重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

地理的分散展開トポロジ

このドキュメントでは、2つの都市にある3つのデータセンター(DC)の一般的なアーキテクチャを例として取り上げ、地理的に分散された展開アーキテクチャと主要な構成を紹介します。この例で使用されている都市は、上海( shaと呼ばれる)と北京( bjabjbと呼ばれる)です。

トポロジー情報

実例カウント物理マシン構成BJ IP輸送するConfiguration / コンフィグレーション
TiDB516 VCore 32GB * 110.0.1.1
10.0.1.2
10.0.1.3
10.0.1.4
10.0.1.5デフォルトのポート
グローバルディレクトリ構成
PD54 VCore 8GB * 110.0.1.6
10.0.1.7
10.0.1.8
10.0.1.9
10.0.1.10デフォルトのポート
グローバルディレクトリ構成
TiKV516 VCore 32GB 2TB(nvme ssd)* 110.0.1.11
10.0.1.12
10.0.1.13
10.0.1.14
10.0.1.15デフォルトのポート
グローバルディレクトリ構成
モニタリングとGrafana14 VCore 8GB * 1 500GB(ssd)10.0.1.16デフォルトのポート
グローバルディレクトリ構成

トポロジテンプレート

上記のTiDBクラスタトポロジファイルの構成項目の詳細については、 TiUPを使用してTiDBを展開するためのトポロジConfiguration / コンフィグレーションファイルを参照してください。

重要なパラメータ

このセクションでは、TiDB地理分散展開の主要なパラメーター構成について説明します。

TiKVパラメータ

  • gRPC圧縮形式(デフォルトではnone ):

    地理的に分散されたターゲットノード間のgRPCパッケージの伝送速度を上げるには、このパラメーターをgzipに設定します。

    server.grpc-compression-type: gzip
    
  • ラベル構成:

    TiKVはさまざまなデータセンターに展開されているため、物理マシンがダウンすると、Raft Groupはデフォルトの5つのレプリカのうち3つを失い、クラスタが使用できなくなる可能性があります。この問題に対処するには、PDのスマートスケジューリングを有効にするようにラベルを構成できます。これにより、Raft Groupは、同じデータセンターの同じキャビネット内の同じマシン上のTiKVインスタンスに3つのレプリカを配置できなくなります。

  • TiKV構成:

    同じ物理マシンに対して、同じホストレベルのラベル情報が設定されます。

    config:
      server.labels:
        zone: bj
        dc: bja
        rack: rack1
        host: host2
    
  • リモートTiKVノードが不要なRaft選挙を開始しないようにするには、リモートTiKVノードが選挙を開始するために必要なティックの最小数と最大数を増やす必要があります。 2つのパラメータはデフォルトで0に設定されています。

    raftstore.raft-min-election-timeout-ticks: 1000
    raftstore.raft-max-election-timeout-ticks: 1020
    

PDパラメータ

  • PDメタデータ情報は、TiKVクラスタのトポロジーを記録します。 PDは、RaftGroupレプリカを次の4つのディメンションでスケジュールします。

    replication.location-labels: ["zone","dc","rack","host"]
    
  • クラスタの高可用性を確保するには、RaftGroupレプリカの数を5に調整します。

    replication.max-replicas: 5
    
  • リモートTiKVRaftレプリカがリーダーとして選出されることを禁止します。

    label-property:
          reject-leader:
            - key: "dc"
              value: "sha"
    

    ノート:

    TiDB 5.2以降、 label-property構成はデフォルトでサポートされていません。レプリカポリシーを設定するには、 配置ルールを使用します。

ラベルとRaftGroupレプリカの数の詳細については、 トポロジラベルによるレプリカのスケジュールを参照してください。

ノート:

  • 構成ファイルにtidb人のユーザーを手動で作成する必要はありません。 TiUPクラスタコンポーネントは、ターゲットマシン上にtidbのユーザーを自動的に作成します。ユーザーをカスタマイズすることも、ユーザーを制御マシンとの一貫性を保つこともできます。
  • 展開ディレクトリを相対パスとして構成すると、クラスタはユーザーのホームディレクトリに展開されます。