重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB4.0.12リリースノート

発売日:2021年4月2日

TiDBバージョン:4.0.12

新機能

  • TiFlash

    • オンラインローリングアップデートのtiflash replicaのステータスを確認するツールを追加します

改善点

  • TiDB

    • batch copモード#23164EXPLAINステートメントの出力情報を調整します。
    • EXPLAINステートメント#23020の出力に、ストレージレイヤーにプッシュできない式の警告情報を追加します。
    • DDLパッケージコードの一部をExecuteから安全なAPIに移行し#22935 (2) ExecRestricted
    • DDLパッケージコードの一部をExecuteから安全なAPIに移行し#22929 (1) ExecRestricted
    • 遅いログ#22918optimization-timewait-TS-timeを追加します
    • infoschema.partitionsの表#22489からpartition_idを照会することをサポートします。
    • last_plan_from_bindingを追加して、SQLステートメントの実行プランがバインディング#21430のヒントと一致するかどうかをユーザーが認識できるようにします。
    • pre-splitオプションなしで切り捨てられたテーブルを分散する#22872
    • str_to_date#22812に3つのフォーマット指定子を追加します
    • PREPAREの実行失敗をメトリックモニター#22672Failed Query OPMとして記録します。
    • tidb_snapshot#22641に設定されている場合、 PREPAREの実行でエラーを報告しない
  • TiKV

    • 短期間に多数の再接続を防止する#9879
    • 多くのトゥームストーンのシナリオで書き込み操作とバッチ取得を最適化する#9729
    • リーダーの異動の成功率を上げるには、デフォルト値のleader-transfer-max-log-lag128に変更します#9605
  • PD

    • pending-peersつまたはdown-peersの変更があった場合にのみ、リージョンキャッシュを更新します。これにより、ハートビートの更新のプレッシャーが軽減されます#3471
    • split-cacheのリージョンがマージ#3459のターゲットにならないようにします
  • TiFlash

    • 構成ファイルを最適化し、不要なアイテムを削除します
    • TiFlashバイナリファイルのサイズを縮小します
    • 適応型の積極的なGC戦略を使用して、メモリ使用量を削減します
  • ツール

    • TiCDC

      • ユーザーが現在のタイムスタンプのstart-ts日前またはcheckpoint-ts日前に変更フィードを作成または再開するときに二重確認を追加します#1497
      • OldValue機能のGrafanaパネルを追加する#1571
    • バックアップと復元(BR)

      • HTTP_PROXYHTTPS_PROXYの環境変数をログに記録する#827
      • テーブルが多い場合のバックアップパフォーマンスの向上#745
      • サービスセーフポイントチェックが失敗した場合にエラーを報告する#826
      • #803cluster_versionbr_versionの情報を追加しbackupmeta
      • バックアップの成功率を上げるために、外部ストレージエラーの再試行を追加します#851
      • バックアップ中のメモリ使用量を削減#886
    • TiDB Lightning

      • 予期しないエラーを回避するために、 TiDB Lightningを実行する前にTiDBクラスタのバージョンを確認してください#787
      • TiDB Lightningがcancelのエラー#867に遭遇すると、すぐに失敗します
      • tikv-importer.engine-mem-cache-sizetikv-importer.local-writer-mem-cache-sizeの構成項目を追加して、メモリ使用量とパフォーマンスのバランスを取ります#866
      • TiDB Lightningのローカルバックエンドに対してbatch split regionを並行して実行し、インポート速度を上げます#868
      • TiDB Lightningを使用してS3ストレージからデータをインポートする場合、 TiDB Lightningはs3:ListBucketのパーミッション#919を必要としなくなりました。
      • チェックポイントから再開する場合、 TiDB Lightningは元のエンジンを使用し続けます#924

バグの修正

  • TiDB

    • セッション変数が16進リテラル#23372の場合、 get変数式が間違ってしまう問題を修正します。
    • EnumまたはSetタイプ#23292の高速実行プランを作成するときに間違った照合順序が使用される問題を修正します
    • is-null #23279で使用した場合に、 nullif式で発生する可能性のある誤った結果を修正します。
    • 自動分析が時間範囲外でトリガーされる問題を修正します#23219
    • CAST関数がpoint getプラン#23211のエラーを無視する可能性がある問題を修正します
    • CurrentDBが空のときにSPMが有効にならないバグを修正します#23209
    • IndexMergeプラン#23165で発生する可能性のある間違ったテーブルフィルターの問題を修正します
    • NULL定数#23135の戻り型の予期しないNotNullFlagの問題を修正します
    • 照合順序がテキストタイプ#23092で処理されない可能性があるバグを修正します
    • 範囲パーティションがIN#23074を誤って処理する可能性がある問題を修正します
    • TiKVストアをトゥームストーンとしてマークした後、同じIPアドレスとポートを持つ異なるStoreIDで新しいTiKVストアを開始すると、 StoreNotMatchエラー#23071が返される問題を修正します。
    • NULLの場合はINTタイプを調整せず、 YEARと比較して#22844
    • auto_random#22736のテーブルにデータをロードするときに接続が失われる問題を修正します
    • キャンセルパス#23297でDDL操作がpanicに遭遇したときのDDLハングオーバーの問題を修正します。
    • YEAR列を#23104と比較するときのインデックススキャンの間違ったキー範囲を修正しNULL
    • 正常に作成されたビューが使用に失敗する問題を修正します#23083
  • TiKV

    • IN式が符号なし/符号付き整数を適切に処理しない問題を修正します#9850
    • 取り込み操作が再入可能ではない問題を修正します#9779
    • TiKVコプロセッサー#9666でJSONを文字列に変換するときにスペースが失われる問題を修正します
  • PD

    • ストアにラベルがない場合に分離レベルが間違っているというバグを修正します#3474
  • TiFlash

    • binaryタイプの列のデフォルト値に先頭または末尾のゼロバイトが含まれている場合の誤った実行結果の問題を修正します
    • データベースの名前に特殊文字が含まれている場合、TiFlashがスキーマの同期に失敗するバグを修正します
    • 10進値でIN式を処理するときの誤った結果の問題を修正しました
    • Grafanaに表示される開かれたファイル数のメトリックが高いバグを修正します
    • TiFlashがTimestampリテラルをサポートしないバグを修正します
    • FROM_UNIXTIMEの式を処理しているときに潜在的な応答しない問題を修正します
    • 文字列を整数としてキャストするときの誤った結果の問題を修正しました
    • like関数が間違った結果を返す可能性があるバグを修正します
  • ツール

    • TiCDC

      • resolved tsイベント#1464の障害の問題を修正します
      • ネットワークの問題による誤ったテーブルスケジューリングによって引き起こされるデータ損失の問題を修正します#1508
      • プロセッサが停止した後のリソースのタイムリーでないリリースのバグを修正します#1547
      • トランザクションカウンターが正しく更新されないバグを修正します。これにより、データベース接続のリークが発生する可能性があります#1524
      • PDにジッターがある場合に複数の所有者が共存できる問題を修正します。これにより、テーブルが欠落する可能性があります#1540
    • バックアップと復元(BR)

      • ターゲットパスがバケット名#733の場合、s3ストレージのWalkDirnilを返すバグを修正します
      • statusポートがTLS3で提供されないバグを修正し#839
    • TiDB Lightning

      • TiKVImporterがファイルがすでに存在していることを無視する可能性があるというエラーを修正します#848
      • TiDB Lightningが間違ったタイムスタンプを使用し、間違ったデータを読み取る可能性があるバグを修正します#850
      • TiDBLightningの予期しない終了によりチェックポイントファイルが破損する可能性があるバグを修正します#889
      • cancelエラーが無視されるために発生する可能性のあるデータエラーの問題を修正します#874
このページの内容