名鍵が自動的に設定されます。

プライベート リポジトリを管理する

SCP、NFS を介してファイルを共有するか、HTTP または HTTPS プロトコルを介してリポジトリを利用できるようにすることで、ホスト間でtiup mirror cloneを使用して複製されたリポジトリを共有できます。 tiup mirror set <location>を使用して、リポジトリの場所を指定します。

tiup mirror set /shared_data/tiup
tiup mirror set https://tiup-mirror.example.com/

ノート:

tiup mirror cloneを実行するマシンでtiup mirror set...を実行すると、次にtiup mirror clone...を実行すると、マシンはリモート ミラーではなくローカル ミラーからクローンを作成します。したがって、プライベート ミラーを更新する前に、 tiup mirror set --resetを実行してミラーをリセットする必要があります。

ミラーを使用する別の方法は、 TIUP_MIRRORS環境変数を使用することです。プライベート リポジトリでtiup listを実行する例を次に示します。

export TIUP_MIRRORS=/shared_data/tiup tiup list

TIUP_MIRRORS設定は、ミラー構成を永続的に変更できます (例: tiup mirror set )。詳細については、 ティアップ号 #651を参照してください。

プライベート リポジトリを更新する

同じtarget-dirtiup mirror cloneコマンドを再度実行すると、マシンは新しいマニフェストを作成し、利用可能なコンポーネントの最新バージョンをダウンロードします。

ノート:

マニフェストを再作成する前に、すべてのコンポーネントとバージョン (以前にダウンロードしたものを含む) が含まれていることを確認してください。

カスタム リポジトリ

自分で構築した TiDB、TiKV、PD などの TiDB コンポーネントを操作するカスタム リポジトリを作成できます。独自の tiup コンポーネントを作成することもできます。

独自のコンポーネントを作成するには、 tiup packageコマンドを実行し、 コンポーネントのパッケージの指示に従って実行します。

カスタム リポジトリを作成する

/data/mirrorで空のリポジトリを作成するには:

tiup mirror init /data/mirror

リポジトリ作成の一環として、キーは/data/mirror/keysに書き込まれます。

~/.tiup/keys/private.jsonで新しい秘密鍵を作成するには:

tiup mirror genkey

/data/mirrorの秘密鍵~/.tiup/keys/private.json所有権でjdoeを付与します。

tiup mirror set /data/mirror tiup mirror grant jdoe

カスタム コンポーネントの操作

  1. hello というカスタム コンポーネントを作成します。

    $ cat > hello.c << END > #include <stdio.h> int main() { printf("hello\n"); return (0); } END $ gcc hello.c -o hello $ tiup package hello --entry hello --name hello --release v0.0.1

    package/hello-v0.0.1-linux-amd64.tar.gzが作成されます。

  2. リポジトリと秘密鍵を作成し、リポジトリに所有権を付与します。

    $ tiup mirror init /tmp/m $ tiup mirror genkey $ tiup mirror set /tmp/m $ tiup mirror grant $USER
    tiup mirror publish hello v0.0.1 package/hello-v0.0.1-linux-amd64.tar.gz hello
  3. コンポーネントを実行します。まだインストールされていない場合は、最初にダウンロードされます。

    $ tiup hello
    The component `hello` version is not installed; downloading from repository. Starting component `hello`: /home/dvaneeden/.tiup/components/hello/v0.0.1/hello hello

    tiup mirror mergeを使用すると、カスタム コンポーネントを含むリポジトリを別のリポジトリにマージできます。これは、 /data/my_custom_componentsのすべてのコンポーネントが現在の$USERによって署名されていることを前提としています。

    $ tiup mirror set /data/my_mirror $ tiup mirror grant $USER $ tiup mirror merge /data/my_custom_components

このページは役に立ちましたか?

Playground
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Cloud
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.