重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB4.0.16リリースノート

発売日:2021年12月17日

TiDBバージョン:4.0.16

互換性の変更

  • TiKV

    • v4.0.16より前では、TiDBが不正なUTF-8文字列をRealタイプに変換すると、エラーが直接報告されます。 v4.0.16以降、TiDBは文字列#11466の有効なUTF-8プレフィックスに従って変換を処理します。
  • ツール

    • TiCDC

      • TiCDCがKafkaクラスターに大きすぎるメッセージを送信しないように、KafkaSink1のデフォルト値をmax-message-bytesに変更します#2962
      • Kafka Sink partition-numのデフォルト値を3に変更して、TiCDCがKafkaパーティション間でメッセージをより均等に分散するようにします#3337

改善点

  • TiDB

    • Grafanaバージョンを7.5.7から7.5.11にアップグレードします
  • TiKV

    • バックアップと復元を使用してデータを復元するとき、またはTiDB Lightning #11469のローカルバックエンドを使用してデータをインポートするときに、zstdアルゴリズムを採用してSSTファイルを圧縮することにより、ディスクスペースの消費を削減します。
  • ツール

    • バックアップと復元(BR)

      • 復元の堅牢性を向上させる#27421
    • TiCDC

      • ティック頻度制限をEtcdWorkerに追加して、頻繁なetcd書き込みがPDサービスに影響を与えないようにします#3112
      • TiKVリロードのレート制限制御を最適化して、チェンジフィード初期化中のgPRC輻輳を低減します#3110

バグの修正

  • TiDB

    • コスト見積もりのために範囲をポイントに変換するときに統計モジュールのオーバーフローによって引き起こされるクエリpanicを修正します#23625
    • ENUM型データをそのような関数のパラメーターとして使用する場合の制御関数( IFCASE WHENなど)の誤った結果を修正します#23114
    • tidb_enable_vectorized_expressiononまたはoff#29434の値が異なるために、 GREATEST関数が一貫性のない結果を返す問題を修正します。
    • 場合によってはプレフィックスインデックスにインデックス結合を適用するときのpanicを修正します#24547
    • プランナーがjoin 、場合によっては#28087の無効なプランをキャッシュする可能性がある問題を修正します
    • sql_modeが空の場合にTiDBがnull以外の列にnullを挿入できないバグを修正します#11648
    • GREATESTおよびLEAST関数の間違った結果タイプを修正します#29019
    • グローバルレベルの特権を付与および取り消すためにgrantおよびrevokeの操作を実行するときのprivilege check failのエラーを修正します#29675
    • ENUMデータ型#29357CASE WHEN関数を使用するときのpanicを修正します
    • ベクトル化された式#29244microsecond関数の誤った結果を修正します。
    • ベクトル化された式#28643hour関数の誤った結果を修正します
    • 楽観的なトランザクションの競合により、トランザクションが相互にブロックされる可能性があるという問題を修正します#11148
    • auto analyzeの結果からの不完全なログ情報の問題を修正します#29188
    • SQL_MODEが「NO_ZERO_IN_DATE」の場合、無効なデフォルトの日付を使用してもエラーが報告されない問題を修正します#26766
    • Grafanaのコプロセッサーキャッシュパネルにメトリックが表示されない問題を修正します。これで、 misshitsの数を#26338evict
    • 同じパーティションを同時に切り捨てると、DDLステートメントがスタックする問題を修正します#26229
    • Decimalから#29417に変換するときに長さ情報が間違っている問題を修正しString
    • NATURAL JOINを使用して複数のテーブルを結合する場合のクエリ結果の余分な列の問題を修正します#29481
    • IndexScanがプレフィックスインデックス#29711を使用すると、 TopNが誤ってindexPlanにプッシュダウンされる問題を修正します。
    • DOUBLEタイプの自動インクリメント列を使用してトランザクションを再試行すると、データが破損する問題を修正します#29892
  • TiKV

    • リージョンのマージ、ConfChange、およびスナップショットが極端な条件で同時に発生するときに発生するpanicの問題を修正します#11475
    • 10進数の除算結果がゼロの場合の負の符号の問題を修正#29586
    • インスタンスごとのgRPCリクエストの平均レイテンシがTiKVメトリックで不正確であるという問題を修正します#11299
    • ダウンストリームデータベースが見つからない場合に発生するTiCDCpanicの問題を修正します#11123
    • チャネルがいっぱいになるとRaft接続が切断される問題を修正します#11047
    • MinMax関数のInt64型が符号付き整数であるかどうかを正しく識別できない問題を修正します。これにより、 Max / #10158の誤った計算結果が発生しMin
    • 輻輳エラー#11082が原因でCDCがスキャンの再試行を頻繁に追加する問題を修正します
  • PD

    • TiKVノードが削除された後に発生するpanicの問題を修正します#4344
    • スタックリージョンシンカー#3936によって引き起こされる遅いリーダー選出を修正
    • エビクトリーダースケジューラが異常なピアのあるリージョンをスケジュールできることをサポートする#4093
  • TiFlash

    • ライブラリnslがないために、一部のプラットフォームでTiFlashが起動しない問題を修正します
  • ツール

    • TiDB Binlog

      • 1GBを超えるトランザクションを転送するときにDrainerが終了するバグを修正します#28659
    • TiCDC

      • チェンジフィードチェックポイントラグ#3010の負の値エラーを修正します
      • コンテナ環境でのOOMの修正#1798
      • 複数のTiKVがクラッシュしたとき、または強制的に再起動したときのTiCDCレプリケーションの中断の問題を修正します#3288
      • #3174の処理後のメモリリークの問題を修正
      • ErrGCTTLExceededエラーが発生したときにchangefeedが十分に速く失敗しない問題を修正します#3111
      • アップストリームTiDBインスタンスが予期せず終了したときにTiCDCレプリケーションタスクが終了する可能性がある問題を修正します#3061
      • TiKVが同じリージョン#2386に重複するリクエストを送信すると、TiCDCプロセスがpanicになる可能性がある問題を修正します。
      • TiCDCによって生成されるKafkaメッセージの量が#2962によって制約されないという問題を修正しmax-message-size
      • チェンジフィード#11017がない場合にtikv_cdc_min_resolved_ts_no_change_for_1mがアラートを出し続ける問題を修正します
      • Kafkaメッセージの書き込み中にエラーが発生したときにTiCDC同期タスクが一時停止する可能性がある問題を修正します#2978
      • force-replicateが有効になっている場合、有効なインデックスのない一部のパーティションテーブルが無視される可能性がある問題を修正します#2834
      • 新しいチェンジフィードを作成するときのメモリリークの問題を修正します#2389
      • シンクコンポーネントが早期に解決されたtsを進めるために、一貫性のないデータを引き起こす可能性がある問題を修正します#3503
      • 株式データのスキャンに時間がかかりすぎると、TiKVがGCを実行するために株式データのスキャンが失敗する可能性がある問題を修正します#2470
      • changefeedupdateコマンドがグローバルコマンドラインパラメーターを認識しない問題を修正します#2803