重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB5.2.4リリースノート

リリース日:2022年4月26日

TiDBバージョン:5.2.4

互換性の変更

改善点

  • TiKV

    • リーダーシップをCDCオブザーバーに移し、レイテンシーのジッターを減らします#12111
    • ロックの解決ステップ#11993を必要とするリージョンの数を減らすことにより、TiCDCの回復時間を短縮します。
    • procファイルシステム(procfs)をv0.12.0に更新します#11702
    • RaftへのGCを実行するときに書き込みバッチサイズを増やすことにより、ガベージコレクション(GC)プロセスを高速化します#11404
    • 検証プロセスをApplyスレッドプールからImportスレッドプールに移動して、SSTファイルの挿入速度を上げます#11239
  • ツール

    • TiCDC

      • Kafka Sink partition-numのデフォルト値を3に変更して、TiCDCがKafkaパーティション間でメッセージをより均等に分散するようにします#3337
      • TiKVストアがダウンしたときにKVクライアントが回復する時間を短縮する#3191
      • Grafana3にLag analyzeのパネルを追加し#4891
      • Kafkaプロデューサーの構成パラメーターを公開して、 #4385で構成可能にします。
      • チェンジフィードを再開するための指数バックオフメカニズムを追加する#3329
      • 「EventFeed再試行レート制限」ログの数を減らす#4006
      • デフォルト値のmax-message-bytesを設定します#4041
      • no owner alert buffer sink total row #4054など、 #1606mounter rowのモニタリング指標とアラートをさらに追加しtable sink total row
      • Grafanaダッシュボードで複数のKubernetesクラスターをサポートする#4665
      • キャッチアップETA(到着予定時刻)をchangefeed checkpointの監視メトリックに追加します#5232

バグの修正

  • TiDB

    • 列挙値#32428のNulleq関数の誤った範囲計算結果を修正しました
    • INDEXHASHJOINがsend on closed channelエラー#31129を返す問題を修正します
    • 列タイプの同時変更によりスキーマとデータの間に不整合が生じる問題を修正します#31048
    • 楽観的なトランザクションモード#30410での潜在的なデータインデックスの不整合の問題を修正します
    • JSON型の列がCHAR型の列に結合するとSQL操作がキャンセルされる問題を修正します#29401
    • トランザクションを使用するかどうかにかかわらず、ウィンドウ関数が異なる結果を返す可能性がある問題を修正します#29947
    • SQLステートメントに自然結合#25041が含まれている場合に、 Column 'col_name' in field list is ambiguousエラーが予期せず報告される問題を修正します。
    • Decimalから#29417をキャストするときに長さ情報が間違っている問題を修正しString
    • tidb_enable_vectorized_expressionの値が異なるためにGREATEST関数が一貫性のない結果を返す問題を修正します( onまたはoffに設定) #29434
    • left joinを使用して複数のテーブルのデータを削除した誤った結果を#31321
    • TiDBが重複タスクを#32814にディスパッチする可能性があるバグを修正
    • クエリ実行時のMPPタスクリストの空のエラーを修正#31636
    • innerWorkerpanicによって引き起こされたインデックス結合の誤った結果を修正します#31494
    • INSERT ... SELECT ... ON DUPLICATE KEY UPDATEステートメントを実行するとpanicになる問題を修正します#28078
    • Order Byの最適化による誤ったクエリ結果を#30271
    • ENUMのタイプの列でJOINを実行するときに発生する可能性がある誤った結果を修正します#27831
    • ENUMデータ型#29357CASE WHEN関数を使用するときのpanicを修正します
    • ベクトル化された式#29244microsecond関数の誤った結果を修正します。
    • ウィンドウ関数がエラーを報告する代わりにTiDBをpanicにする問題を修正します#30326
    • マージ結合演算子が特定の場合に間違った結果を得る問題を修正します#33042
    • 相関サブクエリが定数#32089を返すときにTiDBが間違った結果を取得する問題を修正します
    • ENUM列またはSET列のエンコードが間違っているためにTiDBが間違ったデータを書き込む問題を修正します#32302
    • TiDB #31638で新しい照合順序が有効になっている場合、 ENUM列またはSET列のMAXまたはMIN関数が間違った結果を返す問題を修正します。
    • IndexHashJoinオペレーターが正常に終了しない問題を修正します#31062
    • テーブルに仮想列#30965がある場合、TiDBが誤ったデータを読み取る可能性がある問題を修正します
    • ログレベルの設定が遅いクエリログ#30309で有効にならない問題を修正します
    • パーティションテーブルがインデックスを完全に使用してデータをスキャンできない場合がある問題を修正します#33966
    • TiDBのバックグラウンドHTTPサービスが正常に終了せず、クラスタが異常な状態になる可能性がある問題を修正します#30571
    • TiDBが失敗した認証の多くのログを予期せず出力する可能性がある問題を修正します#29709
    • システム変数max_allowed_packetが有効にならない問題を修正します#31422
    • 自動IDが範囲#29483の外にある場合、 REPLACEステートメントが他の行を誤って変更する問題を修正します
    • 遅いクエリログがログを正常に出力できず、メモリを大量に消費する可能性があるという問題を修正します#32656
    • NATURALJOINの結果に予期しない列が含まれる可能性がある問題を修正します#24981
    • プレフィックス列インデックスを使用してデータをクエリすると、1つのステートメントでORDER BYLIMITを一緒に使用すると間違った結果が出力される可能性がある問題を修正します#29711
    • 楽観的なトランザクションが再試行すると、DOUBLEタイプの自動インクリメント列が変更される可能性がある問題を修正します#29892
    • STR_TO_DATE関数がマイクロ秒部分の先行ゼロを正しく処理できない問題を修正します#30078
    • TiFlashはまだ空の範囲のテーブルの読み取りをサポートしていませんが、TiFlashを使用して空の範囲のテーブルをスキャンするとTiDBが間違った結果を取得する問題を修正します#33083
  • TiKV

    • 古いメッセージが原因でTiKVがpanicになるバグを修正します#12023
    • メモリメトリックのオーバーフローによって引き起こされる断続的なパケット損失とメモリ不足(OOM)の問題を修正します#12160
    • TiKVが#9765でプロファイリングを実行するときに発生する可能性のあるpanicの問題を修正します。
    • 文字列の一致が正しくないためにtikv-ctlが誤った結果を返す問題を修正します#12329
    • レプリカの読み取りが線形化可能性に違反する可能性があるバグを修正します#12109
    • TiKVが2年以上実行されているとpanicになる可能性があるバグを修正します#11940
    • フロー制御が有効で、 level0_slowdown_triggerが明示的に設定されている場合のQPSドロップの問題を修正します#11424
    • cgroupコントローラーがマウントされていないときに発生するpanicの問題を修正します#11569
    • 遅れているリージョンピア#11526でのリージョンマージによって引き起こされる可能性のあるメタデータの破損を修正します
    • TiKVが動作を停止した後に解決済みTSの遅延が増加する問題を修正します#11351
    • リージョンのマージ、ConfChange、およびスナップショットが極端な条件で同時に発生するときに発生するpanicの問題を修正します#11475
    • tikv-ctlが正しいリージョン関連情報を返さないバグを修正します#11393
    • 10進数の除算結果がゼロの場合の負の符号の問題を修正#29586
    • 悲観的なトランザクションモードでプリライトリクエストを再試行すると、まれにデータの不整合のリスクが発生する可能性があるという問題を修正します#11187
    • 統計スレッドの監視データによって引き起こされるメモリリークを修正します#11195
    • インスタンスごとのgRPCリクエストの平均レイテンシがTiKVメトリックで不正確であるという問題を修正します#11299
    • ピアステータスがApplyingのときにスナップショットファイルを削除することによって引き起こされるpanicの問題を修正し#11746
    • GCワーカーがビジー状態のときにTiKVがデータの範囲を削除できない(つまり、内部コマンドunsafe_destroy_rangeが実行される)バグを修正します#11903
    • 初期化されていないレプリカを削除すると、古いレプリカが再作成される可能性がある問題を修正します#10533
    • TiKVが逆テーブルスキャンを実行すると、TiKVがメモリロックを検出できない問題を修正します#11440
    • コルーチンの実行速度が速すぎる場合に時々発生するデッドロックの問題を修正します#11549
    • ピアを破棄すると待ち時間が長くなる可能性があるという問題を修正します#10210
    • マージされるターゲットリージョンが無効であるためにTiKVがパニックになり、予期せずピアを破壊する問題を修正します#12232
    • ターゲットピアが、リージョン#12048のマージ時に初期化されずに破棄されたピアに置き換えられたときに発生するTiKVpanicの問題を修正します。
    • スナップショットの適用が中止されたときに発生するTiKVpanicの問題を修正します#11618
    • オペレーターの実行が失敗したときに送信されるスナップショットの数をTiKVが正しく計算できないバグを修正します#11341
  • PD

    • リージョンスキャッタースケジューリングが一部のピアを失った問題を修正します#4565
    • コールドホットスポットデータをホットスポット統計から削除できない問題を修正します#4390
  • TiFlash

    • MPPタスクがスレッドを永久にリークする可能性があるバグを修正します#4238
    • 複数値式#4016INの結果が正しくない問題を修正します
    • 日付形式が'\n'を無効な区切り文字#4036として識別する問題を修正します
    • 読み取りワークロードが重い場合に列を追加した後の潜在的なクエリエラーを修正する#3967
    • 無効なストレージディレクトリ構成が予期しない動作を引き起こすバグを修正します#4093
    • 一部の例外が適切に処理されないバグを修正します#4101
    • マイクロ秒#3557を解析するときに、 STR_TO_DATE()関数が先行ゼロを誤って処理するバグを修正します。
    • INTからDECIMALをキャストするとオーバーフロー#3920が発生する可能性がある問題を修正します
    • DATETIMEから#4151をキャストするときに発生する間違った結果を修正しDECIMAL
    • FLOATから#3998をキャストするときに発生するオーバーフローを修正しDECIMAL
    • TiFlashとTiDBまたはTiKV3でCastStringAsRealの動作に一貫性がないという問題を修正し#3475
    • TiFlashとTiDBまたはTiKV3でCastStringAsDecimalの動作に一貫性がないという問題を修正し#3619
    • TiFlashが再起動後にEstablishMPPConnectionエラーを返す可能性がある問題を修正します#3615
    • TiFlashレプリカの数を#3659に設定した後、廃止されたデータを再利用できない問題を修正します。
    • 主キーがhandleである場合に、主キー列を広げるときに発生する可能性のあるデータの不整合を修正し#3569
    • SQLステートメントに非常に長いネストされた式が含まれている場合に発生する可能性のある解析エラーを修正#3354
    • クエリにwhere <string>#3447が含まれている場合に発生する可能性のある誤った結果を修正
    • new_collations_enabled_on_first_bootstrapが有効になっている場合に#3391する可能性のある誤った結果を修正#3388
    • TLSが有効になっているときに発生するpanicの問題を修正します#4196
    • メモリ制限が有効になっているときに発生するpanicの問題を修正します#3902
    • MPPクエリが停止したときにTiFlashがときどきクラッシュする問題を修正します#3401
    • #3351の予期しないエラーを修正しUnexpected type of column: Nullable(Nothing)
    • 遅れているリージョンピア#4437でのリージョンマージによって引き起こされる可能性のあるメタデータの破損を修正します
    • エラーが発生した場合にJOINを含むクエリがハングする可能性がある問題を修正します#4195
    • 誤った実行プランが原因でMPPクエリに対して返される可能性のある誤った結果を修正します#3389
  • ツール

    • バックアップと復元(BR)

      • BRがRawKV1のバックアップに失敗する問題を修正し#32607
    • TiCDC

      • デフォルト値を複製できない問題を修正します#3793
      • シーケンスが誤って複製される場合があるバグを修正します#4563
      • PDリーダーが殺されたときにTiCDCノードが異常に終了するバグを修正します#4248
      • batch-replace-enableが無効になっている場合にMySQLシンクが重複したreplaceのSQLステートメントを生成するバグを修正します#4501
      • デフォルトの列値#3929を出力するときに発生するpanicとデータの不整合の問題を修正します
      • mq sink write rowに監視データがないという問題を修正します#3431
      • min.insync.replicas#3994より小さい場合、レプリケーションを実行できない問題を修正しreplication-factor
      • レプリケーションタスクが削除されたときに発生する可能性のあるpanicの問題を修正します#3128
      • 必要なプロセッサ情報が存在しない場合にHTTPAPIがパニックになるバグを修正します#3840
      • 不正確なチェックポイント#3545によって引き起こされる潜在的なデータ損失の問題を修正します
      • デッドロックによってレプリケーションタスクがスタックするという潜在的な問題を修正します#4055
      • etcd1のタスクステータスを手動でクリーニングするときに発生するTiCDCpanicの問題を修正し#2980
      • DDLステートメントの特別なコメントによってレプリケーションタスクが停止する問題を修正します#3755
      • config.Metadata.Timeoutの誤った構成によって引き起こされるレプリケーション停止の問題を修正し#3352
      • RHELリリース#3584のタイムゾーンの問題が原因でサービスを開始できない問題を修正します
      • クラスタのアップグレード後にstoppedつのチェンジフィードが自動的に再開する問題を修正します#3473
      • MySQLシンクのデッドロック#2706によって引き起こされる過度に頻繁な警告の問題を修正します
      • CanalおよびMaxwellプロトコル#3676enable-old-valueの構成アイテムが自動的にtrueに設定されないバグを修正します。
      • AvroシンクがJSONタイプの列の解析をサポートしていない問題を修正します#3624
      • チェンジフィードチェックポイントラグ#3010の負の値エラーを修正します
      • コンテナ環境でのOOMの問題を修正します#1798
      • #3174の処理後のメモリリークの問題を修正
      • テーブルが同じノードで繰り返しスケジュールされている場合にchangefeedがスタックする問題を修正します#4464
      • PDノードが異常な場合にオープンAPIを介したステータスのクエリがブロックされる可能性があるバグを修正します#4778
      • 所有者の変更によって引き起こされた誤ったメトリックを修正する#4774
      • UnifiedSorter1で使用されるワーカープールの安定性の問題を修正し#4447
      • cached regionモニタリングメトリックが負の#4300である問題を修正します
    • TiDB Lightning

      • TiDB Lightningにmysql.tidbテーブル#31088にアクセスする権限がない場合に発生する誤ったインポート結果の問題を修正します。
      • チェックサムエラー「GCの有効期間がトランザクション期間より短い」を修正#32733
      • 一部のインポートタスクにソースファイルが含まれていない場合、 TiDB Lightningがメタデータスキーマを削除しない可能性があるバグを修正します#28144
      • S3ストレージパスが存在しない場合にTiDB Lightningがエラーを報告しない問題を修正し#30709 #28031
      • GCS1で1000を超えるキーを反復するときに発生するエラーを修正し#30377