重要

古いバージョンの TiDB データベース (TiDB {{ curdocVersion }}) のドキュメントを表示しています。

TiDBデータベースの最新の安定バージョンを使用することをお勧めします。
重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

ソフトウェアとハードウェアの要件

TiDBデータ移行(DM)は、主流のLinuxオペレーティングシステムをサポートします。特定のバージョン要件については、次の表を参照してください。

Linux OSバージョン
Red Hat Enterprise Linux7.3以降
CentOS7.3以降
Oracle Enterprise Linux7.3以降
Ubuntu LTS16.04以降

DMは、Intelアーキテクチャサーバーおよび主流の仮想化環境に展開して実行できます。

DMは、64ビットの汎用ハードウェアサーバープラットフォーム(Intel x86-64アーキテクチャ)に展開して実行できます。開発、テスト、および実稼働環境で使用されるサーバーの場合、このセクションでは、推奨されるハードウェア構成を示します(これらには、オペレーティングシステムで使用されるリソースは含まれていません)。

開発およびテスト環境

成分CPUメモリーローカルストレージ通信網インスタンスの数(最小要件)
DMマスター4コア+8GB以上SAS、200GB以上ギガビットネットワークカード1
DMワーカー8コア+16 GB +SAS、200 GB以上(移行されたデータのサイズよりも大きい)ギガビットネットワークカードアップストリームMySQLインスタンスの数

ノート:

  • テスト環境では、機能検証に使用されるDM-masterとDM-workerを同じサーバーにデプロイできます。
  • パフォーマンステスト結果の精度への干渉を防ぐために、パフォーマンスの低いストレージおよびネットワークハードウェア構成を使用することはお勧めしません。
  • 機能のみを検証する必要がある場合は、DMマスターを単一のマシンにデプロイできます。デプロイされるDM-workerの数は、アップストリームのMySQLインスタンスの数以上である必要があります。高可用性を確保するには、より多くのDMワーカーをデプロイすることをお勧めします。
  • DM-workerは、 dumpフェーズとloadフェーズで完全なデータを保存します。したがって、DM-workerのディスク容量は、移行するデータの合計量よりも大きい必要があります。移行タスクでリレーログが有効になっている場合、DM-workerはアップストリームのbinlogデータを保存するために追加のディスクスペースを必要とします。

本番環境

成分CPUメモリーハードディスクの種類通信網インスタンスの数(最小要件)
DMマスター4コア+8GB以上SAS、200GB以上ギガビットネットワークカード3
DMワーカー16コア+32 GB +SSD、200 GB以上(移行されたデータのサイズよりも大きい)10ギガビットネットワークカードアップストリームMySQLインスタンスの数よりも多い
モニター8コア+16 GB +SAS、200GB以上ギガビットネットワークカード1

ノート:

  • 実稼働環境では、DM-masterとDM-workerを同じサーバーにデプロイして実行することはお勧めしません。これは、DM-workerがデータをディスクに書き込むときに、DM-masterの高可用性コンポーネントによるディスクの使用を妨げる可能性があるためです。 。
  • パフォーマンスの問題が発生した場合は、 DMのConfiguration / コンフィグレーションを最適化するのドキュメントに従ってタスク構成ファイルを変更することをお勧めします。構成ファイルを調整してもパフォーマンスが効果的に最適化されない場合は、サーバーのハードウェアのアップグレードを試みることができます。