SQL最適化プロセス

TiDB では、クエリを入力してから最終実行プランに従って実行結果を取得するまでのプロセスは次のように示されます。

SQL Optimization Process

元のクエリ テキストをparserで解析し、簡単な妥当性チェックを行った後、TiDB はまずクエリに論理的に同等の変更を加えます。詳細な変更については、 SQL 論理最適化を参照してください。

これらの等価変更により、このクエリは論理実行プランで扱いやすくなります。等価変更が行われた後、TiDB は元のクエリと等価なクエリプラン構造を取得し、データ分布と演算子の特定の実行コストに基づいて最終的な実行プランを取得します。詳細については、 SQL 物理最適化を参照してください。

同時に、TiDB がPREPAREステートメントを実行するときに、キャッシュを有効にして、TiDB で実行プランを生成するコストを削減することを選択できます。詳細については、 実行プランキャッシュを参照してください。

このページは役に立ちましたか?

Playground
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Dedicated
TiDB Serverless
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.