重要

古いバージョンの TiDB データベース (TiDB {{ curdocVersion }}) のドキュメントを表示しています。

TiDBデータベースの最新の安定バージョンを使用することをお勧めします。
重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

tiup mirror clone

コマンドtiup mirror cloneは、既存のミラーのクローンを作成するか、そのコンポーネントの一部をクローンして新しいミラーを作成するために使用されます。新しいミラーには古いミラーと同じコンポーネントがありますが、異なる署名キーを使用します。

構文

tiup mirror clone <target-dir> [global version] [flags]
  • <target-dir>は、複製されたミラーへのローカルパスを設定するために使用されます。パスが存在しない場合、TiUPは自動的にパスを作成します。
  • [global version]が指定されている場合、TiUPは指定されたバージョンのすべてのコンポーネントのクローンを作成しようとします。一部のコンポーネントに指定されたバージョンがない場合、TiUPは最新バージョンを複製します。

オプション

-f、-full

  • ミラー全体のクローンを作成するかどうか。このオプションが設定されている場合、他のオプションは無視され、TiUPはターゲットミラーからすべてのバージョンのすべてのコンポーネントを完全に複製します。
  • データ型: BOOLEAN
  • このオプションはデフォルトで無効になっており、デフォルト値はfalseです。このオプションを有効にするには、このオプションをコマンドに追加して、 trueの値を渡すか、値を渡さないようにします。

-a、-arch

  • 指定されたプラットフォームで実行できるコンポーネントのみを複製します。
  • データ型: STRING
  • デフォルト:「amd64、arm64」

-o、-os

  • 指定されたオペレーティングシステムで実行できるコンポーネントのみを複製します。
  • データ型: STRING
  • デフォルト:「linux、darwin」

--プレフィックス

  • バージョンのプレフィックスのみに一致するかどうか。デフォルトでは、TiUPは、厳密に一致する場合にコンポーネントバージョンをダウンロードします。このオプションが設定されている場合、TiUPはプレフィックスが一致するコンポーネントバージョンもダウンロードします。
  • データ型: BOOLEAN
  • このオプションはデフォルトで無効になっており、デフォルト値はfalseです。このオプションを有効にするには、このオプションをコマンドに追加して、 trueの値を渡すか、値を渡さないようにします。

- {成分}

  • 複製するコンポーネントのバージョンリストを指定します。コンポーネント名を{component}に入力します。 tiup list --allを実行して、使用可能なコンポーネント名を表示できます。
  • データ型:文字列
  • デフォルト:Null

<<前のページに戻る-TiUPミラーコマンドリスト