重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB5.1.2リリースノート

リリース日:2021年9月27日

TiDBバージョン:5.1.2

互換性の変更

  • TiDB

    • 次のバグ修正により、実行結果が変更され、アップグレードの非互換性が発生する可能性があります。

      • greatest(datetime) union nullが空の文字列#26532を返す問題を修正します
      • having句が正しく機能しない可能性がある問題を修正します#26496
      • between式の周りの照合が異なる場合に発生する誤った実行結果を修正します#27146
      • group_concat関数の列に非ビン照合順序がある場合に発生する誤った実行結果を修正します#27429
      • 複数の列でcount(distinct)の式を使用すると、新しい照合順序が有効になっているときに誤った結果が返される問題を修正します#27091
      • extract関数の引数が負の期間#27236の場合に発生する誤った結果を修正します
      • SQL_MODEが「STRICT_TRANS_TABLES」 #26762の場合、無効な日付を挿入してもエラーが報告されない問題を修正します。
      • SQL_MODEが「NO_ZERO_IN_DATE」の場合、無効なデフォルトの日付を使用してもエラーが報告されない問題を修正します#26766
  • ツール

    • TiCDC

      • 互換性のあるバージョンを5.1.0-alphaから#2659に設定し5.2.0-alpha

改善点

  • TiDB

    • ヒストグラムの行数で自動分析をトリガーし、このトリガーアクションの精度を高めます#24237
  • TiKV

    • TiCDC構成の動的変更のサポート#10645
    • 解決済みTSメッセージのサイズを縮小して、ネットワーク帯域幅を節約します#2448
    • 単一のストアによって報告されるハートビートメッセージ内のピア統計の数を制限する#10621
  • PD

    • 空のリージョンをスケジュールできるようにし、スキャッターレンジスケジューラ#4117で個別の許容範囲構成を使用します。
    • PD間でリージョン情報を同期するパフォーマンスを向上させる#3933
    • 生成された演算子に基づいてストアの再試行制限を動的に調整することをサポートします#3744
  • TiFlash

    • DATE()機能をサポート
    • インスタンスごとの書き込みスループットのためにGrafanaパネルを追加します
    • leader-readのプロセスのパフォーマンスを最適化する
    • MPPタスクをキャンセルするプロセスを加速します
  • ツール

    • TiCDC

      • ユニファイドソーターがメモリを使用してデータをソートしているときにメモリ管理を最適化する#2553
      • 同時実行性が高い場合に、より少ないゴルーチンのためにワーカープールを最適化する#2211
      • テーブルのリージョンがTiKVノードから転送されるときのゴルーチンの使用量を減らす#2284
      • グローバルgRPC接続プールを追加し、KVクライアント間でgRPC接続を共有します#2534
      • メジャーバージョンとマイナーバージョンでTiCDCクラスターを操作することを禁止する#2599
    • Dumpling

      • START TRANSACTION ... WITH CONSISTENT SNAPSHOTおよびSHOW CREATE TABLEをサポートしない#309互換データベースのバックアップをサポートする

バグの修正

  • TiDB

    • ハッシュ列がENUMタイプ#27893の場合、インデックスハッシュ結合の潜在的な誤った結果を修正します
    • まれに、アイドル状態の接続をリサイクルするとリクエストの送信がブロックされる可能性があるバッチクライアントのバグを修正します#27678
    • FLOAT64タイプのオーバーフローチェックがMySQL3のオーバーフローチェックと異なる問題を修正し#23897
    • TiDBがunknowエラーを返すのに対し、 pd is timeoutエラー#26147を返す必要があるという問題を修正します。
    • case when#26662の間違った文字セットと照合順序を修正しました
    • MPPクエリの潜在的なcan not found column in Schema columnエラーを修正します#28148
    • TiFlashがシャットダウンしているときにTiDBがpanicになる可能性があるバグを修正します#28096
    • enum like 'x%'を使用することによって引き起こされる間違った範囲の問題を修正し#27130
    • IndexLookupJoin #27410で使用した場合の共通テーブル式(CTE)のデッドロックの問題を修正
    • 再試行可能なデッドロックがINFORMATION_SCHEMA.DEADLOCKSのテーブルに誤って記録されるバグを修正します#27400
    • パーティション化されたテーブルからのTABLESAMPLEクエリ結果が期待どおりに並べ替えられない問題を修正します#27349
    • 未使用の/debug/sub-optimal-planを削除し#27265
    • ハッシュパーティションテーブルが署名されていないデータを処理するときにクエリが間違った結果を返す可能性があるバグを修正します#26569
    • NO_UNSIGNED_SUBTRACTIONが設定されている場合にパーティションの作成が失敗するバグを修正します#26765
    • Apply#26958に変換されるときにdistinctフラグが欠落する問題を修正しJoin
    • 新しく回復されたTiFlashノードのブロック期間を設定して、この時間中にクエリがブロックされないようにします#26897
    • CTEが複数回参照された場合に発生する可能性のあるバグを修正します#26212
    • MergeJoin使用時のCTEバグを修正#25474
    • 通常のテーブルがパーティションテーブル#26251に結合するときに、 SELECT FOR UPDATEステートメントがデータを正しくロックしないバグを修正します。
    • 通常のテーブルがパーティションテーブル#26250に結合すると、 SELECT FOR UPDATEステートメントがエラーを返す問題を修正します。
    • PointGetがロック#26562を解決するライトバージョンを使用しないという問題を修正します
  • TiKV

    • TiKVがv3.xからそれ以降のバージョンにアップグレードされた後に発生するpanicの問題を修正します#10902
    • 破損したスナップショットファイルによって引き起こされる潜在的なディスクフルの問題を修正します#10813
    • TiKVコプロセッサーの遅いログに、要求の処理に費やされた時間のみを考慮させる#10841
    • sloggerスレッドが過負荷になり、キューがいっぱいになったときにスレッドをブロックする代わりにログをドロップする#10841
    • コプロセッサー要求の処理がタイムアウトしたときに発生するpanicの問題を修正します#10852
    • Titanが有効になっている5.0より前のバージョンからアップグレードするときに発生するTiKVpanicの問題を修正します#10842
    • 新しいバージョンのTiKVをv5.0.xにロールバックできない問題を修正します#10842
    • RocksDB1にデータを取り込む前にTiKVがファイルを削除する可能性がある問題を修正し#10438
    • 左の悲観的なロックによって引き起こされた解析の失敗を修正します#26404
  • PD

    • PDが時間内にダウンピアを修正しないという問題を修正します#4077
    • replication.max-replicasが更新された後、デフォルトの配置ルールのレプリカ数が一定のままになる問題を修正します#3886
    • TiKV1をスケールアウトするときにPDがpanicになる可能性があるバグを修正し#3868
    • クラスタにエビクトリーダースケジューラーがある場合、ホットリージョンスケジューラーが機能しないバグを修正します#3697
  • TiFlash

    • TiFlashがMPP接続の確立に失敗した場合の予期しない結果の問題を修正します
    • TiFlashが複数のディスクに展開されているときに発生するデータの不整合の潜在的な問題を修正します
    • TiFlashサーバーに高負荷がかかっているときにMPPクエリが間違った結果を取得するバグを修正します
    • MPPクエリが永久にハングする潜在的なバグを修正します
    • ストアの初期化とDDLを同時に操作するときのpanicの問題を修正します
    • <=CONSTANTなどの>が含まれている場合に発生するCOLUMNた結果の>=を修正し<
    • Snapshotが複数のDDL操作と同時に適用される場合の潜在的なpanicの問題を修正します
    • 大量の書き込みの下でメトリックのストアサイズが不正確になる問題を修正します
    • TiFlashが長時間実行した後にデルタデータをガベージコレクションできないという潜在的な問題を修正します
    • 新しい照合順序が有効になっている場合の誤った結果の問題を修正します
    • ロックを解決するときに発生する可能性のあるpanicの問題を修正します
    • メトリックが間違った値を表示する潜在的なバグを修正します
  • ツール

    • バックアップと復元(BR)

      • データのバックアップと復元中に平均速度が正確でないという問題を修正します#1405
    • Dumpling

      • 一部のMySQLバージョン(8.0.3および8.0.23)でshow table statusが誤った結果を返すと、Dumplingが保留になる問題を修正します#322
      • デフォルトのsort-engineオプション#2373での4.0.xクラスターとのCLI互換性の問題を修正します
    • TiCDC

      • stringまたは#2758の文字列型の値を処理するときにJSONエンコーディングがpanicを引き起こす可能性があるバグを修正し[]byte
      • OOM #2673を回避するために、gRPCウィンドウサイズを縮小します
      • 高いメモリ圧力下でのkeepaliveエラーを修正#2202
      • 署名されていないtinyintがTiCDCをpanicに陥らせるバグを修正します#2648
      • TiCDCOpenProtocolの空の値の問題を修正します。 1つのトランザクションに変更がない場合、空の値は出力されなくなりました。 #2612
      • 手動再起動中のDDL処理のバグを修正#2603
      • メタデータを管理するときにEtcdWorkerのスナップショットアイソレーションが誤って違反される可能性があるという問題を修正します#2559
      • TiCDCがテーブルを再スケジュールしているときに複数のプロセッサが同じテーブルにデータを書き込む可能性があるバグを修正します#2230
      • TiCDCがErrSchemaStorageTableMissエラー#2422を取得したときにchangefeedが予期せずリセットされる可能性があるバグを修正します
      • TiCDCがErrGCTTLExceededエラー#2391を取得したときにチェンジフィードを削除できないバグを修正します
      • TiCDCが大きなテーブルを#1259に同期できないバグを修正し#2424