重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB4.0.10リリースノート

発売日:2021年1月15日

TiDBバージョン:4.0.10

新機能

  • PD

    • ログ#3266からユーザーデータを編集するためにenable-redact-logの構成アイテムを追加します
  • TiFlash

    • ログからユーザーデータを編集するためにsecurity.redact_info_logの構成アイテムを追加します

改善点

  • TiDB

    • txn-entry-size-limit #21843を使用して、トランザクションのKey-Valueエントリのサイズ制限を構成可能にします。
  • PD

    • store-state-filterの指標を最適化して、より多くの情報を表示します#3100
    • go.etcd.io/bboltの依存関係をv1.3.53にアップグレードし#3331
  • ツール

    • TiCDC

      • maxwellプロトコル#1144の古い値機能を有効にします
      • 統合ソーター機能をデフォルトで有効にする#1230
    • Dumpling

      • 認識されない引数のチェックとダンプ中の現在の進行状況の出力をサポート#228
    • TiDB Lightning

      • #533からの読み取り時に発生するエラーの再試行をサポート

バグの修正

  • TiDB

    • バッチクライアントのタイムアウトを引き起こす可能性のある同時実行のバグを修正します#22336
    • 同時ベースラインキャプチャによって引き起こされる重複バインディングの問題を修正します#22295
    • ログレベルが'debug'のときに、SQLステートメントに#22293されたベースラインキャプチャを機能させる
    • リージョンマージが発生したときにGCロックを正しく解放する#22267
    • datetimeタイプ#22143のユーザー変数の正しい値を返します
    • 複数のテーブルフィルターがある場合にインデックスマージを使用する問題を修正します#22124
    • prepareプランキャッシュ#21960によって引き起こされるTiFlashのwrong precisionの問題を修正します
    • スキーマの変更によって引き起こされる誤った結果の問題を修正します#21596
    • ALTER TABLEでの不要な列フラグの変更を#21474する
    • オプティマイザヒントで使用されるクエリブロックのテーブルエイリアスのデータベース名を設定します#21380
    • IndexHashJoin#21020の適切なオプティマイザヒントを生成しIndexMergeJoin
  • TiKV

    • レディとピア#9409の間の間違ったマッピングを修正
    • security.redact-info-log#9314に設定すると、一部のログが編集されない問題を修正しtrue
  • PD

    • ID割り当てが単調ではない問題を修正し#3323 #3308
    • PDクライアントがブロックされる場合があるという問題を修正します#3285
  • TiFlash

    • TiFlashが古いバージョンのTiDBスキーマを処理できないためにTiFlashが起動しない問題を修正します
    • RedHatシステムでcpu_timeが正しく処理されないためにTiFlashが起動しない問題を修正します
    • path_realtime_modetrueに設定されているとTiFlashが起動しない問題を修正します
    • 3つのパラメーターを使用してsubstrつの関数を呼び出すと誤った結果が発生する問題を修正します
    • 変更がロスレスであっても、TiFlashがEnumタイプの変更をサポートしないという問題を修正します
  • ツール

    • TiCDC

      • base64のデータ出力の問題やUNIXタイムスタンプ#1173へのTSOの出力の問題など、 maxwellのプロトコルの問題を修正します。
      • 古いメタデータが新しく作成されたチェンジフィードの異常を引き起こす可能性があるバグを修正します#1184
      • 閉じた通知機能#1199でレシーバーを作成する問題を修正します
      • TiCDC所有者がetcdウォッチクライアントでメモリを過剰に消費する可能性があるバグを修正します#1227
      • max-batch-sizeが有効にならない問題を修正します#1253
      • キャプチャ情報が構築される前に古いタスクをクリーンアップする問題を修正します#1280
      • MySQLシンク#1285rollbackが呼び出されないため、dbconnのリサイクルがブロックされる問題を修正します
    • Dumpling

    • バックアップと復元(BR)

      • BRv4.0.9がGCS1でBRv4.0.8を使用してバックアップされたファイルを復元できない問題を修正し#688
      • GCSストレージURLにプレフィックス#673がない場合にBRがパニックになる問題を修正します
      • BR OOM #693を回避するために、デフォルトでバックアップ統計を無効にします
    • TiDB Binlog

      • AMEND TRANSACTION機能が有効になっている場合、 DrainerがSQLステートメントを生成するために誤ったスキーマバージョンを選択する可能性があるという問題を修正します#1033
    • TiDB Lightning

      • リージョンキーが正しくエンコードされていないためにリージョンが分割されないバグを修正します#531
      • 複数のテーブルが作成されるとCREATE TABLEの失敗が失われる可能性があるという問題を修正します#530
      • TiDBバックエンド#535を使用する場合のcolumn count mismatchの問題を修正します
このページの内容