重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB5.0.3リリースノート

発売日:2021年7月2日

TiDBバージョン:5.0.3

互換性の変更

  • TiDB

    • v4.0クラスタがv5.0以降のバージョン(devまたはv5.1)にアップグレードされると、 tidb_multi_statement_mode変数のデフォルト値がWARNからOFFに変更されます。
    • TiDBは、MySQL5.7のnoop変数innodb_default_row_formatと互換性がありMySQL 5.7。この変数を設定しても効果はありません。 #23541

機能の強化

  • ツール

    • TiCDC

      • HTTP APIを追加して、ノード#1955のチェンジフィード情報とヘルス情報を取得します。
      • kafkaシンク#1942のSASL/SCRAMサポートを追加します。
      • サーバーレベル#2070でTiCDCサポート--data-dirを作成します

改善点

  • TiDB

    • TopNオペレーターを#25162にプッシュダウンすることをサポート
    • 内蔵機能json_unquote()から#24415へのプッシュダウンをサポート
    • デュアルテーブルからのユニオンブランチの削除をサポート#25614
    • 組み込み関数replace()から#25565へのプッシュダウンをサポート
    • datediff()関数unix_timestamp() 、およびday()concat()datesub() #25564することをconcat_ws()year()
    • 集計オペレーターのコストファクターを最適化する#25241
    • Limitオペレーターを#25159にプッシュダウンすることをサポート
    • 組み込み関数str_to_dateから#25148へのプッシュダウンをサポート
    • MPP外部結合がテーブルの行数#25142に基づいてビルドテーブルを選択できるようにします
    • 組み込み関数left() 、およびright()abs()にプッシュダウンすることをサポートし#25133
    • ブロードキャストデカルト参加を#25106にプッシュダウンすることをサポート
    • Union Allオペレーターを#25051にプッシュダウンすることをサポート
    • リージョン#24724に基づく異なるTiFlashノード間でのMPPクエリワークロードのバランス調整をサポート
    • MPPクエリの実行後のキャッシュ内の古いリージョンの無効化をサポート#24432
    • フォーマット指定子#25767の組み込み関数str_to_dateのMySQL互換性を改善し%b/%M/%r/%T
  • TiKV

    • TiCDCシンクのメモリ消費を制限する#10305
    • TiCDCの古い値キャッシュのメモリ制限上限を追加します#10313
  • PD

    • TiDBダッシュボードをv2021.06.15.1に更新します#3798
  • TiFlash

    • STRINGタイプからDOUBLEタイプへのキャストをサポート
    • STR_TO_DATE()機能をサポート
    • 複数のスレッドを使用して、右外部結合で結合されていないデータを最適化します
    • デカルト参加をサポートする
    • LEFT()RIGHT()の関数をサポートする
    • MPPクエリで古いリージョンを自動的に無効にすることをサポート
    • ABS()機能をサポート
  • ツール

バグの修正

  • TiDB

    • SETタイプの列#25669でマージ結合を使用すると、誤った結果が返される問題を修正します。
    • IN式の引数#25591のデータ破損の問題を修正します
    • GCのセッションがグローバル変数の影響を受けないようにする#24976
    • ウィンドウ関数クエリ#25344limitを使用するときに発生するpanicの問題を修正します
    • Limitを使用してパーティションテーブルをクエリするときに返される誤った値を修正し#24636
    • IFNULLENUMまたはSETタイプの列#24944で正しく有効にならない問題を修正します
    • 結合サブクエリのcount#24865に変更することによって引き起こされる誤った結果を修正しfirst_row
    • ParallelApplyTopN演算子#24930の下で使用されている場合に発生するクエリハングの問題を修正します
    • 複数列のプレフィックスインデックスを使用してSQLステートメントを実行すると、予想よりも多くの結果が返される問題を修正します#24356
    • <=>オペレーターが正しく有効にできない問題を修正します#24477
    • パラレルApplyオペレーター#23280のデータ競合の問題を修正します
    • PartitionUnion演算子#23919のIndexMerge結果を並べ替えるときにindex out of rangeエラーが報告される問題を修正します。
    • tidb_snapshot変数を予想外に大きな値に設定すると、トランザクション分離が損なわれる可能性があるという問題を修正します#25680
    • ODBCスタイルの定数(たとえば、 {d '2020-01-01'} )を式#25531として使用できない問題を修正します。
    • SELECT DISTINCTBatch Getに変換すると誤った結果が発生する問題を修正します#25320
    • TiFlashからTiKVへのクエリのバックオフをトリガーできない問題を修正し#24421 #23665
    • only_full_group_by #23839 )をチェックするときに発生するindex-out-of-rangeのエラーを修正します。
    • 相関サブクエリでのインデックス結合の結果が間違っている問題を修正します#25799
  • TiKV

    • 間違ったtikv_raftstore_hibernated_peer_stateメトリック#10330を修正します
    • コプロセッサー#10176json_unquote()関数の間違った引数タイプを修正します
    • 場合によってはACIDの破損を回避するために、正常なシャットダウン中にコールバックのクリアをスキップします#10353 #10307
    • リーダー#10347のレプリカ読み取りで読み取りインデックスが共有されるバグを修正します
    • DOUBLEから#25200をキャストする間違った関数を修正しDOUBLE
  • PD

    • スケジューラーの開始後にTTL構成をロードするときに発生するデータ競合の問題を修正します#3771
    • #24293TIKV_REGION_PEERSテーブルのis_learnerフィールドが正しくないバグを修正し#3372 57
    • ゾーン内のすべてのTiKVノードがオフラインまたはダウンしている場合、PDが他のゾーンへのレプリカをスケジュールしないという問題を修正します#3705
    • 散布リージョンスケジューラが追加された後にPDがpanicになる可能性がある問題を修正します#3762
  • TiFlash

    • 分割の失敗が原因でTiFlashが再起動し続ける問題を修正します
    • TiFlashがデルタデータを削除できないという潜在的な問題を修正します
    • TiFlashがCAST関数の非バイナリ文字に間違ったパディングを追加するバグを修正します
    • 複雑なGROUP BY列の集計クエリを処理するときの誤った結果の問題を修正します
    • 書き込み圧力が高い場合に発生するTiFlashpanicの問題を修正します
    • 右のジョンキーがnullでなく、左の結合キーがnull可能である場合に発生するpanicを修正します
    • read-indexのリクエストに時間がかかる潜在的な問題を修正します
    • 読み取り負荷が大きいときに発生するpanicの問題を修正します
    • Date_Formatの関数がSTRINGの型引数とNULLの値で呼び出されたときに発生する可能性があるpanicの問題を修正します
  • ツール

    • TiCDC

      • チェックポイント#1902を更新するときにTiCDC所有者が終了する問題を修正します
      • MySQLシンクがエラーに遭遇して一時停止した後に一部のMySQL接続がリークする可能性があるバグを修正します#1946
      • #2024が13の読み取りに失敗したときに発生するpanicの問題を修正し/proc/meminfo
      • #1958のランタイムメモリ消費を削減する#2012
      • 解決されたts1の計算が遅れたために、 #1576サーバーがpanicになる可能性があるバグを修正します。
      • プロセッサ#2142の潜在的なデッドロックの問題を修正します
    • バックアップと復元(BR)

      • 復元中にすべてのシステムテーブルがフィルタリングされるバグを修正し#1201 #1197
      • 復元中にTDEが有効になっている場合、バックアップと復元で「ファイルは既に存在します」というエラーが報告される問題を修正します#1179
    • TiDB Lightning

      • いくつかの特別なデータのTiDB Lightningpanicの問題を修正します#1213
      • TiDB Lightningがインポートされた大きなCSVファイルを分割するときに報告されるEOFエラーを修正します#1133
      • TiDB LightningがFLOATまたはDOUBLEタイプ#1186auto_increment列のテーブルをインポートすると、非常に大きな基本値が生成されるバグを修正します。
      • TiDBがParquetファイル#1277DECIMAL型データの解析に失敗する問題を修正します