重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB4.0.11リリースノート

発売日:2021年2月26日

TiDBバージョン:4.0.11

新機能

  • TiDB

    • utf8_unicode_ciutf8mb4_unicode_ciの照合をサポートする#22558
  • TiKV

    • utf8mb4_unicode_ci照合順序#9577をサポートする
    • cast_year_as_time照合順序#9299をサポートする
  • TiFlash

    • コプロセッサースレッドプールを追加して、実行のためのコプロセッサー要求をキューに入れます。これにより、場合によってはメモリー不足(OOM)が回避され、デフォルト値NumOfPhysicalCores * 2cop_pool_sizeおよびbatch_cop_pool_size構成項目が追加されます。

改善点

  • TiDB

    • 外部結合から簡略化された内部結合を並べ替える#22402
    • Grafanaダッシュボードで複数のクラスターをサポートする#22534
    • 複数のステートメントの問題の回避策を追加する#22468
    • 遅いクエリのメトリックをinternal#22405に分割しgeneral
    • utf8_unicode_ciutf8mb4_unicode_ciの照合用のインターフェースを追加する#22099
  • TiKV

    • DBaaS1のサーバー情報のメトリックを追加し#9591
    • Grafanaダッシュボードで複数のクラスターをサポートする#9572
    • RocksDBメトリックを#9316に報告する
    • コプロセッサータスクの一時停止時間を記録する#9277
    • ロードベーススプリット#9354のキー数とキーサイズのしきい値を追加します
    • データをインポートする前にファイルが存在するかどうかを確認してください#9544
    • ファストチューンパネルの改善#9180
  • PD

    • Grafanaダッシュボードで複数のクラスターをサポートする#3398
  • TiFlash

    • date_formatの機能のパフォーマンスを最適化する
    • 取り込みSSTの処理のメモリ消費を最適化する
    • バッチコプロセッサーの再試行ロジックを最適化して、リージョンエラーの可能性を減らします
  • ツール

    • TiCDC

      • captureメタデータにバージョン情報を追加し、 changefeedメタデータにchangefeedのCLIバージョンを追加します#1342
    • TiDB Lightning

      • インポートのパフォーマンスを向上させるためにテーブルを並行して作成する#502
      • エンジンの合計サイズがリージョンサイズ#524より小さい場合は、リージョンの分割をスキップしてインポートパフォーマンスを向上させます。
      • インポートプログレスバーを追加し、復元プログレスの精度を最適化します#506

バグの修正

  • TiDB

    • 異常なunicode_ci定数伝播#22614の問題を修正します
    • 間違った照合順序と強制性を引き起こす可能性のある問題を修正します#22602
    • 間違った照合順序結果を引き起こす可能性のある問題を修正します#22599
    • 異なる照合の定数置換の問題を修正#22582
    • 照合順序#22531を使用すると、 like関数が間違った結果を返す可能性があるバグを修正します。
    • leastおよびgreatest関数#22580での誤ったduration型推論の問題を修正します。
    • like関数が単一文字のワイルドカード( _ )とそれに続く複数文字のワイルドカード( % )を処理するときに発生するバグを修正します#22575
    • TiDBの組み込み関数( leastおよびgreatest )の型推論エラーを修正します#22562
    • パターン文字列がUnicode文字列#22529の場合、 like関数が間違った結果を取得するバグを修正します。
    • @@tidb_snapshot変数が#22527に設定されている場合、ポイント取得クエリがスナップショットデータを取得しないバグを修正します。
    • 結合からヒントを生成するときに発生する可能性のあるpanicを修正します#22518
    • 文字列が誤ってBITタイプ#22420に変換される問題を修正します
    • tidb_rowid列に値を挿入するときに発生するindex out of rangeエラーを修正します#22359
    • キャッシュされたプランが誤って使用されるバグを修正します#22353
    • バイナリ/文字列の長さが長すぎる場合のWEIGHT_STRING関数のランタイムpanicを修正します#22332
    • 関数パラメーターの数が無効な場合に生成された列の使用を禁止する#22174
    • 実行計画を作成する前に、プロセス情報を正しく設定する#22148
    • #22136の不正確なランタイム統計の問題を修正しIndexLookUp
    • クラスタがコンテナーにデプロイされるときに、メモリー使用量情報のキャッシュを追加する#22116
    • デコードプランエラーの問題を修正#22022
    • 無効なウィンドウ仕様を使用した場合のエラーの報告#21976
    • PREPAREステートメントがEXECUTE 、またはDEALLOCATE PREPAREでネストされている場合は、エラーを報告し#21972
    • 存在しないパーティション#21971INSERT IGNOREステートメントが使用されたときにエラーが報告されないという問題を修正します。
    • EXPLAINの結果のエンコーディングを統一し、ログ#21964を遅くします
    • 集計演算子#21957を使用する場合の結合の不明な列の問題を修正しました
    • ceiling関数#21936の間違った型推論を修正します
    • Doubleタイプの列が10進数の#21916を無視する問題を修正します
    • 相関集計がサブクエリ#21877で計算される問題を修正します
    • キー長が65536以上のJSONオブジェクトのエラーを報告する#21870
    • dyname関数がMySQL3と互換性がないという問題を修正し#21850
    • 入力データが長すぎる場合にto_base64関数がNULLを返す問題を修正します#21813
    • サブクエリ#21808の複数のフィールドの比較の失敗を修正しました
    • JSON1でfloat型を比較するときに発生する問題を修正し#21785
    • JSONオブジェクトのタイプを比較するときに発生する問題を修正します#21718
    • cast関数の強制力の値が誤って設定される問題を修正します#21714
    • IF機能#21711を使用する際の予期しないpanicを修正
    • JSON検索から返されるNULLの結果がMySQL3と互換性がないという問題を修正し#21700
    • ORDER BY#21697を使用してonly_full_group_byモードをチェックするときに発生する問題を修正しHAVING
    • DayTimeのユニットが#21676と互換性がないという問題を修正します
    • デフォルト値のLEADLAGがフィールドタイプ#21665に適応できない問題を修正します
    • チェックを実行して、 LOAD DATAステートメントがデータをベーステーブル#21638にのみロードできることを確認します。
    • addtimesubtimeの関数が無効な引数を処理するときに発生する問題を修正します#21635
    • 概算値の丸め規則を「最も近い偶数に丸める」に変更します#21628
    • 明示的に読み取られるまでWEEK()@@GLOBAL.default_week_formatを認識しないという問題を修正します#21623
  • TiKV

    • TiKVが#9604でビルドに失敗する問題を修正しPROST=1
    • 一致しないメモリ診断を修正する#9589
    • 部分的なRawKV復元範囲のエンドキーが包括的であるという問題を修正します#9583
    • TiCDCのインクリメンタルスキャン中にロールバックされたトランザクションのキーの古い値をロードするときに発生するTiKVpanicの問題を修正します#9569
    • 異なる設定のチェンジフィードが1つのリージョン#9565に接続するときの古い値の構成グリッチを修正します
    • MACアドレスがないネットワークインターフェイスを備えたマシンでTiKVクラスタを実行するときに発生するクラッシュの問題を修正します(v4.0.9で導入) #9516
    • 巨大なリージョン#9448をバックアップするときのTiKVOOMの問題を修正します
    • region-split-check-diffをカスタマイズできないという問題を修正します#9530
    • システム時刻が戻ったときのTiKVpanicの問題を修正します#9542
  • PD

    • メンバーのヘルスメトリックが正しく表示されない問題を修正します#3368
    • ピアがまだあるトゥームストーンストアの削除を禁止する#3352
    • ストア制限を永続化できない問題を修正します#3403
    • スキャッターレンジスケジューラの制限制限を修正#3401
  • TiFlash

    • minの結果が10進maxで間違っているバグを修正します
    • データの読み取り時にTiFlashがクラッシュする可能性があるバグを修正
    • DDL操作後に書き込まれた一部のデータがデータ圧縮後に失われる可能性がある問題を修正します
    • TiFlashがコプロセッサーで10進定数を誤って処理する問題を修正します
    • 学習者の読み取りプロセス中に発生する可能性のあるクラッシュを修正
    • TiDBとTiFlashの間で0またはNULLで除算するという一貫性のない動作を修正します
  • ツール

    • TiCDC

      • ErrTaskStatusNotExistsセッションとcaptureセッションの終了が同時に発生すると、TiCDCサービスが予期せず終了する可能性があるバグを修正します#1240
      • changefeedが別の#1347の影響を受ける可能性があるという古い値スイッチの問題を修正しchangefeed
      • 無効なsort-engineパラメータ#1309を使用して新しいchangefeedを処理するときにTiCDCサービスがハングする可能性があるバグを修正します。
      • 所有者以外のノードでデバッグ情報を取得するときに発生するpanicの問題を修正します#1349
      • テーブルを追加または削除するときにticdc_processor_num_of_tablesticdc_processor_table_resolved_tsのメトリックが適切に更新されない問題を修正します#1351
      • テーブルの追加時にプロセッサがクラッシュした場合の潜在的なデータ損失の問題を修正します#1363
      • テーブルの移行中に所有者が異常なTiCDCサーバーの終了につながる可能性があるバグを修正します#1352
      • サービスGCセーフポイントが失われた後、TiCDCが時間内に終了しないバグを修正します#1367
      • KVクライアントがイベントフィードの作成をスキップする可能性があるバグを修正します#1336
      • トランザクションがダウンストリームに複製されるときにトランザクションのアトミック性が壊れるバグを修正します#1375
    • バックアップと復元(BR)

      • BRがバックアップを復元した後にTiKVが大きなリージョンを生成する可能性がある問題を修正します#702
      • テーブルに自動#720がない場合でも、BRがテーブルの自動IDを復元する問題を修正します。
    • TiDB Lightning

      • TiDBバックエンド#535の使用時にcolumn count mismatchがトリガーされる可能性があるバグを修正します
      • ソースファイルの列数とターゲットテーブルの列数が一致しない場合にTiDBバックエンドがパニックになるバグを修正します#528
      • TiDBLightningのデータインポート中にTiKVが予期せずpanicになる可能性があるバグを修正します#554
このページの内容