重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

MySQLとのセキュリティの互換性

TiDBは、次の例外を除いて、MySQL5.7と同様のセキュリティ機能をサポートしています。

  • 列レベルの権限はサポートされていません
  • パスワードの有効期限、およびパスワードの最終変更された追跡とパスワードの有効期間はサポートされていません#9709
  • 権限max_updated max_questionsはサポートさmax_user_connectionsmax_connectionsません
  • パスワードの検証は現在サポートされていません#9741

認証プラグインのステータス

TiDBは複数の認証方法をサポートしています。これらのメソッドは、 CREATE USERALTER USERを使用してユーザーごとに指定できます。これらのメソッドは、同じ名前のMySQLの認証メソッドと互換性があります。

表では、次のサポートされている認証方法のいずれかを使用できます。クライアント/サーバー接続が確立されているときにサーバーがアドバタイズするデフォルトの方法を指定するには、 default_authentication_plugin変数を設定します。

TLS認証のサポートは別の方法で構成されます。詳細については、 TiDBクライアントとサーバー間のTLSを有効にするを参照してください。

認証方法サポートされています
mysql_native_passwordはい
sha256_passwordいいえ
caching_sha2_passwordはい、5.2.0以降
auth_socketはい、5.3.0以降
TLS Certificatesはい
LDAPいいえ
PAMいいえ
ed25519(MariaDB)いいえ
GSSAPI(MariaDB)いいえ
FIDOいいえ