重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB5.2.2リリースノート

リリース日:2021年10月29日

TiDBバージョン:5.2.2

改善点

  • TiDB

    • コプロセッサーがロックに遭遇したときに、影響を受けるSQLステートメントをデバッグログに表示します。これは、問題の診断に役立ちます#27718
    • SQL論理層#27247でデータをバックアップおよび復元するときに、バックアップおよび復元データのサイズを表示することをサポートします。
  • TiKV

    • L0フロー制御のアルゴリズムを簡素化する#10879
    • ラフトクライアントモジュール#10983のエラーログレポートを改善する
    • ロギングスレッドを改善して、パフォーマンスのボトルネックにならないようにします#10841
    • 書き込みクエリの統計タイプをさらに追加する#10507
  • PD

    • ホットスポットスケジューラのQPSディメンションにさらに多くの種類の書き込みクエリを追加する#3869
    • スケジューラのパフォーマンスを向上させるために、バランス領域スケジューラの再試行制限を動的に調整することをサポートします#3744
    • TiDBダッシュボードをv2021.10.08.1に更新します#4070
    • エビクトリーダースケジューラが異常なピアのあるリージョンをスケジュールできることをサポートする#4093
    • スケジューラーの終了プロセスをスピードアップする#4146
  • ツール

    • TiCDC

      • Kafkaシンク構成アイテムMaxMessageBytesのデフォルト値を64MBから1MBに減らして、大きなメッセージが#3104によって拒否される問題を修正します。
      • 関係#2726 #3037のメモリ使用量を削減する#2553
      • 監視項目とアラートルールを最適化して、同期リンク、メモリGC、および株式データスキャンプロセスの可観測性を向上させます#2735 #1606 #3000 #2985 #2156
      • 同期タスクのステータスが正常な場合、誤解を招くユーザーを避けるために、履歴エラーメッセージは表示されません#2242

バグの修正

  • TiDB

    • plan-cacheが符号なしフラグの変更を検出できない問題を修正します#28254
    • パーティション関数が範囲#28233外にある場合の誤ったパーティションプルーニングを修正します
    • プランナーがjoin 、場合によっては#28087の無効なプランをキャッシュする可能性がある問題を修正します
    • ハッシュ列タイプが列挙型#27893の場合の誤ったインデックスハッシュ結合を修正
    • アイドル状態の接続をリサイクルすると、まれにリクエストの送信がブロックされる可能性があるというバッチクライアントのバグを修正します#27688
    • ターゲットクラスタでチェックサムの実行に失敗した場合のTiDB Lightningpanicの問題を修正します#27686
    • 場合によってはdate_adddate_subの関数の間違った結果を修正します#27232
    • ベクトル化された式#28643hour関数の誤った結果を修正します
    • MySQL5.1または古いクライアントバージョン#27855に接続する際の認証の問題を修正します
    • 新しいインデックスが追加されたときに、指定された時間外にauto analyzeがトリガーされる可能性がある問題を修正します#28698
    • セッション変数を設定するとtidb_snapshotが無効になるバグを修正し#28683
    • ピア領域が多数欠落しているクラスターでBRが機能しないバグを修正します#27534
    • サポートされていないcastがTiFlash5にプッシュダウンされたときのtidb_cast to Int32 is not supportedのような予期しないエラーを修正し#23907
    • %s value is out of range in '%s'エラーメッセージ#27964DECIMAL overflowがないという問題を修正します。
    • 一部のコーナーケースでMPPノードの可用性検出が機能しないバグを修正します#3118
    • 35を割り当てるときのDATA RACE #27952問題を修正しMPP task ID
    • 空のdual tableを削除した後のMPPクエリのINDEX OUT OF RANGEエラーを修正します。 #28250
    • MPPクエリ#1791の誤検知エラーログinvalid cop task execution summaries lengthの問題を修正します
    • MPPクエリ#28149のエラーログcannot found column in Schema columnの問題を修正します
    • TiFlashがシャットダウンしているときにTiDBがpanicになる可能性がある問題を修正します#28096
    • 安全でない3DES(トリプルデータ暗号化アルゴリズム)ベースのTLS暗号スイートのサポートを削除します#27859
    • 事前チェック中にLightningがオフラインのTiKVノードに接続し、インポートの失敗を引き起こす問題を修正します#27826
    • 多くのファイルをテーブルにインポートするときに事前チェックに時間がかかりすぎるという問題を修正します#27605
    • 式を書き換えると、 betweenが間違った照合順序を推測する#27146という問題を修正します。
    • group_concatの関数が照合順序#27429を考慮しなかった問題を修正します
    • extract関数の引数が負の期間#27236の場合に発生する誤った結果を修正します
    • NO_UNSIGNED_SUBTRACTIONが設定されている場合にパーティションの作成が失敗する問題を修正します#26765
    • 列のプルーニングと集計のプッシュダウンで副作用のある式を回避する#27106
    • 無駄なgRPCログを削除する#24190
    • 有効な10進数の長さを制限して、精度関連の問題を修正します#3091
    • plusの式#26977でオーバーフローをチェックする間違った方法の問題を修正します
    • new collationのデータを含むテーブルから統計をダンプするときのdata too longのエラーの問題を修正します#27024
    • 再試行されたトランザクションのステートメントが#28670に含まれない問題を修正しTIDB_TRX
  • TiKV

    • 輻輳エラー#11082が原因でCDCがスキャンの再試行を頻繁に追加する問題を修正します
    • チャネルがいっぱいになるといかだ接続が切断される問題を修正します#11047
    • Raftクライアントの実装でバッチメッセージが大きすぎるという問題を修正します#9714
    • 一部のコルーチンが#10965でリークする問題を修正しresolved_ts
    • 応答のサイズが#9012を超えたときにコプロセッサーに発生するpanicの問題を修正します。
    • スナップショットファイルをガベージコレクションできない場合に、スナップショットガベージコレクション(GC)がGCスナップショットファイルを見逃す問題を修正します#10813
    • コプロセッサー要求を処理するときのタイムアウトによって引き起こされるpanicの問題を修正します#10852
  • PD

    • ピアの数が設定されたピアの数を超えているために、PDがデータを持ち保留状態のピアを誤って削除する問題を修正します#4045
    • PDが時間内にピアを修正しないという問題を修正します#4077
    • 散布範囲スケジューラが空の領域をスケジュールできない問題を修正します#4118
    • キーマネージャーのCPUコストが高すぎるという問題を修正します#4071
    • ホットリージョンスケジューラの構成を設定するときに発生する可能性のあるデータ競合の問題を修正します#4159
    • スタックリージョンシンカー#3936によって引き起こされる遅いリーダー選出を修正
  • TiFlash

    • ライブラリnslがないために、一部のプラットフォームでTiFlashが起動しない問題を修正します
  • ツール

    • TiCDC

      • アップストリームTiDBインスタンスが予期せず終了したときにTiCDCレプリケーションタスクが終了する可能性がある問題を修正します#3061
      • TiKVが同じリージョン#2386に重複するリクエストを送信すると、TiCDCプロセスがpanicになる可能性がある問題を修正します。
      • ダウンストリームのTiDB/MySQLの可用性を確認する際の不要なCPU消費を修正#3073
      • TiCDCによって生成されるKafkaメッセージの量が#2962によって制約されないという問題を修正しmax-message-size
      • Kafkaメッセージの書き込み中にエラーが発生したときにTiCDC同期タスクが一時停止する可能性がある問題を修正します#2978
      • force-replicateが有効になっている場合、有効なインデックスのない一部のパーティションテーブルが無視される可能性がある問題を修正します#2834
      • 株式データのスキャンに時間がかかりすぎると、TiKVがGCを実行するために株式データのスキャンが失敗する可能性がある問題を修正します#2470
      • 一部のタイプの列をOpenProtocol形式にエンコードするときに発生する可能性のあるpanicの問題を修正します#2758
      • 一部のタイプの列をAvro形式#2648にエンコードするときに発生する可能性のあるpanicの問題を修正します
    • TiDB Binlog

      • ほとんどのテーブルが除外されると、特別な負荷がかかったときにチェックポイントを更新できないという問題を修正します#1075
このページの内容