重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

アラートを処理する

このドキュメントでは、DMでアラート情報を処理する方法を紹介します。

DM_master_all_down

  • 説明:

    すべてのDMマスターノードがオフラインの場合、このアラートがトリガーされます。

  • 解決:

    アラートを処理するには、次の手順を実行できます。

    1. クラスタの環境を確認してください。
    2. トラブルシューティングについては、すべてのDMマスターノードのログを確認してください。

DM_worker_offline

  • 説明:

    DMワーカーノードが1時間以上オフラインの場合、このアラートがトリガーされます。高可用性アーキテクチャでは、このアラートはタスクを直接中断しない可能性がありますが、中断のリスクが高まります。

  • 解決:

    アラートを処理するには、次の手順を実行できます。

    1. 対応するDM-workerノードの動作ステータスを表示します。
    2. ノードが接続されているか確認してください。
    3. ログを介してエラーをトラブルシューティングします。

DM_DDL_error

  • 説明:

    このエラーは、DMがシャーディングDDL操作を処理しているときに発生します。

  • 解決:

    DMのトラブルシューティングを参照してください。

DM_pending_DDL

  • 説明:

    シャーディングDDL操作が1時間以上保留されている場合、このアラートがトリガーされます。

  • 解決:

    一部のシナリオでは、保留中のシャーディングDDL操作がユーザーの期待どおりになる場合があります。それ以外の場合、解決策についてはDMでシャーディングDDLロックを手動で処理するを参照してください。

DM_task_state

  • 説明:

    DM-workerのサブタスクが20分を超えてPaused状態になると、アラートがトリガーされます。

  • 解決:

    DMのトラブルシューティングを参照してください。

DM_relay_process_exits_with_error

  • 説明:

    リレーログ処理ユニットがエラーに遭遇すると、このユニットはPaused状態に移行し、アラートが即座にトリガーされます。

  • 解決:

    DMのトラブルシューティングを参照してください。

DM_remain_storage_of_relay_log

  • 説明:

    リレーログが配置されているディスクの空き容量が10G未満の場合、アラートがトリガーされます。

  • ソリューション:

    アラートを処理するには、次の方法を使用できます。

    • 不要なデータを手動で削除して、空きディスク容量を増やします。
    • リレーログの自動データパージ戦略またはデータを手動でパージするを再構成します。
    • コマンドpause-relayを実行して、リレーログプルプロセスを一時停止します。十分な空きディスク容量ができたら、コマンドresume-relayを実行してプロセスを再開します。リレーログプルプロセスが一時停止した後、プルされていないアップストリームbinlogファイルをパージしてはならないことに注意してください。

DM_relay_log_data_corruption

  • 説明:

    リレーログ処理ユニットがアップストリームから読み取ったbinlogイベントを検証し、異常なチェックサム情報を検出すると、このユニットはPaused状態に移行し、すぐにアラートがトリガーされます。

  • 解決:

    DMのトラブルシューティングを参照してください。

DM_fail_to_read_binlog_from_master

  • 説明:

    リレーログ処理ユニットがアップストリームからbinlogイベントを読み取ろうとしたときにエラーが発生した場合、このユニットはPaused状態に移行し、すぐにアラートがトリガーされます。

  • 解決:

    DMのトラブルシューティングを参照してください。

DM_fail_to_write_relay_log

  • 説明:

    リレーログ処理ユニットがbinlogイベントをリレーログファイルに書き込もうとしたときにエラーが発生した場合、このユニットはPaused状態に移行し、すぐにアラートがトリガーされます。

  • 解決:

    DMのトラブルシューティングを参照してください。

DM_binlog_file_gap_between_master_relay

  • 説明:

    現在のアップストリームMySQL/MariaDB内のbinlogファイルの数が、リレーログ処理ユニットによってプルされた最新のbinlogファイルの数を10分間1以上超えると、アラートがトリガーされます。

  • 解決:

    DMのトラブルシューティングを参照してください。

DM_dump_process_exists_with_error

  • 説明:

    ダンプ処理装置でエラーが発生すると、本装置はPaused状態に移行し、直ちにアラートがトリガーされます。

  • 解決:

    DMのトラブルシューティングを参照してください。

DM_load_process_exists_with_error

  • 説明:

    負荷処理装置でエラーが発生すると、本装置はPaused状態に移行し、直ちにアラートがトリガーされます。

  • 解決:

    DMのトラブルシューティングを参照してください。

DM_sync_process_exists_with_error

  • 説明:

    binlogレプリケーション処理ユニットでエラーが発生すると、このユニットはPaused状態に移行し、すぐにアラートがトリガーされます。

  • 解決:

    DMのトラブルシューティングを参照してください。

DM_binlog_file_gap_between_master_syncer

  • 説明:

    現在のアップストリームMySQL/MariaDB内のbinlogファイルの数が、リレーログ処理ユニットによって処理された最新のbinlogファイルの数を10分間1以上超えると、アラートがトリガーされます。

  • 解決:

    パフォーマンスの問題を処理するを参照してください。

DM_binlog_file_gap_between_relay_syncer

  • 説明:

    現在のリレーログ処理装置内のbinlogファイルの数が、binlog複製処理装置によって処理された最新のbinlogファイルの数を10分間1以上超えると、アラートがトリガーされます。

  • 解決:

    パフォーマンスの問題を処理するを参照してください。