重要

古いバージョンの TiDB データベース (TiDB {{ curdocVersion }}) のドキュメントを表示しています。

TiDBデータベースの最新の安定バージョンを使用することをお勧めします。
重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB3.1.0GAリリースノート

発売日:2020年4月16日

TiDBバージョン:3.1.0 GA

TiDB Ansibleバージョン:3.1.0 GA

互換性の変更

  • TiDB

    • report-status構成項目が有効になっているときにHTTPリスニングポートが使用できない場合にTiDBの起動を直接停止することをサポートします#16291
  • ツール

    • バックアップと復元(BR)

      • BRは、3.1GA1より前の#233クラスタからのデータの復元をサポートしていません。

新機能

  • TiDB

    • #16125でのコプロセッサータスクの情報の表示をサポートしexplain format = "dot"
    • disable-error-stack構成項目#16182を使用して、ログの冗長スタック情報を削減します。
  • 配置ドライバー(PD)

    • ホットリージョンのスケジューリングを最適化する#2342
  • TiFlash

    • DeltaTreeエンジンの読み取りおよび書き込みワークロードに関連するメトリックレポートを追加します
    • fromUnixTimedateFormatの機能のプッシュダウンをサポート
    • ラフ集合フィルターをデフォルトで無効にします
  • TiDB Ansible

バグの修正

  • TiDB

    • 一部のシナリオでのマージ結合操作によって引き起こされるパニックの問題を修正します#15920
    • 選択性の計算で一部の式が繰り返しカウントされる問題を修正#16052
    • 極端な場合に統計情報をロードするときに発生したパニックの問題を修正します#15710
    • SQLクエリ#16015で同等の式を認識できない場合にエラーが返される問題を修正します
    • あるデータベースのviewつを別のデータベースからクエリするとエラーが返される問題を修正します#15867
    • 列が#16080を使用して処理されるときに発生するパニックの問題を修正しfast analyze
    • current_role印刷結果#16084の誤った文字セットを修正します
    • MySQL接続ハンドシェイクエラー#15799のログを調整します
    • 監査プラグインがロードされた後のポートプロービングによって引き起こされるパニックの問題を修正します#16065
    • TypeNullクラスが可変長タイプ#15739と間違えられるため、左結合のsort演算子のパニックの問題を修正します。
    • 監視セッションの再試行エラーのカウントが不正確になる問題を修正します#16120
    • ALLOW_INVALID_DATESモード#16171weekdayの誤った結果の問題を修正します
    • クラスタにTiFlashノードがある場合にガベージコレクション(GC)が正常に機能しない可能性がある問題を修正します#15761
    • ハッシュパーティションテーブル#16219を作成するときに、ユーザーが大きなパーティションカウントを設定すると、TiDBがメモリ(OOM)を使い果たす問題を修正します。
    • 警告がエラーと誤解される問題を修正し、 UNIONステートメントがSELECTステートメントと同じ動作をするようにします#16138
    • TopNがmocktikv3にプッシュダウンされたときの実行エラーを修正し#16200
    • runtime.growslice #16142の不要なオーバーヘッドを回避するために、初期長をchunk.column.nullBitMapに増やします。
  • TiKV

    • レプリカ読み取りによって引き起こされるパニックの問題を修正し#7369 #7418
    • 復元プロセスで空のリージョンが作成される問題を修正します#7419
    • ロック要求の解決を繰り返すと、悲観的なトランザクションのアトミック性が損なわれる可能性があるという問題を修正します#7389
  • TiFlash

    • TiDBからスキーマを複製するときのrename table操作の潜在的な問題を修正します
    • 複数のデータパス構成でのrename tableの操作によって引き起こされるデータ損失の問題を修正します
    • 一部のシナリオでTiFlashが誤ったストレージスペースを報告する問題を修正します
    • リージョンマージが有効になっているときにTiFlashから読み取ることによって引き起こされる潜在的な問題を修正します
  • ツール

    • TiDB Binlog

      • TiFlash関連のDDLジョブが#948のレプリケーションを中断する可能性がある問題を修正し#942
    • バックアップと復元(BR)

      • checksum操作が無効になっても実行される問題を修正します#223
      • alter-pkauto-randomまたは#231を有効にすると増分バックアップが失敗する問題を修正し#230