重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDBRC3リリースノート

2017年6月16日、TiDB RC3がリリースされました!このリリースは、MySQLの互換性、SQLの最適化、安定性、およびパフォーマンスに重点を置いています。

ハイライト

  • 特権管理は、ユーザーがMySQLと同じ方法を使用してデータアクセス特権を管理できるように改良されています。
  • DDLが高速化されます。
  • 負荷分散のポリシーとプロセスは、パフォーマンスが最適化されています。
  • TiDBAnsibleはオープンソースです。 TiDB-Ansibleを使用すると、ワンクリックでTiDBクラスタをデプロイ、アップグレード、開始、シャットダウンできます。

詳細な更新

TiDB

  • SQLクエリオプティマイザでは、次の機能が追加または改善されています。
    • 増分統計をサポートする
    • Merge Sort Joinオペレーターをサポート
    • Index Lookup Joinオペレーターをサポート
    • Optimizer Hint構文をサポートする
    • Scan JoinAggregation消費を最適化する
    • コストベースオプティマイザー(CBO)フレームワークを最適化する
    • リファクタリングExpression
  • より完全な特権管理をサポートする
  • DDLアクセラレーション
  • テーブルのデータ分散情報を取得するためのHTTPAPIの使用をサポート
  • システム変数を使用してクエリの同時実行性を制御することをサポート
  • MySQL組み込み関数をさらに追加する
  • システム変数を使用して、大きなトランザクションを小さなトランザクションに自動的に分割してコミットすることをサポートします

配置Driver(PD)

  • gRPCをサポートする
  • ディザスタリカバリツールキットを提供する
  • ガベージコレクションを使用して、古いデータを自動的にクリアします
  • より効率的なデータバランスをサポートする
  • ホットリージョンスケジューリングをサポートして、負荷分散を有効にし、データのインポートを高速化します
  • パフォーマンス
    • クライアントTSOの取得を加速する
    • リージョンハートビート処理の効率を向上させる
  • pd-ctl機能を改善する
    • レプリカ構成を動的に更新します
    • タイムスタンプオラクル(TSO)を入手する
    • IDを使用してリージョン情報を取得します

TiKV

  • gRPCをサポートする
  • ソートされた文字列テーブル(SST)形式のスナップショットをサポートして、クラスタの負荷分散速度を向上させます
  • ヒーププロファイルを使用したメモリリークの発見のサポート
  • ストリーミングSIMD拡張命令(SSE)をサポートし、CRC32計算を高速化します
  • 転送リーダーを高速化して、より高速な負荷分散を実現
  • バッチ適用を使用して、CPU使用率を削減し、書き込みパフォーマンスを向上させます
  • 並列プリライトをサポートして、トランザクションの書き込み速度を向上させます
  • コプロセッサースレッドプールのスケジューリングを最適化して、ポイント取得に対する大きなクエリの影響を減らします
  • 新しいローダーは、テーブルレベルでのデータのインポートをサポートするだけでなく、大きなテーブルを小さな論理ブロックに分割して同時にインポートし、データのインポート速度を向上させます。