重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

tiup cluster reload

クラスタ構成の変更の後、設定を有効にするには、 tiup cluster reloadコマンドを使用してクラスタをリロードする必要があります。このコマンドは、制御マシンの構成をサービスが実行されているリモートマシンに公開し、アップグレードプロセスに従って、アップグレードプロセスに従ってサービスを再起動します。クラスタは、再起動プロセス中も引き続き使用できます。

構文

tiup cluster reload <cluster-name> [flags]

<cluster-name> :操作するクラスタ名。

オプション

- 力

  • リロードプロセスのエラーを無視し、強制的にリロードします。
  • データ型: BOOLEAN
  • デフォルト:false

--転送タイムアウト

  • PDまたはTiKVを再起動する場合、再起動したノードのリーダーが最初に他のノードに移行され、移行プロセスに時間がかかります。 -transfer-timeoutを設定すると、最大待機時間(秒単位)を設定できます。タイムアウト後、サービスは待機せずに直接再開できます。
  • データ型: UINT
  • デフォルト:300

ノート:

待機をスキップして直接再起動した場合、サービスのパフォーマンスが低下する可能性があります。

--ignore-config-check

  • コンポーネントのバイナリファイルが展開された後、TiDB、TiKV、およびPDコンポーネントの構成が<binary> --config-check <config-file>を使用してチェックされます。 <binary>は、デプロイされたバイナリファイルのパスです。 <config-file>は、ユーザー構成に基づいて生成された構成ファイルです。このチェックをスキップする場合は、このオプションを使用できます。
  • データ型: BOOLEAN
  • デフォルト:false

-N、-node

  • 再起動するノードを指定します。指定しない場合、すべてのノードが再起動されます。このオプションの値は、ノードIDのコンマ区切りのリストです。ノードIDは、 tiup cluster displayコマンドによって返されるクラスタステータステーブルの最初の列から取得できます。
  • データ型: STRINGS
  • コマンドでこのオプションが指定されていない場合、デフォルトですべてのノードが選択されます。

ノート:

  • -R, --roleオプションを同時に指定すると、 -N, --node-R, --roleの両方の仕様に一致するサービスノードのみが再始動されます。
  • --skip-restartオプションが指定されている場合、 -N, --nodeオプションは無効です。

-R、-role

  • 再起動するロールを指定します。指定しない場合、すべての役割が再開されます。このオプションの値は、ノードの役割のコンマ区切りのリストです。役割は、 クラスタステータステーブルの2番目の列です。
  • データ型: STRINGS
  • このオプションがコマンドで指定されていない場合、デフォルトですべての役割が選択されます。

ノート:

  1. -N, --nodeオプションを同時に指定すると、 -N, --node-R, --roleの両方の仕様に一致するサービスノードのみが再始動されます。
  2. --skip-restartオプションが指定されている場合、 -R, --roleオプションは無効です。

--スキップ-再起動

tiup cluster reloadコマンドは、次の2つの操作を実行します。

  • すべてのノード構成を更新します
  • 指定されたノードを再起動します

--skip-restartオプションを指定すると、ノードを再起動せずに構成が更新されるだけなので、更新された構成は適用されず、対応するサービスが次に再起動されるまで有効になりません。

  • データ型: BOOLEAN
  • デフォルト:false

-h、-help

  • ヘルプ情報を出力します。
  • データ型: BOOLEAN
  • デフォルト:false

出力

tiup-clusterの実行ログ。

<<前のページに戻る-TiUPクラスターコマンドリスト