重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB5.0.6リリースノート

発売日:2021年12月31日

TiDBバージョン:5.0.6

互換性の変更

  • ツール

    • TiCDC

      • cdc serverコマンドエラーの出力をstdoutからstderr3に変更し#3133
      • Kafkaシンクmax-message-bytesのデフォルト値を#3081に設定し10M
      • Kafka Sink partition-numのデフォルト値を3に変更して、TiCDCがKafkaパーティション間でメッセージをより均等に分散するようにします#3337

改善点

  • TiDB

    • コプロセッサーがロックに遭遇したときに、影響を受けるSQLステートメントをデバッグログに表示します。これは、問題の診断に役立ちます#27718
  • TiKV

    • 検証プロセスをApplyスレッドプールからImportスレッドプールに移動して、SSTファイルの挿入速度を上げます#11239
    • モジュール#11374のパフォーマンスの問題を特定するために、 Raftログのガベージコレクションモジュールのメトリックをさらに追加します。
    • Grafanaダッシュボード#11681でいくつかの珍しいストレージ関連の指標を折りたたむ
  • PD

    • スケジューラーの終了プロセスをスピードアップする#4146
    • スケジューラーが空のリージョンをスケジュールし、スケジューラー#4497の構成を修正できるようにすることで、 scatter-range-schedulerスケジューラーのスケジューリング結果をさらに向上させます。
    • エビクトリーダースケジューラが異常なピアを持つリージョンをスケジュールできることをサポートする#4093
  • ツール

    • TiCDC

      • TiKVリロードのレート制限制御を最適化して、チェンジフィード初期化中のgPRC輻輳を低減します#3110
      • ティック頻度制限をEtcdWorkerに追加して、頻繁なetcd書き込みがPDサービスに影響を与えないようにします#3112
      • Kafkaシンク#3352config.Metadata.Timeoutのデフォルト構成を追加します
      • Kafkaメッセージを送信できない可能性を減らすために、デフォルト値のmax-message-bytesを設定し#3081 10M
      • no owner alert buffer sink total row #4054など、 #1606mounter rowのモニタリング指標とアラートをさらに追加しtable sink total row
    • バックアップと復元(BR)

      • PD要求エラーまたはTiKVI/Oタイムアウトエラーが発生したときにBRタスクを再試行します#27787
      • 復元の堅牢性を向上させる#27421
    • TiDB Lightning

      • 式インデックスまたは仮想生成列に依存するインデックスを持つテーブルへのデータのインポートをサポート#1404

バグの修正

  • TiDB

    • 楽観的なトランザクションの競合により、トランザクションが相互にブロックされる可能性があるという問題を修正します#11148
    • MPPクエリ#1791の誤検知エラーログinvalid cop task execution summaries lengthの問題を修正します
    • DMLステートメントとDDLステートメントが同時に実行されたときに発生する可能性のあるpanicを修正します#30940
    • グローバルレベルの特権を付与および取り消すためにgrantおよびrevokeの操作を実行するときのprivilege check failのエラーを修正します#29675
    • 場合によってはALTER TABLE.. ADD INDEXステートメントを実行するときのTiDBpanicを修正します#27687
    • enforce-mpp構成が#29252で有効にならない問題を修正します。
    • ENUMデータ型#29357CASE WHEN関数を使用するときのpanicを修正します
    • ベクトル化された式#29244microsecond関数の誤った結果を修正します。
    • auto analyzeの結果からの不完全なログ情報の問題を修正します#29188
    • ベクトル化された式#28643hour関数の誤った結果を修正します
    • サポートされていないcastがTiFlash5にプッシュダウンされたときのtidb_cast to Int32 is not supportedのような予期しないエラーを修正し#23907
    • 一部のコーナーケースでMPPノードの可用性検出が機能しないバグを修正します#3118
    • 35を割り当てるときのDATA RACE #27952問題を修正しMPP task ID
    • 空の#28250を削除した後のMPPクエリのINDEX OUT OF RANGEエラーを修正しdual table
    • 無効な日付値を同時に挿入するときのTiDBpanicを修正#25393
    • MPPモード#30980でのクエリの予期しないcan not found column in Schema columnエラーを修正します
    • TiFlashがシャットダウンしているときにTiDBがpanicになる可能性がある問題を修正します#28096
    • プランナーが結合再注文#24095を実行しているときに予期しないindex out of rangeエラーを修正します
    • ENUM型データをそのような関数のパラメーターとして使用する場合の制御関数( IFCASE WHENなど)の誤った結果を修正します#23114
    • #29498の間違った結果を修正しCONCAT(IFNULL(TIME(3))
    • 符号なしBIGINT引数を渡すときのGREATESTLEASTの間違った結果を修正します#30101
    • JSON型の列がCHAR型の列に結合するとSQL操作がキャンセルされる問題を修正します#29401
    • 怠惰な存在チェックと手つかずのキーの最適化の誤った使用によって引き起こされるデータの不整合の問題を修正します#30410
    • トランザクションを使用するかどうかにかかわらず、ウィンドウ関数が異なる結果を返す可能性がある問題を修正します#29947
    • cast(integer as char) union stringを含むSQLステートメントが間違った結果を返す問題を修正します#29513
    • Decimalから#29417をキャストするときに長さ情報が間違っている問題を修正しString
    • SQLステートメントに自然結合#25041が含まれている場合に、 Column 'col_name' in field list is ambiguousエラーが予期せず報告される問題を修正します。
    • tidb_enable_vectorized_expressionの値が異なるためにGREATEST関数が一貫性のない結果を返す問題を修正します( onまたはoffに設定) #29434
    • プランナーがjoin 、場合によっては#28087の無効なプランをキャッシュする可能性がある問題を修正します
    • SQLステートメントが結合の結果の集計結果を評価するときにindex out of range [1] with length 1エラーが報告される問題を修正します#1978
  • TiKV

    • TiKVノードがダウンすると、解決されたタイムスタンプが#11351遅れる問題を修正します。
    • Raftクライアントの実装でバッチメッセージが大きすぎるという問題を修正します#9714
    • リージョンのマージ、ConfChange、およびスナップショットが極端な条件で同時に発生するときに発生するpanicの問題を修正します#11475
    • TiKVが逆テーブルスキャンを実行すると、TiKVがメモリロックを検出できない問題を修正します#11440
    • 10進数の除算結果がゼロの場合の負の符号の問題を修正#29586
    • GCタスクの蓄積によりTiKVがOOM(メモリ不足)になる可能性がある問題を修正します#11410
    • インスタンスごとのgRPCリクエストの平均レイテンシがTiKVメトリックで不正確であるという問題を修正します#11299
    • 統計スレッドの監視データによって引き起こされるメモリリークを修正します#11195
    • ダウンストリームデータベースが見つからない場合に発生するTiCDCpanicの問題を修正します#11123
    • 輻輳エラー#11082が原因でTiCDCがスキャンの再試行を頻繁に追加する問題を修正します
    • チャネルがいっぱいになるとRaft接続が切断される問題を修正します#11047
    • TiDB Lightningがデータをインポートするときにファイルが存在しない場合に発生するTiKVpanicの問題を修正します#10438
    • Max関数のInt64タイプが符号付き整数であるかどうかを#10158が正しく識別できない問題を修正しMin 。これにより、 Max /911の誤った計算結果が発生しMin
    • TiKVはメタデータを正確に変更できないため、ノードがスナップショットを取得した後にTiKVレプリカのノードがダウンする問題を修正します#10225
    • バックアップスレッドプール#10287のリークの問題を修正します
    • 不正な文字列を浮動小数点数にキャストする問題を修正#23322
  • PD

    • TiKVノードが削除された後に発生するpanicの問題を修正します#4344
    • ダウンストア#3353が原因でオペレーターがブロックされる可能性がある問題を修正します
    • リージョンシンカー#3936のスタックによって引き起こされるリーダー選出の遅延を修正
    • ダウンノードを修復するときにピアを削除する速度が制限されるという問題を修正します#4090
    • リージョンのハートビートが60秒未満の場合にホットスポットキャッシュをクリアできない問題を修正します#4390
  • TiFlash

    • 主キー列をより大きなintデータ型に変更した後の潜在的なデータの不整合を修正します
    • libnsl.soのライブラリがないために、ARMなどの一部のプラットフォームでTiFlashが起動しない問題を修正します
    • Store sizeのメトリックがディスク上の実際のデータサイズと一致しない問題を修正します
    • Cannot open fileのエラーが原因でTiFlashがクラッシュする問題を修正します
    • MPPクエリが強制終了されたときにTiFlashがクラッシュすることがある問題を修正しました
    • 予期しないエラーを修正する3rd arguments of function substringUTF8 must be constants
    • 過度のOR条件によって引き起こされるクエリの失敗を修正します
    • where <string>の結果が間違っているバグを修正します
    • TiFlashとTiDB/TiKVの間で一貫性のないCastStringAsDecimalの動作を修正
    • エラーdifferent types: expected Nullable(Int64), got Int64によって引き起こされたクエリの失敗を修正します
    • エラーUnexpected type of column: Nullable(Nothing)によって引き起こされたクエリの失敗を修正します
    • DECIMALのデータ型のデータを比較するときにオーバーフローによって引き起こされるクエリの失敗を修正しました
  • ツール

    • TiCDC

      • force-replicateが有効になっている場合、有効なインデックスのない一部のパーティションテーブルが無視される可能性がある問題を修正します#2834
      • cdc cli予期しないパラメーターを受信すると、ユーザーパラメーターをサイレントに切り捨てて、ユーザー入力パラメーターが失われる問題を修正します#2303
      • Kafkaメッセージの書き込み中にエラーが発生したときにTiCDC同期タスクが一時停止する可能性がある問題を修正します#2978
      • 一部のタイプの列をOpenProtocol形式にエンコードするときに発生する可能性のあるpanicの問題を修正します#2758
      • デフォルト値のmax-message-bytesから#3081に設定することにより、Kafkaが過度に大きなメッセージを送信する可能性がある問題を修正し10M
      • アップストリームTiDBインスタンスが予期せず終了したときにTiCDCレプリケーションタスクが終了する可能性がある問題を修正します#3061
      • TiKVが同じリージョン#2386に重複するリクエストを送信すると、TiCDCプロセスがpanicになる可能性がある問題を修正します。
      • 複数のTiKVがクラッシュしたとき、または強制的に再起動したときのTiCDCレプリケーションの中断の問題を修正します#3288
      • チェンジフィードチェックポイントラグ#3010の負の値エラーを修正します
      • MySQLシンクのデッドロック#2706によって引き起こされる過度に頻繁な警告の問題を修正します
      • AvroシンクがJSONタイプの列の解析をサポートしていない問題を修正します#3624
      • TiKV所有者が再起動したときにTiCDCがTiKVから誤ったスキーマスナップショットを読み取るバグを修正します#2603
      • #3174の処理後のメモリリークの問題を修正
      • CanalおよびMaxwellプロトコル#3676enable-old-valueの構成アイテムが自動的にtrueに設定されないバグを修正します。
      • 一部のRedHatEnterprise Linuxリリース(6.8や6.9など)でcdc serverコマンドを実行したときに発生するタイムゾーンエラーを修正します#3584
      • Kafkaシンク#3431の不正確なtxn_batch_sizeモニタリングメトリックの問題を修正します
      • チェンジフィード#11017がない場合にtikv_cdc_min_resolved_ts_no_change_for_1mがアラートを出し続ける問題を修正します
      • etcd1のタスクステータスを手動でクリーニングするときに発生するTiCDCpanicの問題を修正し#2980
      • ErrGCTTLExceededエラーが発生したときにchangefeedが十分に速く失敗しない問題を修正します#3111
      • 株式データのスキャンに時間がかかりすぎると、TiKVがGCを実行するために株式データのスキャンが失敗する可能性がある問題を修正します#2470
      • コンテナ環境でのOOMの修正#1798
    • バックアップと復元(BR)

      • バックアップと復元の平均速度が不正確に計算されるバグを修正します#1405
    • Dumpling

      • 複合主キーまたは一意キー#29386を使用してテーブルをダンプすると、Dumplingが非常に遅くなるバグを修正します。