重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiSpark展開トポロジ

警告

TiUPクラスタでのTiSparkのサポートは、まだ実験的機能です。実稼働環境での使用はお勧めしません

このドキュメントでは、TiSparkの展開トポロジと、最小クラスタトポロジに基づいてTiSparkを展開する方法を紹介します。

TiSparkは、TiDB /TiKV上でApacheSparkを実行して、複雑なOLAPクエリに応答するために構築されたコンポーネントです。 Sparkプラットフォームと分散TiKVクラスタの両方のメリットをTiDBにもたらし、TiDBをオンライントランザクションと分析の両方のワンストップソリューションにします。

TiSparkアーキテクチャとその使用方法の詳細については、 TiSparkユーザーガイドを参照してください。

トポロジー情報

実例カウント物理マシン構成IPConfiguration / コンフィグレーション
TiDB316 VCore 32GB * 110.0.1.1
10.0.1.2
10.0.1.3
デフォルトのポート
グローバルディレクトリ構成
PD34 VCore 8GB * 110.0.1.4
10.0.1.5
10.0.1.6
デフォルトのポート
グローバルディレクトリ構成
TiKV316 VCore 32GB 2TB(nvme ssd)* 110.0.1.7
10.0.1.8
10.0.1.9
デフォルトのポート
グローバルディレクトリ構成
TiSpark38 VCore 16GB * 110.0.1.21(マスター)
10.0.1.22(労働者)
10.0.1.23(労働者)
デフォルトのポート
グローバルディレクトリ構成
モニタリングとGrafana14 VCore 8GB * 1 500GB(ssd)10.0.1.11デフォルトのポート
グローバルディレクトリ構成

トポロジテンプレート

上記のTiDBクラスタトポロジファイルの構成項目の詳細については、 TiUPを使用してTiDBを展開するためのトポロジConfiguration / コンフィグレーションファイルを参照してください。

ノート:

  • 構成ファイルにtidb人のユーザーを手動で作成する必要はありません。 TiUPクラスタコンポーネントは、ターゲットマシン上にtidbのユーザーを自動的に作成します。ユーザーをカスタマイズすることも、ユーザーを制御マシンとの一貫性を保つこともできます。
  • 展開ディレクトリを相対パスとして構成すると、クラスタはユーザーのホームディレクトリに展開されます。

前提条件

TiSparkはApacheSparkクラスタに基づいているため、TiSparkを含むTiDBクラスタを起動する前に、TiSparkをデプロイするサーバーにJavaランタイム環境(JRE)8がインストールされていることを確認する必要があります。そうしないと、TiSparkを開始できません。

TiUPは、JREの自動インストールをサポートしていません。自分でインストールする必要があります。インストール手順の詳細については、 ビルド済みのOpenJDKパッケージをダウンロードしてインストールする方法を参照してください。

JRE 8がすでにデプロイメント・サーバーにインストールされているが、システムのデフォルトのパッケージ管理ツールのパスにない場合は、トポロジー構成でjava_homeパラメーターを設定することにより、使用するJRE環境のパスを指定できます。このパラメーターは、 JAVA_HOMEのシステム環境変数に対応します。