重要

古いバージョンの TiDB データベース (TiDB {{ curdocVersion }}) のドキュメントを表示しています。

TiDBデータベースの最新の安定バージョンを使用することをお勧めします。
重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB2.1.13リリースノート

発売日:2019年6月21日

TiDBバージョン:2.1.13

TiDB Ansibleバージョン:2.1.13

TiDB

  • ホットスポットの問題を軽減するために、列にAUTO_INCREMENT属性が含まれている場合に、 SHARD_ROW_ID_BITSを使用して行IDを分散する機能を追加します#10788
  • 無効なDDLメタデータの存続期間を最適化して、TiDBクラスタのアップグレード後のDDL操作の通常の実行の回復を高速化します#10789
  • execdetails.ExecDetailsポインター#10833が原因で、コプロセッサー・リソースを迅速に解放できなかったために発生した、同時発生率の高いシナリオでのOOMの問題を修正します。
  • update-statsの構成項目を追加して、統計を更新するかどうかを制御します#10772
  • ホットスポットの問題を解決するためにRegionpresplitをサポートするには、次のTiDB固有の構文を追加します。
  • PRE_SPLIT_REGIONSテーブルオプション#10863を追加します
  • SPLIT TABLE table_name INDEX index_nameの構文を追加します#10865
  • SPLIT TABLE [table_name] BETWEEN (min_value...) AND (max_value...) REGIONS [region_num]の構文を追加します#10882
  • 場合によってはKILL構文によって引き起こされるパニックの問題を修正します#10879
  • MySQLとの互換性を改善するADD_DATE場合によっては#10718
  • インデックス結合#10856での内部テーブル選択の選択率の誤った推定を修正しました

TiKV

  • イテレータがステータスをチェックしないためにシステムで不完全なスナップショットが生成される問題を修正します#4940
  • block-size構成の有効性を確認する機能を追加します#4930

ツール

  • TiDB Binlog
    • データの書き込みに失敗したときにポンプが戻り値をチェックしないことによって引き起こされる誤ったオフセットの問題を修正します#640
    • コンテナ環境でブリッジモードをサポートするために、Drainerにadvertise-addrの構成を追加します#634
このページの内容