重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

Binlog用語集

このドキュメントには、TiDB Binlogのログ、監視、構成、およびドキュメントで使用されている用語がリストされています。

Binlog

TiDB Binlogでは、binlogはTiDBからのバイナリログデータを参照します。また、 DrainerがKafkaまたはファイルに書き込むバイナリログデータも参照します。前者と後者は異なる形式です。さらに、TiDBのbinlogとMySQLのbinlogも異なる形式になっています。

Binlogイベント

TiDBのDMLbinlogには、 INSERT 、およびDELETEUPDATE種類のイベントがあります。 Drainerの監視ダッシュボードでは、レプリケーションデータに対応するさまざまなイベントの数を確認できます。

チェックポイント

チェックポイントは、レプリケーションタスクが一時停止して再開する位置、または停止して再開する位置を示します。 Drainerがダウンストリームに複製するコミットを記録します。再起動すると、 Drainerはチェックポイントを読み取り、対応するコミットからデータの複製を開始します。

セーフモード

セーフモードとは、インクリメンタルレプリケーションタスクのテーブルスキーマに主キーまたは一意のインデックスが存在する場合に、DMLのべき等インポートをサポートするモードを指します。

このモードでは、 INSERTステートメントはREPLACEとして書き直され、 UPDATEステートメントはDELETEおよびREPLACEとして書き直されます。次に、書き直されたステートメントがダウンストリームに対して実行されます。セーフモードは、 Drainerの起動後5分以内に自動的に有効になります。構成ファイルのsafe-modeパラメーターを変更することにより、モードを手動で有効にできますが、この構成は、ダウンストリームがMySQLまたはTiDBの場合にのみ有効です。