tiup cluster edit-config

クラスタのデプロイ後にクラスタ構成を変更する必要がある場合は、エディターを起動するtiup cluster edit-configコマンドを使用して、クラスタのトポロジーファイルを変更できます。このエディターは、デフォルトで$EDITOR環境変数で指定されています。 $EDITOR環境変数が存在しない場合は、 viエディターが使用されます。

ノート:

  • 構成を変更する場合、マシンを追加または削除することはできません。マシンの追加方法については、 クラスタをスケールアウトするを参照してください。マシンを削除する方法については、 クラスタでのスケーリングを参照してください。
  • tiup cluster edit-configコマンドを実行すると、制御マシンでのみ構成が変更されます。次に、 tiup cluster reloadコマンドを実行して構成を再ロードする必要があります。

構文

tiup cluster edit-config <cluster-name> [flags]

<cluster-name>は操作するクラスタです。

オプション

-h、-help

  • ヘルプ情報を出力します。
  • データ型: BOOLEAN
  • このオプションはデフォルトで無効になっており、デフォルト値はfalseです。このオプションを有効にするには、このオプションをコマンドに追加して、 trueの値を渡すか、値を渡さないようにします。

出力

  • コマンドが正常に実行された場合、出力はありません。
  • 変更できないフィールドを誤って変更した場合、ファイルを保存するとエラーが報告され、ファイルを再度編集するように通知されます。変更できないフィールドについては、 トポロジーファイルを参照してください。

<<前のページに戻る-TiUPクラスターコマンドリスト

エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.